2007年8月5日

南禅寺



こんにちは。
京都では蒸し暑い日が続きますが、みなさんお元気ですか。
さて今日は知られているようであまり訪れられていないのではないかと最近思うお寺について書きたい と思います。
写真の橋、よくサスペンスなどで見ませんか。
実はこれ、紅葉で有名な南禅寺の境内にあるんです。
京都三大門である南禅寺の三門から入っていった参道の途中、参道をはさんで法堂の右手奥にあるこの水路閣を琵琶湖疎水が流れています。この琵琶湖疎水は水路閣の上に上がって直接眺められるように階段も付けられています。琵琶湖疎水はもともとの発端は滋賀県にある琵琶湖を水源として1885年(明治18年)着工された疎水で、京都東山の山地をトンネルでくりぬいて作られています。かつては琵琶湖から船や物資を搬送する役割もあったそうです。

その他南禅寺は紅葉だけではなく夏の緑もとてもキレイで、訪れる価値がありますよ。

0 コメント: