2007年10月14日

お好み焼き2


こんにちは。 
最近急に寒くなりましたよね。
一気に冬が到来してしまうのでしょうか。。。
このままの気温が続けばいいのに。。。。

さて、今日は何を書こうかなと考えていたら、みよ子(広島スタッフ)のお好み焼きのブログが目に入り、やっぱり私もお好み焼きについて書いてみようと思いました。
広島といえばお好み焼き:)そうです。その通りです。
なぜだかわからないのですが、お好み焼きの話になるとテンションがあがります。

時々海外からのお客さんが

《このあたりでおすすめの食べ物は?》

と聞くので

『広島といえばお好み焼きですよ。すごくおいしいんです』

と答えると

《あーそれは大阪で食べたからいいや》

『ちがーーーーう!!!』

ちがうんです。ほんとに全然違うんです。

例えば作り方です。関西風ならば小麦粉と具を混ぜてプレートで焼いてすぐ出来上がり!になると思うんですけど、広島風は家庭で作るとほんとに手間がかかります。なぜなら広島風お好み焼きを作るにはおーきな鉄板が必要だからです。

ちなみに私の家での作り方は…

まず卵をつぶして広げて薄く焼いて(2枚)、お皿においておきます。
次にキャベツの千切りをいためて、お皿においておきます。
次に焼きそばをソースとからめて、お皿においておきます。
そして豚ばら肉を何枚か焼いて、お皿においておきます。
そして最後にこれを順番に重ねていきます。

そう、最後すべてを重ねるときには最初に焼いた卵はさめてしまっています。
大きい鉄板が家にあるところは簡単だと思うんですけど、ほとんどの方は持っていないと思います。
だから、広島風お好み焼きを家庭で作るには一苦労なんです。
材料費とかのことも考えるとお店に行くと大体500円から700円で食べれるので、お店に行って食べることをオススメします。

作り方だけでもこんなに違うんですよー。私は関西風のお好み焼きと広島風のお好み焼きは全然違う食べ物なんじゃないかと、勝手に思っています:)

このあたりのお好み焼き屋さんは小さなお店で、お店の人と鉄板をはさんで座って食べます。
ここで、お店の人と地元ならではの話をしたりするのも、楽しみの一つだと思います。

広島に来たら是非、お好み焼き屋さんめぐりをしてみてください:)

『ほいじゃあ 待っとるけぇね~~~~:)』

0 コメント: