ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

2007年12月30日

冬らしくなってきました。

この時期のお楽しみといえば年末ジャンボ宝くじ

「当たれば人生デラックス」

という売り文句にのせられ今年も購入済です。
毎年思うのですが、今年は大きいのが当たる気がします。
ま、でも今年は夏に長野でトラックに大当たり?
・・・ではなく体当たりしてしまったので、もう何も当たらない気もしますが・・・
来年は人生デラックスです(当たればですけど・・・)。

京都でもやっと天気予報で雪のマークを目にするよになってきました。
ま、今朝は降りませんでしたけど・・・
明日は最低気温がついにマイナスに突入です。そろそろ降りますよ!!

春や秋の時期とは違い
「あ、雪だ。。。そうだ、京都行こう!!」とか「底冷え京都が今熱い!?」ってなわけにはいきませんが
観光客が少なく空気の澄んでいる今の時期が密かにお勧めです。
桜と紅葉だけではもったいない冬の京都もぜひ体験してください。
金閣寺も、清水寺も、祇園の街もいつもと違う景色ですよ。


あと、僕だけですかね?
雪が降ると何歳になってもテンションあがりますよね?

「待ち焦がれた季節が戻ってくる!!」ってな感じで先日スノーボードにワックスかけました。

それからゲレンデ検索(←これは京都にはない)・・・
      宿予約・・・
      交通手段手配・・・
      それから、それから・・・

やることいっぱい予算はいっぱいいっぱい・・・

来年はやっぱりデラックスでお願いします。

2007年12月26日

わたしの大好きな店



こんばんは。昨日はクリスマスでアクセサリーを購入したのですが、日本ではこの京都のお店でしか買えないMarv Graff というブランド(?)のものです。このお店は三条富小路にあるiiivko(アブコ)でして、ここの店長さんがまたかわいらしいのです。ここでは北欧やアメリカのヴィンテージ小物からアクセサリーまで売られていて、でもわたしが気に入っているのはやはりMarv Graffのアクセサリーです。

ピアス、指輪、ネックレス、ヘアピンなどなど独特な輝きを放つ、そして日本製のアクセサリーにはない選色がステキです。お店のホームページはhttp://www.iiivko.com/ です。

ぜひとも店長さんとかわいい雑貨やアクセサリーを見にiiivko へ。


2007年12月23日

がんばれ広島!

我が赤ヘル軍団は、今期も指定席の5位、調べてみるとこの10年一度もAクラス入りした事がない。
これに追い討ちをかけるように、まさに投打の要である黒田、新井が移籍。。。
一方サンフレッチェは、去る12月8日、京都サンガとの入れ替え戦を引き分けてJ2降格が決定。
ぼくもこの試合は観戦したが、打てども打てどもゴールを割れない展開にやきもきしっぱなしの90分だった。素人の見方ながら、サンフレッチェは全体の運動量が少なすぎなんじゃない?この一試合で残留か降格かが決まるんだから選手もサポーターももう少しハッスルしようよ。。。みたいな印象を持った。

J1チームとプロ野球チームが両方ある数少ない西日本の都市である広島だが、どちらも盛り上がっているとは言いがたい。

 カープについては2009年の新球場完成を起爆剤にふたたび過去の栄光を!という期待がある。確かに今の球場は老朽化して毎年の修繕費はばかにならない額になっているらしいし、客席も狭く汚く時代遅れの感がある。でもこの最高の立地を捨てるのはデメリットも大きいよ。新球場は広島駅の東側で徒歩10分というから悪くはないが、何といっても繁華街のど真ん中で隣がバスセンター、目の前には平和の象徴原爆ドームという今の場所はプロスポーツの拠点としてはもうこれ以上は望めない最高のポイントなのに。。。

で、その跡地はどうなるかと言えば、なんかまた公園?庭園?平和施設?そんなものが計画されているとか。公園ってもう大きいのがいっぱいあるやん!これ以上作ってどうするのか??

広島スポーツを盛り上げるなら市民球場跡地にはサンフレッチェのサッカー専用スタジアムにすればどうだろう。今のビッグアーチでは集客に難がある。市内からアストラムまたはバスで約40分。これではコアなファン以外は足が遠のいてしまう。実際、僕が見に行った命運がかかる入れ替え戦でも満員ではなく半分強程度の入り。入場券を全席1000円にして子供無料にしてもそんなんだから、たとえサンフレッチェが強くなっても観客動員もそれに比例して多くなるとは考えにくい。
 
これくらい中心部へ近づかないと、ただでさえおとなしい広島の人々の心を熱くできないぞと思うがどうだろう。

2007年12月21日

はじめまして

こんにちは!

今度新しくオープンする、J-Hoppers大阪のNORIです。
大阪にはもうかれこれ10年くらい住んでいますが、
出身は香川で四国をこよなく愛する女、○歳です。
もう間近に迫っているオープンに向けて、それまで京都で
研修ということで、ガッツリしっかり、そして優しく
いろんなことをみなさんから教わっているところです。
きっとあたふたしてますので、もし見かけたら
気軽に声をかけてやってください♪

さて、大阪のスタッフになるんですが、今は京都。
そしてこれは記念すべき第一回目のブログ。。
何を書こうかと散々悩んだんですが、記憶が新しいので
昨日ごはんを食べに行った、KIWI HOUSEについて。


ニュージーランドを第二の故郷と思っている私は、
宝塚にあるこのKIWI HOUSE(レストランです)へ
前からずっと行ってみたかったんですが、
ようやく昨日実現しました。
「KIWI=ニュージーランド人のこと」 ですが、
名前のとおり、ごはんもワインも飾っている絵や
ディスプレイも家の造りの雰囲気も、
すべてニュージーランド一色。
例えばイタリアンレストランの前にイタリアの国旗を
飾っているのはよく目にしますが、住宅街の中で
ドどんとニュージーランドの国旗を掲げているお店は
かなり目立ってました(笑)。

厨房の中では同じくニュージーランドをこよなく愛する
オーナーシェフが、気取らず家庭的な雰囲気の中で
楽しんでもらえるように、と素材を大切にしたお料理を
作っていらっしゃいました。
そんなお料理はどれもとてもおいしくて、できる限り材料を
NZから輸入されてるのでもちろんお値段は高めですが、
それは海外に行って日本食を食べようと思ったら
高いのと同じことなのであたりまえ。
懐かしい気持ちでラムやマッスル(ムール貝の一種)、
KIWIワインなどなどおいしくペロリといただいてきました。

ところでそんな中、 ちょっと雰囲気の違う店員さんが
ひとり出てきた・・ と 思ったら、ニュージーランドから
日本へワーキングホリデーに来ているという男の子が
バイトで一生懸命働いていました。
日本語も猛勉強中、ということで、たどたどしいながらも
ちゃんと敬語を使って立派に接客していた彼。 
日本の生活をいっぱい楽しんで帰って欲しいなぁ と
思いながら店を後にしました。
(↑勝手に保護者目線ですね、スミマセン)


ニュージーランドから日本に来ている方、
ちょっと国が恋しくなった時は
ぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょう?

2007年12月18日

旅のお共

旅のお供といえば何でしょう?
本、音楽、楽器、お気に入りの枕? 最近ではノートパソコンを持ち歩くバックパッカーも珍しくなく、ぼくにとって旅とは文明から遠ざかる行為なのに、そうでない人もいるようです。とはいっても、通りすがりのサンタにクリスマスプレゼントは何がいいかときかれれば、「ipod touch!!」と即答するけど・・・・ipodシリーズひとつも持っていないもので・・・・

ところで、いまでこそ日々の業務ゆえにバックパッカーズホステルも予約が必要なことを知ってはいるものの、実際自分が旅してたころはそんなこと微塵も省みず、そもそもインターネットの存在自体普及しておらず(自分の中では)、もちろん現地語、英語ともにできないので電話することもままならず、行き当たりばったりで宿の玄関を叩いたものでした。満室ということはなく、その宿に泊まらない理由は、日本円にして100円にも満たない値引き交渉がうまくいかないからでした。

最近、やたらと旅情を感じます。

何が言いたいのかというと、「出発する前に自分のベッドは予約しておこう」ということ。Hostelworld.comは世界中の宿の予約ができるというすぐれもの!! もともとは英語サイトなので、日本語翻訳が少し妙ですが、それが味でもあるという。英語版なら各宿の滞在者のコメントも見ることができます。でも、宿が決まらずウロウロ彷徨い、挙句の果てに駅のベンチで寝るのも旅の醍醐味。そろそろ野宿には答える季節になりましたが・・・・

うーん、結局文明の利器には勝てへんのかなあ?

2007年12月16日

オニツカタイガー

オニツカタイガーという靴のメーカーをご存知ですか。私は女らしい靴が苦手なため、スニーカーをはくことがほとんどなんです。私が大好きなメーカーのひとつがこのオニツカです。というのもイタリア留学中に今現在も履いているスニーカーに出会ったのがきっかけです。イタリアでもかなり人気で、日本語のロゴの入った箱で売られていたのが印象的でした。私のオニツカは黄色に黒のラインが入っているもので映画キルビルで使用されていたのと同じデザインです。

今まで灯台元暗しといいますか、京都にオニツカの直営店があることを知らなかったのですが、先日街を歩いていて見つけてしまいました。お店は三条高瀬川沿いのビルの1階にあり、かなり中が広くて、靴の種類もたくさんありました。私のオニツカはもうかなり年季が入ってしまっているため、新しい靴がすごくほしいです。履き心地もいいし、私はけっこう素敵だと思います。長期間はいても痛みにくいです。そしてヨーロッパから来たお客さんもよくオニツカを履いていて色やデザインについて話が弾むことも多いです。

私と同じくカジュアルな格好がお好きな方にぜひぜひお勧めなオニツカです。
このお店の近くには長浜ラーメンのお店や、抹茶パフェのおいしいはやしやさんもあり、京都のちょっとした食も楽しめます。


2007年12月9日

山賊へいってきました:)


こんにちはー:)
最近ほんとに寒くなりましたね。。。
朝布団から出るのに20分くらいかかってしまいます。。。:(

さて、先日仕事で東京に行ってしまった友達が広島に帰ってきたので、幼馴染も一緒に山賊に行ってきました。山賊は山口県の錦帯橋の近くにある、全国からうわさを聞いて訪れる人もいるくらい、このあたりではかなり有名なお食事処です。

私の家からは2時間もあれば十分な距離なんですが、この日は連休だった為、な
んと片道4時間もかかってしまいました。。。。

到着してからも料理が出るまで1時間といわれ、お昼ごはんで考えていたのに、
結局3時ごろから食べ始めました。。。

でもお店の中は、お土産やさんや、日本庭園、いろりなどがあって、あっという
まに1時間が経ちました。



少しわかりにくいですが、これはこたつです。こたつでご飯が食べれるなんて感激ですね。美味しさも倍増です。

お勧め料理はやっぱり山賊焼ですね。これは炭火でこんがりと焼きあげた若鶏をまるごとかじって食べる料理で、ここに来た人はかならず召し上がる一品です!ぜひお試しを:)

車をお持ちの方ならぜひ、宮島→錦帯橋→山賊 のコースをお勧めです。j-hoppers からは宮島まで約30分、宮島から錦帯橋までも約30分、そして錦帯橋から山賊までは約10分くらいです。

季節によってお店の飾りつけが変わるので、春、夏、秋、冬、一度でなく何度でも行くことができるお店ですよー:)

2007年12月8日

手巻き寿司パーティ

寒いです。底冷えです。ロビーとスタッフルームに毎冬恒例の軽油ストーヴが設置されました。でも、軽油料金が高騰しているので使うのもためらわれます。が、使いますが・・・・・

現在、京都店では大阪スタッフの方の研修中です。日が暮れるのが早く、それにともないお客さんが早く宿に戻ってくる日々が増えたので、ウェルカムパーティと称して手巻き寿司パーティをしました。

生魚に抵抗があるかと思いきやみんな喜んでマグロやタコを食べてました。アメリカ人の人らがMAGURO、TACOと呼んでいたことに驚きました。西海岸ではメキシコ料理についで日本食が人気のようです。納豆も用意してみると、こちらも大盛況、玉子焼きやアボカドと一緒に食べてました。


12月1月と寒い日が続き、外に出る時間がだんだん少なくなってくるので、京都ではパーティをよく開こうと思ってます。クリスマスは23日、31日の年越しそば、正月など盛りだくさんです。いつも欧米人の人たちが集まることが多いのですが、日本人のお客さんもぜひぜひご参加ください。

2007年12月6日

別れと出会い



ジェイホッパーズ広島の名物レセプション、パスカルくんが1年間の勤務を終えて旅立ちました。
今後はジェイホッパーズ大阪で、フレンチアクセントの日本語を聞かせてくれることでしょう(^0^)/
必聴ですよぉー!

それに伴い、広島スタッフにもNewFaceが加わりました。

  • けんげくん-夜間警備・おそうじヘルパー
  • みゆきさん-夜間警備
  • ゆうこさん-おそうじヘルパー


レギュラースタッフは、パスカルに代わりコリアン美人のミヨンさんが加わりました^^

今後ともJ-hoppers広島ファミリーをよろしくお願いします!
気軽に声をかけてくださいね~。

2007年12月3日

冬支度

こんばんは。今日からまた一段と冷え込むようになった京都です。先日私の住むアパートの近くの真如堂に行ってきました。紅葉の名所だけあって平日にもかかわらずたくさんの人でにぎわっていました。青空と、黄色いイチョウと、赤いもみじの対比がとてもきれいで、特に日に照らされたもみじを見たときは言葉を失うくらいの感動を味わいました。ただ、11月の最終週くらいに見頃が終わってしまった紅葉は何か淋しさを感じさせるものもありました。地面に散ったもみじを眺めるのも素敵ですが、風に舞う落葉を目で追っているとついに今年もあの冬がやってくるのか、と。去年は暖冬でしたが、今年はどうなることやら。
12月に入って京都ではこれから各地で年末年始に向けた準備が始まります。京都の寒さは確かに厳しいですが、お正月には八坂神社や伏見稲荷神社の参拝を兼ねてぜひ京都に足を運んでください。京都の元旦独特の雰囲気は・・・おごそかですよ。