2007年12月18日

旅のお共

旅のお供といえば何でしょう?
本、音楽、楽器、お気に入りの枕? 最近ではノートパソコンを持ち歩くバックパッカーも珍しくなく、ぼくにとって旅とは文明から遠ざかる行為なのに、そうでない人もいるようです。とはいっても、通りすがりのサンタにクリスマスプレゼントは何がいいかときかれれば、「ipod touch!!」と即答するけど・・・・ipodシリーズひとつも持っていないもので・・・・

ところで、いまでこそ日々の業務ゆえにバックパッカーズホステルも予約が必要なことを知ってはいるものの、実際自分が旅してたころはそんなこと微塵も省みず、そもそもインターネットの存在自体普及しておらず(自分の中では)、もちろん現地語、英語ともにできないので電話することもままならず、行き当たりばったりで宿の玄関を叩いたものでした。満室ということはなく、その宿に泊まらない理由は、日本円にして100円にも満たない値引き交渉がうまくいかないからでした。

最近、やたらと旅情を感じます。

何が言いたいのかというと、「出発する前に自分のベッドは予約しておこう」ということ。Hostelworld.comは世界中の宿の予約ができるというすぐれもの!! もともとは英語サイトなので、日本語翻訳が少し妙ですが、それが味でもあるという。英語版なら各宿の滞在者のコメントも見ることができます。でも、宿が決まらずウロウロ彷徨い、挙句の果てに駅のベンチで寝るのも旅の醍醐味。そろそろ野宿には答える季節になりましたが・・・・

うーん、結局文明の利器には勝てへんのかなあ?

0 コメント: