2008年1月25日

トリはやっぱり


先日、京都の実家へ帰った時出てきたすき焼き。
肉は鶏。
それもヒネである。
ヒネって知ってます?
もう卵を産まなくなった年寄りの親鶏のことで、廃鶏とかひどい言葉で呼ばれたりもする。

最近はあんまり食べる人はいないだろうが、この前比内地鶏燻製の偽装問題で替え玉に使われていたのがこのヒネ鶏だと思う。
比内鶏の影武者にされるだけあって、肉がこりこりとしまっていて噛み応え十分。脂もじゅーっと濃いのがでてきて旨いこと!

ぼくは一番好きである。地鶏より旨い
(まあ、地鶏のヒネだったらもっと旨いかもしれないけど)。
基本的に役目を終えた鶏さんなので値段も安い。

このヒネ鶏は、すき焼きの他にも、もちろんシンプルに塩でやいても旨いし、ネギやにんにくと一緒に小さく切って炒めたらこれがまたむっちゃくちゃ旨い。

今度肉屋さんにいったらぜひ試しに買ってみてください。
「ヒネを少々」とか言ったら、
「こやつなかなか出来るな」と一目置かれるかも。

0 コメント: