2008年5月17日

浮世












何かユニークな物をお客さんに提供できないかしら?

と考えて主に版画を取り扱う知り合いのギャラリーさんで
作ってはる浮世絵葉書を置かせていただこうかと考えました。

スタッフ同士で選んだのは自分の好み以上に外国の方にうけそうなもの、、
けれど見事に裏切られるものです。
お客さんに選別していただいた葉書はなかなか予想もできなかったチョイスばかり。

ちょっと不思議なものがお好みのようです。
やっぱり日本人の想像する“好み”と外国の方の“好み”、物の見方は違うものですね。
もちろん、国籍によっても違います。
ジェイホッパーズではそんな文化の交差に出会うことができるのでおもしろいなあと思います。以前、外国人向け伝統工芸品店でお仕事をさせていただいていた時も、
予想もしない反応や不思議な物がよく売れたのを思い出しました。

これからどんな反応が返ってくるのか楽しみです。千社札!   玲奈

0 コメント: