2008年8月9日

関西一高い山

関西地方にお住まいの皆さん、関西一高い山はなんでしょうか?

正解は八経ヶ岳(はっきょうがたけ)1914.9mで、奈良県吉野郡にあります。『一帯は1936年吉野熊野国立公園に指定され、2004年7月にはユネスコの世界遺産に「紀伊山地の霊場と参詣道」の文化的景観を示す主要な構成要素として史跡「大峯山寺」史跡「大峯奥駈道」が登録された』(Wikipedia)ところであります。なぜ、霊場なのかといえば、大峯山といえば知る人ぞ知る修験道の聖地であるからです。山上ヶ岳という山はいまだに女人禁制を護り、こんなような修行(?)が行われています。

朝6時くらいに家を出て、電車を乗り継ぎ、バスに乗り、登山口に着いたのが午前10時、標高700m地点から登り始めました。吉田山や大文字なら歩いたことはあったけど、本格的な山登りなどかれこれ十数年振り、一抹の不安とともに出発しました。予定では今晩泊まる山小屋までは7時間かかるとのこと・・・・。雑木林、杉林を抜け、しばらく歩くとブナの森、そこからは特になんてことない道が続き、5時間ほど歩いたところでようやく水場に到着。

足を冷やし、再び歩き出すと、もののけ姫でみたようなこんな景色が広がり。ようやく、5時過ぎに山小屋に到着しました。

翌日はまだ薄暗い5時に出発、1時間ほどかけて八経ヶ岳頂上を目指しました。朝靄の中、幻想的な風景が・・・・。

そしてついに、頂上!!

やっぱりロッキーポーズ。

ご来光には遅かったけど、雄大で爽快な眺め

下りは結局5時間かかり、翌日はすっかり筋肉痛に。ジェイホッパーズ名物の急階段がなんとも憎らしかったです。

0 コメント: