2008年12月3日

司馬遼太郎記念館

先日、大阪の司馬良太郎記念館へ行ってきたので、このブログで紹介したいと思います。

記念館は東大阪市にあり、J-hoppers大阪からのアクセスはちょとタイヘンでした。記事の最後にアクセス方法をまとめているので、記念館に行かれる場合はそちらを参考にしてください。J-hoppers大阪からだいたい1時間ぐらいかかるのですが、ふつーの住宅地のド真ん中に記念館があるので、たどり着いたときにはちょっとびっくりするかもしれません(笑)。

記念館の敷地には司馬さんの自宅と、安藤忠雄さんが設計したコンクリート打ちっぱなしの建物が、雑木林に埋もれるように並んでいました。



自宅の書斎は生前のままの状態でディスプレイされています。いまにも奥の方から司馬さんが現れそうな生活感が残っていて、ファンとしては感涙モノ(?)のディスプレイでした。



安藤忠雄さん設計の建物が司馬さんの蔵書の展示施設になっています。高さ11メートルの吹き抜けに2万冊の書籍が並べられているのですが、司馬さんの知識そのものを見るようでまさに圧巻です。

(写真撮影禁止だったので、残念ながら蔵書展示施設内の写真はありません…)



蔵書の中には手垢によごれたモンゴル語辞典なども展示されていて(司馬さんは旧制大阪外国語学校でモンゴル語を専攻していました)、おもわずニヤリとしてしまうような、好きな作家のナマの蔵書をのぞきみるおもしろさがありました。

大阪といえば、大阪城、道頓堀、通天閣、海遊館、USJ…などなど、有名な観光スポットが沢山ありますが、なかなかディープでマニアックな観光スポットもあります。司馬さんファンの方はぜひ行ってみてください!!



【アクセス】

1. J-hoppers大阪 -徒歩 約15分 → 大阪駅
2. 大阪駅 -JR環状線 約15分 →JR鶴橋駅
3. 近鉄鶴橋駅 -近鉄奈良線 約14分 → 河内小坂駅
4. 河内小坂駅 -徒歩 約12分 → 司馬遼太郎記念館

【住所】
〒577-0803 大阪府東大阪市下小阪3丁目11番18号

【開館時間】
午前10時~午後5時(入館受付は午後4時30分まで)

【休館日】
月曜日(祝日、振替休日の場合はその翌日)
年末年始(12/28~1/4)
特別資料整理期間(9/1~9/10)

【入館料】
大人・大学生 500円、高・中学生 300円、小学生 200円

【公式ウェブサイト】
司馬遼太郎記念館

0 コメント: