2010年1月16日

飛騨高山のバーたち

飛騨高山に雪が積もり始めたある日の夜、飛騨高山ジェイホッパーズ近辺でメキシカン料理店を営業されいらっしゃるChapalaのオーナーから一本の電話が。。。 友達を泊めて欲しいと。。。。

ヤベー!!長くなりそうなので少し省略します!
この下の写真の左側がパレスチナ出身、スペインのグラナダ育ちのワシムさんです。日本人の奥さんと別れたばかりでバーに行くと、たまには悲しい現実の話に。彼はpolyglotであり、四ヶ国語の言語能力を持っていました。スペインではGraphic Designerのお仕事をし、趣味は音楽鑑賞;クラシカルからジプシー、ラテンロックなどなど、けっこーマニアです。ヴァイオリンの鬼神と呼ばれている、ニコロ パガニーニの話題で2時間近くお話しました。 大学の外でここまで作曲家の事で盛り上がるとは。。。 まさに吃驚仰天です。


飲み始めると止まらない、転がる石ころ(ローリングストーンズ)です。
私の石ころはサンフランシスコの坂の上から転がります。
この下の写真は駅近辺にあるライムと言うバーです。早朝3時、私のラストドリンクはブロディーマリーでした。


これが私の初の日本語版のブログとなりますので、間違え、助言等ございましたら、飛騨高山のゆーやまでご連絡お待ちしております。

2 コメント:

ははは、ナイスチャレンジ! 読みながらパスちゃんのブログを思い起こした! 

Chapala!
なかなかいい感じの店ですよねー
Kama-Gもデゾレーションロウも思い残す事がないように通いつめてください。