2010年2月28日

京都から、奈良へ 春日大社

京都周辺には日帰りでいける素敵な場所がたくさんあります。
お茶で有名な宇治、お洒落な神戸、自然の美しい滋賀、楽しい街大阪、、
その中でも私が特に好きなのは奈良です。

奈良には古くから残るお寺が多く、山や自然は広く深く、さらには文化や芸術を楽しめる街です。
世界一の大きさを誇る仏像、すばらしい景色を望める二月堂、貴重な芸術作品を集めた美術館たち、お庭、あちこちで愛くるしい視線を投げかける鹿たち。
奈良町に行けば、かわいらしい町並みにほっこりし、ついでに落ち着いたカフェなどでお茶やご飯を食べることもできます。

若草山でハイキングなどもいかがでしょう。















朝の露が赤々と光る南天の実に残る頃、気の向くまま春日 大社へと足を運びました。
本社へと続く道ではたくさんの出会いがあります。
鹿たちのお出迎え、太い根を堂々と張る木々、苔むした大地。
高い高い木々は京都の杜の木々とは違う言葉を話しています。
聞こえてくる動物たちの声も聞いたことのないようなものばかりです。
奈良の自然の中ではどうしてか、自身のジネンの原点に立ち返れるような気がします。














春日大社は国宝及び世界遺産に指定されている貴重な神社で
周囲を幻想的な原始林が囲んでいます。
社の中はなんとも言えない神聖な空気が漂い、
美しい細工をほどこされた灯篭たちがずらりと並んでいました。

お参りが済むとしばらくは杜を歩き、個性豊かな神道の神様たちに挨拶をしました。








奈良にぶらりと  でかけましょう。
 計画はあんまりせずに、 
   地図ひとつ持って。
足の向くまま気の向くまま。

0 コメント: