ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

2010年4月30日

被爆者の肉声 ~伝えていかなければいけないコト~



こんにちは。ジェイホッパーズ広島のマモルです。今回のブログでは、胸の痛む、だけれども広島人としてどうしても伝えておきたいお話を紹介したいと思います。

イキナリ重い話題になるかもしれませんが…僕はいわゆる『被爆3世』です。僕の祖母は25歳のとき被爆しています。彼女は原爆の生き残りです。

1945年8月6日の朝、祖母は爆心地から2kmほどの実家で倒壊した家の下敷きになりました。その後、路面電車で仕事に向かっていた妹を市内で探し回ったため、彼女は全身に放射能を浴びました。

市内から帰って来た後、髪の毛がズルズルと抜け落ちたそうです。彼女の体には明らかに被爆症状が現れていました。その後、祖父との間に父を産み、そして僕が産まれました。明らかな被爆症状が現れながらも、よく健康な父を産んでくれたものだと、今でも思います。

僕の両親は祖父母と暮らし、共働きだったので、僕はいわゆる『おばあちゃんっ子』でした。物心ついたときには原爆の話を―原爆直後の広島市内がどれほど悲惨だったかを―繰り返し繰り返し聞かされて育ちました。

彼女の妹はいまだに骨すら見つかっていません。繰り返される原爆の話の最後にはいつも妹の話になり、その話をするとき祖母はいつも涙を浮かべていました。骨を見つけてやりたいんだ、と。

僕は広島という重い歴史を背負った街で生まれ、育ちました。

祖母は今年90歳ですが、彼女の口から原爆の話が語られることはもう二度となくなりました。彼女は5年前に痴呆症を発病し、自分の名前すら忘れ、老人ホームで静かな日々を送っています。

あと何十年かすれば、原爆を実際に体験し、そして生き残った人々の話 ~伝えていかなければいけないコト~ を直接耳にすることは難しくなるかもしれません。それは歴史の一部を失うことであり、なにかしらの危機感を抱かなければいけないことなのかもしれません。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

4月19日付けの中国新聞(広島ではメジャーな地方紙)で、あるウェブサイトが紹介されていました。『被爆者の声』というサイトです。







このウェブサイトは、私費を投じて1000人以上の被爆者の肉声を収録し、昨年3月に72歳で死去した元長崎放送記者、伊藤明彦さんの思想や活動に共鳴する次世代の人たちによって作り上げられたものです。

徹底して被爆者の肉声をそのまま伝えることにこだわっていて、「肉声を無編集で次の時代の人々に手渡したい…。解釈や編集はその時代の人々にまかせればよい」という考えに基づいています。

広島の証言だけでも、8月5日夜~8月6日昼(ディスク1)、8月6日昼~夜(ディスク2)、8月7日~8月14日(ディスク3)まで131話の証言を肉声で聞くことができます。

【証言抜粋】
■ 証言 022 半裸体になって人が次々次々(ディスク1)
■ 証言 043 川ん中が埋まってしまって(ディスク1)
■ 証言 057 皮膚の焼けた皮がみんなぺったり手に(ディスク2)
■ 証言 067 肉の塊のようなものを持って(ディスク2)
■ 証言 117 鳶口で目のところをぐっと刺して(ディスク3)
■ 証言 119 手鉤でぷすっとね、刺すんです(ディスク3)

耳を覆いたくなるような話ばかりですが、どれも祖母から聞かされていた話と似ています。これらは全て実際に起こったことであり、それを見た被爆者本人の肉声によって語られることで、胸の底に届く生きた声になっています。

最近ではオバマ米政権が進める核体制の見直し(NPR)や、核拡散防止条約(NPT)がトップニュースになることもありますが、被爆地・広島として核兵器がどれほど悲惨なものか、もっと強く発言すべきなのかもしれません。

このブログを通じて、少しでも多くの方が被爆者の声を聞くことを祈っています。

■ 『被爆者の声

■ 伊藤さんのエッセイが読める「ブログ 伊藤明彦 ヒロ・ナガ.com

伊藤明彦  ヒロ・ナガ.com

34年分の想い

先日、以前ジェイホッパーズ広島にお泊りいただいたお客様からメールをいただきました。

メールをくださったのはカナダ人のジャンさんという女性なんですが、彼女が宿泊してくださった際、とても素敵な出来事があったのです。


 * * * * * * *


笑顔の素敵なジャンさんは、現在静岡で英語教師をされている息子さんと一緒に日本を旅行中で、カナダに長期滞在したことのある私はチェックインの時からカナダ話で盛り上がっていました。

しばらく話していると急に彼女が神妙な面持ちになり「ひとつお願いがあるんだけど...」と切り出してきたのです。

そのお願いとは、以前広島でホームステイされていたジャンさんの友人・ドナさんのホストファミリーを見つけ出してほしいというのです。ドナさんがカナダに帰国して以来、そのご家族と音信普通になってしまったそうで、ドナさんからお手紙も言付かって来ておられました。

とは言ってもドナさんがホームステイされていたのは34年も前のことで、ドナさんからの情報をもとにいろいろ調べてみたのですが、なかなか見つかりません。

有力な手掛かりもつかめないまま諦めかけていたところ、ラストチャンスと思ってかけた電話番号が、ある女性のもとに繋がりました。

事情を説明すると、なんと、その女性こそがドナさんのホストマザーだったのです!

初めは突然の電話に私の言うことを信じてもらえませんでしたが、私の話が本当だと分かり、とても驚かれていたご様子でした。


ところが、せっかく電話が通じたのに、リウマチをお持ちで手紙を受け取りに来ることができないとのこと。

ここまできたのでどうにか手紙を渡したかった私たちは、直接届けに行くことに。


翌日、ご自宅を訪ねると、ドナさんがホームステイしていた頃の写真やドナさんへのお土産をたくさん準備して待っていてくださいました。


私たちに当時のことをお話してくださったり、ドナさんからのお手紙や写真をずーっと眺めておられたり、長い時間が経っていても変わらないドナさんへの愛情がひしひしと伝わってきて、34年間の想いが届いた本当に素敵な時間でした。



そして今回ジャンさんから頂いたメールには、カナダに戻ったジャンさんがドナさんにホストマザーの様子を伝えている写真が添付されていました。



34年という時間と国を越えた、とっても大きな家族愛。


その後、私もさっそくカナダのホストファミリーに連絡したのでした。

20th Anniversary

と、いっても海遊館の話ではありません(少しだけスクロールするとその話になりますよ)。

京都のド真ん中、
四条通沿いのライブハ ウス「KYOTO MUSE」の20周年を祝いに行って楽しんできました。



通りすがりの知らない人たちが見たらきっと
「チファジャって焼肉屋は並んで待ってもいいくらいそんなにおいしいのか?」
と、勘違いするくらい大勢の若者が焼肉屋の上の階にあるMUSE HALLの開場を半袖T-シャツ・首にタオル、ある意味そろいの正装で集う四条通柳馬場西入、平日の夕暮れ。

10-FEETという京都出身の3ピースバンドをご存知でしょうか?
何か、とても親近感のあるバンドなんです。木屋町でたまに見かけます。
ばったり酒場であって緊張のあまり僕が無口になったこともあります(←親近感ないかな?いや、ぼくが緊張しーなんです)。この前コミックバンド(?)って言われてました。先日知り合った人には「10-FEET好きでした・・・」って何か過去の・・・
いや、でもいつも奇跡を起すんです。地元京都で企画した夏フェス「京都大作戦」の記念すべき第一回目が台風で中止になったり・・・で、2回目というか再一回目はピーカンに晴れたり、去年なんて週間天気予報の降水確率70~80%でほぼ参戦者2万人×2日間が雨フェスを覚悟してたのに、2日間一滴も雨降らんかったし。何か持ってる素敵な3人組です。機会があればぜひyoutubeかなんかでチェックしてみてください。

彼らのMUSEでのライブは最近はかかさず参戦しておりますが、毎回毎回頭の中が空っぽになるくらい思いっきり楽しませてもらっております。爆音、意外と好きです。特にMUSEさんはあまり収容人数が多くないので毎回なんか見たことある人が集まってて危うく知らない人と「あ、どうもっ,久しぶり!!」なんていってしまいそうです(笑)

中の様子も紹介したいんですけど、そこはやっぱり大人のマナーってやつでシャメNGです。
白けちゃいますからね。ぜひ次回参戦してください(もしくはこれもyoutubeでどうぞ)。



 

2010年4月29日

海遊館開館20周年記念 サメハク2010

大阪の世界最大級の水族館「海遊館」は、今年で開館20周年目。

それを記念して同館では「鮫博覧会サメハク2010」を開催中です。


海遊館といえば、ジンベイザメが見れることで有名ですね。
ジェイホッパーズ大阪に来られるお客さんのほどんども、
「ホエール・シャーク」を見れる!と喜んで見に行き、
「クール!!」と声をそろえて興奮とともに帰ってこられます。


さてこのサメハクは、同館を代表するジンベイザメをはじめとする
サメの仲間に大きくスポットをあてた特別企画展。


16種類の生体展示のほか、
“さかなクン”の3D映像が見れる「ふしぎなサメの生態ゾーン」、
顔出しフォトフレームで記念撮影ができる「サメエピソードゾーン」、
サメ・エイに関する調査研究を学べる「海遊館からのメッセージゾーン」、
ジンベイザメの頭部レプリカが迎えてくれる「ウェルカムゾーン」、
実際にサメやエイに触れることができる「ふれあいゾーン」、
この5つのゾーンで、地球上で4億年以上の歴史を持つ
サメの不思議な世界を紹介してくれます。


中でも私の一押しが、泳いでいるサメやエイを直接触ることができる
「ふれあいゾーン」。

サメの皮膚はなんだかザラザラしていて、
「あぁこれがホントのサメ肌ってやつね」と納得。
たいしてエイは、つるっと滑らかで、やわらかくて、
ずっと触っていたいくらい気持ちよいのです。



会期は来年(2011年)1月10日まで。

皆さん、ぜひ自分の目で見て、手で触れて、
サメの神秘を心で感じてきてください。

はじめまして・・・・


2010年春、我が家に新たなメンバーが加わりました。

誕生から1ヶ月あまりは嫁の実家で過ごしていましたが、お宮参りをすませ、ようやく京都にやってきました。

最初の1週間は夜泣きやら、おむつ交換やら、ぐずりやらで2人ともてんやわんやになっていましたが、

近頃ようやく娘も家族3人の暮らしに慣れはじめ、生活のリズムというものを覚えてくれました。


名前は文緒(ふみお)です。生後67日目


おむつかぶれしにくいとのことで普段は布おむつですが、外出時などは紙おむつを使います。かぶれないようにときどきおしり日光浴をします。

まだまだ育児なれしていないので、いろいろ大変なこともありますが、朝起きたときと、仕事から家に帰ってきたときに娘の顔をみると、自然にうれしくなります。

2人の子育ての先輩を頼りにがんばっていきます!




京都 大原 三千院もいいけれど、

桜の歌は静かに幕を閉じ、
新緑がまぶしい季節になりました。
最後の桜には、仁和寺のあまりに見事な御室桜を楽しみました。
先日は気の向くままバスに飛び乗り、大原へでかけました。
























通る人もあまりいない山際の道を歩いていると、親切な女性が参道まで車にのせてくれました。
山道を登っていくと沢が流れ出し、あちこちに苔むした石碑をみかけます。
300本の楓が本堂までの道を案内してくれます。
800歳の古楓には哀愁を帯びた歴史をさえ感じました。
見上げると山桜、八重桜の傍で、枝垂れも満開でした。
その寺は 阿弥陀寺といいます。
































大原の中でもこの周辺は、訪れる観光客もまばらで、寺には私と住職以外には誰もいませんでした。
今から三百余年まえに生きながら石棺に入り、即身仏となった弾誓上人は今もまだ湿った洞窟の中でひっそりと世の中を見守っています。
暗い洞窟で一人、始めはたじろぎましたが
目を閉じて深呼吸をし、目を開いた時には不思議と平穏な気持ちに満たされました。
後ろ髪をひかれる気持ちで寺を後にし、山道を歩き降りました。
いつもならそのまま温泉につかって帰ります。
どんな時にいっても気持ちがいいこの地、大原は、私の静養の場所なのです。
三千院などの寺院だけでなく、滝や登山道もあり、田園や紫蘇の畑もひろがっています。
皆さんも京都を訪れたときにはぜひこの場所を訪れてみてください。



2010年4月28日

上高地でハイキング

みなさんこんにちは。
ようやく高山も冬の寒い時期が終わり、ようやくあったかくなってきたなあと感じられる今日この頃です。

僕がお客さんにオススメする観光スポットの一つとして上高地
があります。北アルプスに囲まれてここは本当に日本なのと思わせるような神秘的な風景が楽しめます。ハイキングコースの横を流れる川は晴れの日にはエメラルドグリーン色でめちゃくちゃキレイです。本格的な登山に来る人も見えますが、気楽に自然の中を歩いてみたいという方にもそれぞれにあわせたタイプに合ったコースがあるので、誰でも楽しめますよ。その上高地にもようやくハイキングシーズンがやって参りました。ちょうど昨日上高地が開山祭が行われたんですよ(雨のなか・・・・。)シーズンは11月終わりまでです。高山来た時には是非上高地へ!!!


アクセス
高山市内からバスで1時間30分 高山バスセンター
(1時間)平湯温泉(30 分)→上高地
★車で行く場合は、平湯温泉で車を停めてバスに乗る必要があります
















上高地のほかにも近辺には新穂高(年中オープン)や乗鞍(のりくら)などすばらしい山がたくさんありますよ。

ちなみにこちらの写真は今日市内から撮った乗鞍です。













2010年4月27日

京都チャリンコ旅

前々から自転車で京都まで行こう行こうと言い続けながら夏が過ぎ、冬が過ぎ。。
ようやく走りやすい春がやってきた!ということで先日の土曜日、1年前のパスちゃんの軌跡   http://jhoppers.japanhostel.net/2009_07_01_archive.html
を逆走して行ってきました。

旅の道連れは元J-Hoppers大阪のクリーナースタッフ、Kさんです。
朝11時頃、お互いの家のちょうど中間地点あたりとなる大阪府毛馬排水機場で待ち合わせ。
京都市内に入るまで、いけるところまでずっと淀川河川敷を北上予定。ちなみに地図は2人とも持ってなく、目印は淀川のみです。

朝起きたときはいいお天気だったのに、出発するときは若干曇り空。


・・と、早速驚かされたのが、Kさんの自転車。いいマウンテンバイクを持ってる彼女、てっきりそれでやってくるものと思っていたのに、乗っていたのはご近所使用の普通のママチャリ。

とはいえ今回の目的はただ「京都へ行くこと」のみで、急ぐわけでもなんでもなし。気ままに、休日の景色を楽しみつつ、お花畑があれば遊びながら休みながら、タラタラ進んでいくことにしました。

これはまだ菅原城北大橋(2kmくらいしか進んでない)。
ここでは釣りを楽しむ人や運動、絵を描く人などがいつもたくさんいて、いい空気が流れています。

ブラスバンド部が練習していたり。

天気予報は快晴だったのに、途中ちょっと雨が降ってきた上かなり寒かったので、
彼らも橋の下へ非難した模様。
ホントに今年の春の天気は読めないですねぇ。

でもさすが土曜日。道中、BBQと野球率はかなり高かったです。

守口市あたりで小休憩。Kさんのママチャリ。


枚方市あたりくらいになってくるとかなりのどかな雰囲気です。
河と平行してどこまでもまっすぐな道。ゴキゲン。

牧野あたりではまだ山桜が。


あの辺がそろそろ京都かな~??地点 で、また小休憩。

この後しばらく河川敷を行って、いよいよジャリ道で標識もなくなってしまったので、車道へ上がって京都市内の方向だけ聞いて、後は標識に沿って進むことに。だからどの辺で出てきたかよくわかってませんが、たぶん八幡市あたりのようです。
河から出たらもうそこはすぐ京都市内、くらいに思っていたのに、なめてましたね。結局車道に出てから
10kmくらい走りました。
お遍路同様、やっぱり車道はしんどいですね。道は楽しくないし排気ガスで苦しいし。黙々と走り続ける二人。いよいよお腹もすいてきたので伏見市でもんじゃ焼きを食べました。
なぜもんじゃ焼きになったかというと、車道に2軒続けて建っていたのが目に入ってきたからですが、伏見ではもんじゃ焼きがはやってるんですか??



そしてついに・・

京都タワー!!

ここまで来ればゴールはもう目の前です。ゴールはこちら。

いよいよオープンする京都花宿、Hana Hostelです!

オープン前なので写真は看板だけですが、昔からの旅館街にうまく溶け込んだ
いいホステルになっていました。アクセスもいいし、
きっとすぐに人気宿になること間違いなしです。


ということで、今回の総距離は43km、ゆっくりゆっくり走って途中でランチもしたりしてたので、結局全部で約5時間もかかりましたが目的は京都に来ることだけだったので大満足です。


ちなみにそのままナイトライドを楽しみながら帰りたかったんですが、想像以上に寒かったため断念し、自転車たちは花宿で数日置かせていただくことに・・。
花宿の皆様、ご迷惑おかけしていて申し訳ありません。あと2日だけよろしくお願いしますっっ。


キリンさんよりゾウさんの好きな私が動物園に行ってきました。









先日、無性に動物園に行きたくなりお休みを利用して行ってきました!!
前回は確か3年ほど前でその日は曇っており、訪れるお客さんの数より動物達の方がはるかに多いという状態でした。



しかししかし、今回は日曜日でありそれも天候も雲ひとつ無い天気。
予想以上に沢山の人で動物園はあふれかえっておりました。やはりある程度お客さんあっての動物園ですね。ちびっ子たちも楽しそうに走りまわったり動物に触れたりしてとても楽しそうです。

                      ひつじさん物凄いいい顔です!


この日はクイズラリーなるものも開催されており色んな商品も用意されていました。
いざ私たちも参加せねばと意気込んで受付に行くと「すでに受付終了です」といわれ、その言葉は浮かれていた心に僅かに影を落としました。


一度はテンションのさがった私でしたが、やはり動物をみるとまた気分が高まります!!
今回は昼過ぎ頃行ったので、ちょうどエサやりの光景も見れて、さらに職員さんがその動物達の説明もしてくれました。



前回訪れた時よりも、動物の檻の形が変わっていたりしてさらに間近で動物達を見ることが出来ます。
特にライオンの檻は、一部がガラスになっており真横でライオンを見ることが出来ました。ライオンって本当に大きな猫ですよね。思わずライオンキングを口ずさんだのは言うまでもありません。


                    百獣の王はやはりオーラがありますね。


雲ひとつ無い暖かい天候の中、黙々と4時間弱歩き回り、体力的にはしんどさを感じましたが、久しぶりの動物園はとっても楽しめたのでした。

                  わたしもこの子豚のように眠りたかったです、歩きすぎました!



特にミーアキャットはとても可愛く、背筋を伸ばして直立している姿はいつまでも見ることが出来ました。
周りから見ればかなり怪しかったでしょう。閉演前30分ほどはミーアキャットの柵の前で私も直立していました。
 



夏にはナイトサファリなるものもされているそうで、夜の動物園もなかなか楽しそうですね。

広島市安佐動物公園には、ジェイホッパーズからは十日市のバス停よりあさひが丘線のバス1本でいけます。片道430円で時間的には50分ほどかかりますが、乗り換えも無く、目の前で下車できるのでお車をお持ちで無い方でも気軽に行くことが出来ます。




料金は大人500円の小人170円です。
詳しくは広島市安佐動物公園のHPを参照してください!!
http://www.asazoo.jp/

2010年4月25日

京都でも祭りがありました

みなさんこんにちは。ジェイホッパーズ京都のかりーです。

ジェイホッパーズ京都のご近所さん神社「伏見稲荷大社」では、5月3日まで稲荷祭りが開催中です。そのお祭りの催しの一つである御みこしの区内巡幸が、本日(4月25日)行われました。すこーんと晴れためでたい日に御みこしがやってくるということで、ふだんは比較的おとなしい京都市南区東九条に住む住民さんたちも、午後3時を過ぎたあたりから、そわそわと表の道路に集まりだしました。
わたしもそんな住民のみなさんに混ざって、外にでてみました。するとジェイホッパーズ京都の目の前を走る九条通りのはしっこ方に、小さく御みこしが見えます。みなさんこの御みこしの登場を、今か今かと待っているんですね。



まだかな。



まだかな。



あ!お祭りルックの人だ。



来ました来ました。

伏見稲荷大社の御みこしが、東九条のみなさん(男性のみ。外国人もふくむ)に担がれて、えっちらほっちらやってきました。





ジェイホッパーズ京都近くの大きな交差点で、御みこしがわっしょい!わっしょい!される瞬間になると、ふだんは比較的おとなしい南区東九条の住民さんのボルテージも最高潮に達します。駆け出す人続出。フラッシュ連発(昼なのに)。老若男女入り混じっての昼下がりの行事です。



うちのお客さんです。京都滞在最後の日にお祭りに遭遇してうれしそうでした。

京都はお祭りが多い街です。大きいものから小さいものまでお祭りの度に、昔からの行事を地元のみなさんで大切に受け継いでいる姿が印象的です。カレンダー上ではとっくに春を迎え、京都ではこれからどんどんお祭りが開催される時期ですね。5月の葵祭りも楽しみにしています。

2010年4月24日

お祭★お祭

こんにちは、高山スタッフmoco*です。 ちょっと遅くなりましたが。。。

4月14、15日の
高山まつり

4月19、20日に行われた


古川まつり
のレポートをしたいと思います。


★14日 高山まつり

J-hoppersも高山の町も、

お祭を楽しみにしてきてくださったお客様でいっぱいでした!!

朝には雪もちらつき、ちょっと不安もありましたが、

その後バッチリ晴れて無事にお祭が始まりました:)



屋台の曳き揃えでは、

じっくりと美しい屋台を鑑賞することができました。

どの屋台も個性的で、

一位一刀彫など繊細な匠の技も間近で楽しめました

11時と15時からの1日2回、

お旅所前にてからくりの奉納がありました。

たくさんの人達が少しでも近くで見ようとつめかけていま
した:)



御巡幸

闘鶏楽やはかま姿の警固など、伝統の装束を着た人たちが、

お囃子や雅楽、獅子舞に先導されながらお祭の地域を巡行します。




そして
、1日目のみどころは夜祭です。

獅子舞からはじまり、お昼とは違った幻想的な雰囲気で、

100個にもおよぶ提灯を灯しながら、屋台が町を巡行します。

ちょっと肌寒かったけど、 初めての高山まつり、

満喫させていただきました★



15日も、引き続き屋台の引き揃え

1日2回のからくり奉納御巡幸を楽しむことができます。

初日に見逃しても何度かチャンスがあるので、


時間のゆとりをもってお祭を楽しむことができると思います:)

お客様たちも、みなさんとても楽しんでこられたようです★



★19日 古川まつり

ついに古川まつりにて着物デビューです:)

まずはJ-hoppersのゲストさんと乾杯~!




メロン組のりょうたくんは、

将来のお祭に向けて獅子舞の練習中でした★

ワンちゃんも、赤ちゃんもはっぴ姿で、

古川はお祭ムード一色でした:)


お昼は、屋台の曳き揃え御神輿行列の巡行

獅子舞や、子供歌舞伎が行われました。


途中から行ったので、

残念ながら写真はありませんが
 m(*・´ω`・*)m


そして本日のメインイベント。




古川まつりは天下の奇祭、

通称:やんちゃ祭と呼ばれるだけあって、

男気あふれるお祭でした:)

『越し太鼓』は、数百人がさらし姿で町中を練り歩きます!

いやぁ~すごい迫力でした、ホント!!!


。。。と飛騨の大きなお祭を2つも満喫して、

改めて素敵な場所にきたものだ、と思いました★

まだ見たことない方には、ぜひ見ていただきたいです。


※今年も早いうちから満室でしたので、

この時期はお早目のご予約をオススメします★


ちなみに、今、高山は桜が満開です!!!