2010年4月20日

安藤百福さんのインスタントラーメン記念館



ジェイホッパーズ大阪でもう2年間以上勤めていますが、安藤百福さんのインスタントラーメン記念館に行くのがまだ一回もうありませんでした!フランスから来たママと妹のガイドになるきっかけで、真鍋さんの足跡を辿って行きました。



阪急の梅田駅から宝塚線でただ20分後記念館の池田駅に着きます(260円)。駅から5分の歩き、簡単ですね。地図はこちらです。
記念館では3つの活動があります:見物、カップヌードル、チキントラーメン。



見物の部屋は小さい割りに知らなかったことがたくさんわかりました。チキンラーメンが生まれた部屋の再現は特に感動しました。こんな単なるところから大成功になった計画はすごいです。


カップヌードルの部屋では自分のカップヌードルを作ることが出来るワークショップです。300円でカップを一つ買って(いくつでもどうぞ~)、好きなデザインを飾って(時間は欲しいだけ、ペンは添えているけど色がちょっと少ない)、そして中身を入れさせてもらって。


スープの味が4つの中で選べんでからトッピングを加えます。毎日スペシャルトップイングもあり、一定のトッピングもありますが、12種類から4つをもらえます。そして、カップを閉めて、ふくらむバッグで安全に持って帰ります。やっぱり、自らの手で何かを作るのはすぐに大幸せになりますね。ぜひやってみてください。ちなみにこのバッグは何回使えそうです。弱いものを運びたかったら”貰ってよかった”との物になるかもしれません。


最後にチキンラーメンの部屋。これが一番楽しいです。とても人気ですから前もっての予約が必要です。満席だったら(可能性が高い!)、着いてから受付に聞いてみましょう。キャンセルがあるのでラストチャンスがあります!私たち4人とも予約なしで参加ができたようになりました~。チキンラーメンのワークショップは90分でインスタントヌードルの一袋を作るものです。生地から、自分でデザインした袋に入れるまで、各ステップが楽しめます。さらに、終わったら、本当のニッシンラーメンの一袋(味を比べるため?)とヒョコちゃんの模様のハンカチーフをもらいます。これもすごい楽しかったです!


しかし、驚いたことが一つありました。食べ物についての所にいるくせに食べることができません!!先ずカップヌードルは販売されていません。そして自分で持って来たものがあっても食べるところはありません。活動のすべての三つしたいなら、長いあいだに食べ物を見るだけあっておなかがぺこぺこに必ずなるのです。残念だと思いました。

4 コメント:

パスちゃん、この前の答え、分かった!!
スヌーピーの横にいつもいる子だ(名前知らないけど、笑)!

Woodstockと呼びます~ ;-)

(とりあえず)正解やね!?

そうですよ、正解ですよ! :-)