2010年6月23日

秘密の行先の二日の旅

ちょっと前、僕の誕生日でした。彼女と、私たちだけの普段なプレゼントがあります:秘密の行先の旅。あげる一人は他人になにも言わずに旅の準備して、旅の日も出来るだけ長く秘密を守るようにします。とても楽しいです。今年、本当に上手にできました。。。



先ず新幹線で東京へ出発しました。東京、名古屋、富士山、もしかしら鎌倉の中の一箇所を迷っていました。結局上野駅で降りましたが、まだ半分しか行ってないと言われました。北千住駅まで歩いてから東武線で北のほうへもう一回出発しました。その時、察することができましたけれども、最後まで知らないほうが楽しかったので写真取材に集中し続けました。そして、ゆっくりと町から、畑へ進みながら、地平線から消えないぐらいでかいスカイツリーを観ました。まだ半分建てないが、もう不思議です!今まで見えたの一番大きい建物でした。



東京都から埼玉県へ、埼玉県から群馬県へ、群馬県から栃木県へ、。。。終わりなしの旅でした!!さらに東京の郊外は何十キロを広がって、町から全然出ない感じがします。冗談をしつつ、やっと畑、そしてすぐ後、山がでてきました。周りの乗客は寝たり退屈したりしていました。彼女はここまで暴かれなくて、とても楽しんでいました。と、終点に近づいたら:「鬼怒川温泉へのバスはX番乗り場からXX時に出発します~」のアナウンスが聞えて、「やった!わかった」。温泉に泊まるって、私にとってすごいプレゼントでした。彼女に:「わかったよ!」「アッ、好きですか?」「はい!温泉は楽しいよ」「え?」「鬼怒川に行くんだね?」「アハハ全然違う~」。そして次の駅に乗り換えた時に、ヤットわかりました:日光でした!



日光に到着する前、ドアから「弁当!!」と叫んだおじいさんが来て、朝7:30出発してからまだ何も食べてなかった私たちが抵抗できなかった呼び声のようでした。ドアまで殺到してから、考える時間もなくて、おじいさんに「買ったほうがいいよ!」の命令を受けさせました。そうすると、もうすぐ着いたので、二時間前からゆくりした後に出来るだけ速く食べて、なかなかきつい目覚ましでしたが見物を始まる前に食べて時間を得しました。



日光はすばらしかったです。お寺も神社も一箇所ずつお宝みたいにきれいでした。さらに、徳川氏の霊廟として歴史的に重要な観光所ですね。ただし、彼女が言ったとおりに、昔とても人気で最近ちょっと低迷するところになった感じがします。うるさい学生の大群れ以外に観客者は少ないです。



「迷う時間ない」の新型自動販売機!



満喫してから、東京へ戻りました。浅草にある会津屋と言うゲストハウズに泊まりました。小さくて便利な宿でした。浅草駅で焼き鳥の晩ご飯を食べに行きました。注文したものと全然違うものを頂いたので、二回食べて半分しか払わないようになりました。ラッキー!帰りながら夜中の浅草寺とアイスクリームを楽しみました。



二日目は早く起きて浅草寺に戻りました。入り口のでかい提灯、混んでいる商店、変なお土産、。。。とても楽しかったです。



デッカイ!!





次は東京タワー。地下鉄の一日券で動くのを決めました。便利でしたけれども弱点がありました:彼女のバッグの小さなマグネットでチケットを狂ってしまった。わかったまでに(もちろん一日のほとんど終わり)いつも改札を通った時困りました。東京タワーには一番上の階まで行って素敵な東京の眺めが見えました。富士山の写真撮りたかったけど湿気のせいで見えませんでした。スタッフによっていつもそうです。東京タワーはパリのエフェルタワーの姉妹と聞きましたが、一つの残念な違いがあります:窓。パリでは窓なし眺めを直接見えます。。。





その後、築地で食べに行きました。想像で冷やした鮪が一杯ある市場と思っていましたから、京都の錦市場のほうが実際の所に着いたとかなりびっくりしました!食事はアペタイザーとして美味しい焼き卵をいただきました。どうやって世界中の一番広い魚市場で卵を食べるようになったか、今日まだよくわかりませんけど。。。その次にきちんとして刺身をごちそさましました。





消化しやすいところを探して、皇居の前の公園で昼寝してしまった。ちょうどいい天気でした、見物のことに戻る気分あまりもうなかったけど頑張って二重橋までの広場を渡しました。確かに見ないといけないところですけど、特に感動しませんでした。同じく、二の丸庭園はとてもがかりしました。





そうしたら、もう夕方になりました。新宿で最後の散歩しに行きました。あそこの建物も人もペースもすごいです。どちも突飛に見えるものです。飽かずに何時間も見えただろう。ただ帰りの新幹は待ちませんでした。実は走って急ぎながら最後のお土産買ってほんまにギリギリ電車に乗れました。



本当に素敵な二日間でした!

2 コメント:

タイトルとは裏腹の、かなり明るく健全な旅でしたね。
それにしても、あの自販機はいったい何なんでしょうね?

↑ 飯田さん、何を期待してはったんですか(笑)

パスちゃん毎度大笑いな秘密トリップ、報告ありがと~!!