ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

2010年9月30日

「RWANDA」ってどこだ?・・・

最近、とーーーーい昔に感じだした大学時代。

4年間の学生生活で、できた唯一の友人が先日、急に電話で「明日会える?」とのこと、何となく二つ返事で「うん、いいよ」たまのことなのでそんなもんです・・・。

僕は数学科。彼は物理学科。教育実習で知り合い意気投合(?)。いや、お互いつかず離れずの絶妙な距離が心地よかったというか・・・で、その彼が、今度はルワンダに行くそうです。旅立つ前にわざわざ京都まで会いに来てくれたいいやつです(枚方からですけどね)

そうそう、「今度は」ってのがミソで、大学卒業以来オーストラリア行ったり、タイでスキューバのインストラクターやってたり、ヨガの資格とって帰って来たり、あぁ、USJでバイトしてたこともあったかなぁ(笑) つい最近までは東京のデザイン会社で「0.2mmがどうのこうの・・・」ってな仕事してたなぁ・・・
そして遂に今回大学時代に苦労して取得した教員免許を駆使してルワンダの教育にたずさわるそうです。

最低2年は行くらしい。2年後・・・お互いどうなってるやろうねぇ。楽しみ。


で、ところでみなさん「ルワンダ」ってどこのどんな国かご存知?
「おそらくアフリカだろう」ぐらいの感じ、コーヒーはそこそこ有名らしく、農耕でジャガイモが沢山穫れる・・・これぐらいかなぁ。
まぁ、こういうとき旅好きの基本は「地球の歩き方」かなぁと思い市内の大きな書店へ。
6月のW杯の好影響で南アフリカはあるんですけど・・・さすがに「ルワンダ」ってのはみつからず・・・「ひょっっっとして歩けなぃ・・・」なんて疑問を持ちつつ友人に尋ねてみると、「何か先週、テ○があったとかなかったとか・・・・・・でも何とかなるやろぉ」

うん、なんか彼なら何とかなる気がする。
どうかくれぐれもご安全に。


余談ですけど、「数学科」は極端な話「紙」と「鉛筆」で済むんですけど、物理学科はそうはいかないみたいでね(笑)実験の度に「放射線使うから・・・」 とか「(実験の)結果が出るまで8時間待ち・・・」とか装置も騒々しいし、話もいちいち大っきくて・・・やってることや時間を考えたら学費が同じな意味が分からない・・・余談です。

余談ついでに(?)大学当時の思い出写真でもUPしようと思ったのですが、残念ながらデジタルデータではなかった・・・時代ですね「写るんです」使ってまして・・・(あ、もちろんカラーですよ)。

直島ナイトツアー

先日、高山スタッフmoco*さんに続いて、
私も『瀬戸内国際芸術祭』へ行ってきました。

訪れたのは、女木島、男木島、直島、豊島、小豆島。

島々の素敵なアートの写真は、7月のmoco*さんのブログで見ることが
できるので、私は省かせていただきます。

ここでは私が触れた、夜の直島の写真を少し。

というのは、直島でお世話になったお宿のご近所に住むおじさんが、
個人的にナイトツアーに連れて行ってくれたのです。

実は名前も知らないおじさんなのですが、
島を歩いている時にも偶然何度か見かけたし、
島に住む人でこのおじさんを知らない人は
一人もいないみたいでした。

おじさんはとにかく島のことをよく知っていて、
この島を本当に愛している人です。
おじさんはまさに"島の顔"、私は"師匠"と呼びました。

芸術祭の作品についてもすごく詳しくて、
どの場所に誰の作品があるとか、
どう回れば効率よく見る事ができるとか、
こちらが口をはさむ間もないくらい
次々と説明してくれました。

まずは夜の海に光る、ウミホタルを見に。

真っ黒い海は少し気味の悪いものですが、ここは別。
ウミホタルがあちこちでチカチカと青く光り、
とっても綺麗なんです。

ウミホタルの写真は難しくて撮っていませんが、
この日のお月さまはすごーくミステリアスで
師匠と一緒に魅入ってしまいました。


次は、暗闇に中にライトアップされた黄色いかぼちゃへ。
師匠に言われるままにポーズ。

かぼちゃの前で踊る

かぼちゃの目になる


今度は赤いかぼちゃの中。
私が撮るとこうなんですが・・・
師匠が撮るとこうです!

雲が晴れたお月さんをバックに。
師匠ほんとうにありがとう


最後に、有名な直島銭湯 "I ♥ 湯"

人々を惹きつける、この派手さ




これはどの島にも言えることですが、
家々も人々も本当に個性的で、ありのまま。
嘘がない感じなんですよね。

島の味を食べて、島の空気を吸って、
島の人々と触れ合って・・・
肩ひじ張らずに素顔で生きる心地よさに
どっぷりハマった日々でした。

2010年9月29日

壷阪寺へのお参り

西国三十三霊場を参るのは中々久しぶりっですけれども、ちょっと暇が出てきて奈良県で夏の終わりを楽しみして壷阪寺に参りました(website, google map)。奈良県高取市の上の壺阪山に、狭い地壁の奥を飾っています。高取市を通った際古い割にまだ調子がよくて住まいとして使われている伝統な建物の数が驚きました。きっと有名ではない場所ですが他より負けない感じがしました。壷阪寺へ登るための通路は道順を頼んだら「無理!」といつも通りに言われるくせに、45分ぐらいの快適なコースでした。森には虫が混んでいました、飛んでいる蟷螂も見られました。お寺はとても綺麗でした。塔、デカイ立像(いくつはインド政府からの贈り物)、壁画、…。目の病気に奉献しているお寺です。

京都駅から近鉄電車で1時間1810円(One Day Passもあり)




高取市



森を通ってお寺へ



壷阪寺



仁王の立像







屋根の詳細





これは壷阪山駅で見た昆虫です。
頭は海馬、尻尾はサソリ、羽が四つで色彩がある、長いアンテナ、蝶と同じぐらい大きさ。
すごく気になるものです!だれかが名前わかるなら是非教えてください!

2010年9月27日

立山 称名滝

どうもこんにちは、ジェイホッパーズ高山のマツです。

今回は富山県立山市に日本一の落差がある称名滝を見に行きました。高山から車で2時間半くらいかかります。

ジェイホッパーズ高山に泊まってくださるお客さんにも次の目的地として立山に行かれる方が結構みえます。

黒部アルペンルート website
http://www.alpen-route.com/

立山というとみなさん黒部アルペンルートをイメージすると思いますが、立山のふもとには日本一の落差の滝があるんですね。実は今回現地に行って知ったんですよね~。ちょうど黒部アルペンルートが始まる地点近くにあるんですが、車を少し離れた所に停めて、1キロほど歩きます。



すぐ近くまで行かないと全体が見えないので、頑張って歩くことに・・・・。













どうですかこのでかさ!!
なんと落差は350メートル。今までに見たことのない大きさなのでかなり感動しました。
滝つぼはなんと直径60メートルで、深さ6メートル。
滝からの距離が50メートルくらいありますが、ここからでも、すごい水しぶきが飛んできました。























この写真ではわかりにくいのですが、実は滝の右側の崖にも豪雨のときにもっと落差のある滝ができるらしいんです。なんとその高さ500メートル。その時に来て見たいです。とても癒されました。おそるべし立山・・・・。

2010年9月26日

鞆の浦の夕暮れ

先週末、同じくジェイホッパーズ広島スタッフのちかちゃんと共に私の実家のある福山へ里帰りしてきました。

福山は県東部に位置する山と海に囲まれた広島第二の都市で、
広島市内からは電車または高速バスで約2時間。

地味ながら実は日本一の琴の生産地で、全国シェアは70%です。

最近では、市の名勝のひとつである鞆の浦が、映画「崖の上のポニョ」の町のモデルとなったことで少々盛り上がりました。


ということで、福山初上陸のちかちゃんと行って参りました、
ポニョの町へ。


でもその前に、

まずは鞆の浦の沖にある仙酔島へ。

ちなみにこの仙酔島(せんすいじま)という名前は「仙人も酔ってしまうほど美しい島」という意味だそうです。

ここには日本で唯一の江戸風呂があるのです。
江戸風呂とは、松の薪を焚きあげた余熱ではいるデトックス洞窟蒸し風呂のこと。ヨモギ、枇杷の葉、海藻と3種類あり、思いっきり汗をかいてスッキリできます。


25年間体内に蓄積されてきた悪いものを出し切った私たちは、鞆の浦の町を散歩することに。この頃には、昼間は観光客でにぎわっていた町もとても静かでした。


潮風にあたりながら夕暮れの古い町並みを歩くのはとても気持ち良いものでした。


心も体もすっかりリフレッシュした広島女子二人。


その後、実家の近所に存在するおいしすぎる中華レストランに寄り道し、中華をガッツリ堪能したのでした。

食欲の秋、到来ですね。



覆面バイカー、秋の訪れと共に現れる。

先日、バイクで日本をまわっているというお客様に出会いました。
2人はその日大分から来られたようで、一人は神奈川、もう一人は長野からバイクで色々まわっているとおっしゃっていました。

神奈川からのお客様と話しているとまず最西端に行き、次は北海道を目指すとおっしゃっていました。(かなりバラバラな進行日程です!笑)

そして2人の旅立ちの日、朝からお二人は慣れた手つきで荷物をバイクに積み、出発に向けて準備を整えておいででした。

私が受付で業務をしているとふいに

「記念に写真を取ってもらえますか?」

とのお願い。もちろんですとも!と勇んでホステルを出て2人の写真を撮ろうとしたとき、おもむろに2人が荷物をごそごそと探し始めます。

そこで出てきたもの、、、、、、、、

覆面マスクッ!!!!!!!!!!!!!!!

*すいません。首を横にして写真みてください。。。。。


2人はおそろいのマスクをおもむろに取り出しかぶり始めました。
さわやかな朝の雰囲気が一変し、あれ?新日本プロレス??広島巡業??今まさに、男達の熱い戦いがはじまるとばかりに2人はポーズを取っています。

思わず「あぁ、レスラーの方ですか!?」と今までお二人と話していた内容も吹き飛びアホな質問をする私。
「いや、違いますけどね。」とさらりと否定されいざ撮影へ。

近所のいかわ旅館さんに泊まっていた、外国人団体客(ほとんど10代)の人たちに
「カッコイイ~~」「cool!!」といわれつつ私達は撮影に精を出したのでございます。
おもむろに私も自分のカメラで撮影したのは言うまでもありません。

お話できた時間は朝の僅かな時間でしたが、しっかりと私の心に思い出を残していったお二人。10月ごろにまたお邪魔するかもしれませんという嬉しいお言葉を残し、この覆面マスクライダーは京都を目指し走り去っていったのであります。

次回もお待ちしております~~☆








2010年9月18日

上高地はすぐそこ



Matsuが4月に上高地の記事を書きましたが、そのフォロー記事です。
たとえかぶったとしても敢えてアップしたいという気持ちにさせてしまう上高地の美しさをお楽しみください。
こちらは非番のmocoさんを引き連れ7月23日に上高地日帰りツアーへ。
快晴。

ジェイホッパーズ 飛騨高山ゲストハウスから車で30分強走り、関西人ならだじゃれの一発でもカマしたくなるような名前の「あかんだな駐車場」が平湯温泉のはずれにありそこ に停める。一日500円。そしてここから平湯温泉バスターミナル経由で上高地へのシャトルバスに乗る(濃飛バスで往復2000円)。

平湯バスターミナルを出たらすぐ安房トンネルに入り、トンネルを出たと思ったらもうそこは上高地への入り口ゲートが。所要約20分。こんなに手軽に来てしまってもいいのだろうかという近さである。

バスはゲートをくぐり、われわれは一番手前の大正池バス亭で下車。
この日は大正池→田代池→河童橋→梓川右岸→明神池→明神橋→梓川左岸→河童橋
という基本コースを進んだ。




バスを降りたらいきなりメインディッシュ的景色が。大正池です。向こうの山は焼岳。
大正池はこの焼岳が1911年(大正6年)に爆発してその泥流が梓川をせき止めた結果
できた池で、けっこう新しいのである。
mocoさん、「何これ?ぜんぜん意味わかんない」と変てこな表現の仕方で感動しておりました。




田代池。
こちらも昔はもっと大きな池だったが、山から流れ込む土砂でどんどん湿原化してきている。
この写真に移っている部分はもう水がなく田代湿原となっている。
所々にひょろひょろある立ち枯れの木は、この場所が昔は満面に水をたたえていたことをあらわしている。





河童橋は誰しも認める上高地観光の中心地。
河童橋より穂高連峰を背景にした写真は、上高地に来た人はほぼ100パー撮っているでしょう。
おかげでこのつり橋はいつもゆらゆら。
この橋の周辺に、ビジターセンターやらお土産屋、レストランが集中し、いつもにぎやかである。





逆にこの河童橋から梓川の下流に向かってシャッターを向けると、その先には今度は焼岳が!
美しすぎる。この川の色どうです?意味わかんないよ。あ、感染ってきた。





カモも危害を加えられないのをわかっているようで、ぜんぜん逃げない。むしろ近寄ってくる。でもエサはあげたらだめですよ。




水面下の水草まではっきりと見えるうそみたいな透明度。水の冷たさは半端ではなく、真夏でも足を一分浸けてられない。でもこの川で無理して記念撮影しようとしていた台湾からの観光客が岩から足を踏み外しずぶ濡れになってらっしゃいました。




河童橋から明神池へ向かう途中の木道。このような湿原を通る木道、雑木林のトンネルを抜ける細道、河原沿いの砂利道など遊歩道もバラエティに富んでいる。メインのルートはほとんど傾斜がないので気軽に歩くことができる。




明神池。湖畔には穂高神社奥宮が鎮座するひょうたん型の美しい池。後ろは明神岳。立ち枯れの木々が神秘的であった。





明神橋。一般的な日帰りコースは、この橋を渡って梓川左岸から河童橋方面へ引き返す。
でも実はこの先上流も、横尾地区、徳沢地区など魅力的なエリアが続いているのである。次の機会にまた紹介します。

こんな意味わかんないほどの景色がすぐそばにある飛騨の人々は贅沢だなーと思います(まあ上高地は長野県なんですが)。

上高地オフィシャルサイト

2010年9月16日

100均でルームナンバープレートを作ってみました♪

こんばんは!
最近朝と夜が寒くなってきて、急に秋を感じ始めた今日この頃。。ジェイホッパーズ広島も秋らしくちょっと模様替えをしてみました。

じゃーん!





どうでしょう?
一つ300円で作れました。ポイントは右の和風小物です。100均でかわいいピアスが売っていたのでアクセントにしてみました♪

材料費はぜんぜん高くないけど手作りってほっとした気持ちになるんですよねー。
旅をして疲れたお客様がのんびりくつろいでいただけるようなお宿を作っていきたいと思います。

次は何を作ろうかなー♪

2010年9月12日

かき氷パーティー 第二弾!

先週火曜日、第二回かき氷パーティーを開催しました!

この日は、毎月ご利用してくださるお客様にお泊り頂いていたので、パーティーでさらに国際交流を楽んで頂けるよう、日ごろの感謝の気持ちを込めて開きました。


今回のメニューはたこ焼き、焼きそば、かき氷。


前回以上にたくさんの参加があり、パーティーは終始とってもにぎやか。
ゲストの皆さんは会話が弾んだようで、パーティーが終わっても夜遅くまでお酒片手に語り明かしておられました。こういうのはホステルらしくて、見ている私も嬉しくなります。


毎月ご利用くださるお客様・Mさんにも喜んで頂けたようでした。

毎回、山口より片道3時間かけてお越しくださり、「ここに来ると外国に来た気分が味わえる」と嬉しいお言葉をくださいます。ドイツ語が堪能でフランス語も勉強中というMさんは、いつも積極的にたくさんのゲストに声をかけておられ、その姿を見るたび私も頑張らないと!と思うのです。

いつも本当にありがとうございます。

これからもたくさんご利用頂けるよう、そしてスタッフとゲストがもっと近づけるようなホステルにしていきます!



2010年9月11日

白川郷&お祭り★

こんにちは、

J-hoppers飛騨高山スタッフのmoco*です。

先日、J-hoppersツアーで『白川郷』へ行ってきました★

今まで、雪の時期、桜の時期と、数回訪れているのですが

秋の(まだまだ暑いので夏?)白川郷もとてもよかったです:)


見てください、このコスモスたち★











そして、かかしたち★













四季で全然、雰囲気が違うんですよね~。


街中をお散歩した後は、であい橋を渡って、日陰で一休み~;)











私は若干、高所恐怖症なので、


この橋を渡るときにものすごくドキドキします。


だって、人が歩くとびょーんって揺れるんですよ!!

そして、まったりしたあとは、












さらにまったりに追い討ちをかけて、


『白川郷の湯』で足湯です~★★

http://www.shirakawagou-onsen.jp/


も~、たまりませんね。

THE RELAXなひと時を過ごせました:)

そして、今回のツアーはお祭りというオプション付です。

白川郷から富山県の射水へ。

櫛田神社というところで大例祭があるそうで。











今回の主役『天狗さん』と、役員さん。
とっても仲がいいですね笑












公民館のようなところで儀式を終え、
神社に向かうところです。

一見普通のパレードに見えますが

かなりの地元密着型のお祭りのためか?


ほぼ全員けっこうなレベルの酔っ払いさんです!!

そして、神社につくと、メインイベントが始まりました。












この火の中を、先ほどの御みこし軍団と、


獅子舞達が駆け抜けるのです!!!!











もちろん全力疾走なので、
写真が大変なことになっていますが。。。

なかなかの迫力でした★


その後、何事もなかったように
獅子舞たちが舞っていました。












子供達もがんばっていました★















お祭りは毎回ではないのですが、


J-hoppers飛騨高山にお越しの際は、

ぜひツアーに参加してみてくださいね★

楽しいですよ:)


ジェイホップツアー飛騨高山 - 高山から世界遺産の白川郷(合掌造り集落)への格安バスツアーに参加しませんか? 外国人と国際交流を楽しみながら歴史探訪!白川郷へのツアーを提供するジェイホップ飛騨高山のウェブサイト