2010年9月30日

直島ナイトツアー

先日、高山スタッフmoco*さんに続いて、
私も『瀬戸内国際芸術祭』へ行ってきました。

訪れたのは、女木島、男木島、直島、豊島、小豆島。

島々の素敵なアートの写真は、7月のmoco*さんのブログで見ることが
できるので、私は省かせていただきます。

ここでは私が触れた、夜の直島の写真を少し。

というのは、直島でお世話になったお宿のご近所に住むおじさんが、
個人的にナイトツアーに連れて行ってくれたのです。

実は名前も知らないおじさんなのですが、
島を歩いている時にも偶然何度か見かけたし、
島に住む人でこのおじさんを知らない人は
一人もいないみたいでした。

おじさんはとにかく島のことをよく知っていて、
この島を本当に愛している人です。
おじさんはまさに"島の顔"、私は"師匠"と呼びました。

芸術祭の作品についてもすごく詳しくて、
どの場所に誰の作品があるとか、
どう回れば効率よく見る事ができるとか、
こちらが口をはさむ間もないくらい
次々と説明してくれました。

まずは夜の海に光る、ウミホタルを見に。

真っ黒い海は少し気味の悪いものですが、ここは別。
ウミホタルがあちこちでチカチカと青く光り、
とっても綺麗なんです。

ウミホタルの写真は難しくて撮っていませんが、
この日のお月さまはすごーくミステリアスで
師匠と一緒に魅入ってしまいました。


次は、暗闇に中にライトアップされた黄色いかぼちゃへ。
師匠に言われるままにポーズ。

かぼちゃの前で踊る

かぼちゃの目になる


今度は赤いかぼちゃの中。
私が撮るとこうなんですが・・・
師匠が撮るとこうです!

雲が晴れたお月さんをバックに。
師匠ほんとうにありがとう


最後に、有名な直島銭湯 "I ♥ 湯"

人々を惹きつける、この派手さ




これはどの島にも言えることですが、
家々も人々も本当に個性的で、ありのまま。
嘘がない感じなんですよね。

島の味を食べて、島の空気を吸って、
島の人々と触れ合って・・・
肩ひじ張らずに素顔で生きる心地よさに
どっぷりハマった日々でした。

4 コメント:

直島なつかし~い

ぼくが3年前にいったときは師匠には会えませんでした・・・残念・・・

元スナックを改造したドミトリーin九龍で過ごした夜を思い出しました。

島っていいよね♪

やっぱり素敵ですね!直島は^^
私も早く芸術祭が終わる前に行かなければ!!
わたしもその師匠にぜひお会いしたいものです。

ぅあお、想像以上におもしろいことが起ってたんやな!!
そんなお師匠様との出会いが会ったとは。沢ちゃんが師匠って呼ぶなんてよほどの御方。。

Shinさん、ドミトリーin九龍に泊まられたんですね!私もよくお客さんの為に予約を入れます。良い思い出でよかった☆

Chikaさん、是非行ってみて下さいね。急ぎ足で見るより、ゆったりと島時間に合わせて回ることをお勧めします。

Noriさん、師匠すごいでしょ。師匠は船着き場でも船を寄せたり、お客さんの乗船を手伝ったりしていましたよ。まさに神出鬼没です。