2011年6月4日

☆カナダ留学☆

こんにちは♪
ジェイホッパーズ京都の梓です。

さて、スタッフの留学体験談がいくつかあったので私も紹介します。
留学には色々な種類があって、私は学生とワーキングホリデーを経験しました。
今回は学生の頃のお話をします。

初めて留学したのは18歳。
場所は前回のオリンピック開催地カナダのバンクーバー。

留学のきっかけになったのは高校3年時に英語が話せるようになりたかったことの他に
当時の田舎での生活をガラっと変えたかったことが大きかったです。
両親や高校の先生はまずは日本の大学に進学してから行きなさいと最初は反対していました。
でも、私はどうしても諦められずみんなを説得しOKしてもらいました。

留学中のことをちょっと分かりやすいように分けて書いてみます。

★学校偏★
私は3年間の留学で下記の学校へ通いました。

●語学学校
17歳の夏休みにとりあえず1人で下見がてら行かせてもらい現地のエージェントを通し決めました。
一旦帰国してからメールや電話でそのエージェントさんに手続きを無料でお手伝いしてもらいました。
※通常は日本との遠距離でのやりとりは対応してないようです。私はラッキーでした。
だいたい半年間程通い、英語は最初の低レベルから中レベル位にはなりました。
若いってそれだけで覚えも早かったなーと思います。笑
語学学校の授業は体を使うことが多くとても楽しかったのを覚えています。
私が行った学校では幼児教育専門もあったのでこちらでディプロマを取得しました。

↓学校の友人と行ったキャンプでリアル熊ちゃんに遭遇!

 ↓週1であるアクティビティの1枚です。スイカ割りしました。

●カレッジ
語学学校後にツアリズムを専攻したかったため、住んでいた街にあるカレッジを選びました。
まずは授業についていくためにカレッジ内にある英語専門コースに入りました。
この学校は語学学校とは全く違い、本格的な授業や課題などたくさんありました。
英語に少し慣れてからであればこちらで勉強することをオススメします。
毎日プレゼンテーションに追われていましたが愕然と英語が身に付きました。
言葉が通じはじめすごく調子にのっていたように思います。
ローカルの学校のためたくさん地元の学生さんがいてキャンパスライフはとても充実しました。
週末によくクラスメイトとホームパーティや夜遊びもしていました。
実際は1年ほどそこで勉強しましたが、目標としていたツアリズムに向いてないと思い
学校を変えることを決めました。
 
●専門学校
カレッジを辞め、ヘアメイク専門学校に転校。
講師はマドンナのヘアメイクさんをしてた人でとても綺麗な人でした。
授業はもちろん専門用語でチンプンカンプン。でも大好きなヘアセットアップは得意気。
実技授業ではモデルさんを探すとこからスタート。
街でたっくさんの人をナンパしたのは、あれが最初で最後でした!
東洋人とは違った彫りの深さに感銘しました。
お肌や髪質も全然違ってかなり困惑もしました。
美容だけを学びたいのであればもちろん日本が最先端で技術もありますが、
私は多言語で何かを学びたいと思いがとても強かったです。
この経験は日本では絶対に味わえない素敵な生活が送れたことを幸せに思います。

 下の写真は私の作品の1枚です。

★住居★

●ホームステイ
語学学校時代、学校を通して紹介してもらいました。
紹介料をいくらか払ったと思います。
ホームステイは本当に相性だと思うので運にかけるしかないですね!
私は毎日ベッドにわんちゃんのう○ちがあるような家だったのですぐ引っ越しました。

●シェア
JPCANADAとうサイトで部屋探しをしました。
最初は知らない人とシェアするのが不安だったので友人とシェアしました。
ホームパーティーとかも出来たのですごく楽しかったです。
ただ入れ替わりが激しかった。

●一人暮らし
最後の1年はわがままにも一人暮らしをさせてもらいました。
take overという前住人から家具を買い取りというシステムが多かったです。
なので結構簡単に引越しできました。
余談ですが、私は28階建てのアパートに住んでましたが隣人の大火事にあいました。
今でも忘れられない経験でとても怖かったです。
初めて日本に帰りたいと思った経験でした。
出来れば小さめのアパートを選ぶのをオススメします。


★食事★

●自炊
ほとんど自炊してました。
比較的アジア人も多いため日本食に近い料理をいつも作っていました。
アジア人向けのスーパーもあり便利でした。

●外食
ジャンキーにはたまらないフード(ピザなど)は格安で購入できます。でも太るよー!!!
留学中に早い人で3ヶ月で15キロ増と言う人もいました。こわいこわい。


治安も比較的よく大きな事件や事故にもあわず(火事をのぞいて)充実した学生生活でした。
また戻りたい!と思わせてもらえる素敵な国でした。

海外留学はまだ勇気がでないそんな方はジェイホッパーズで国内留学(英語合宿)してみませんか?国内留学とは?
私たちスタッフが色々アドバイスします♪


VIVA CANADA!



2 コメント:

作品すごい!!!プロですなぁ!!
カナダのジャンキーな外食も嫌いじゃない~♪♪

shizuuuba!
なんだか懐かしいよぉ。
最近なか卯や吉牛デビューの自分がもどかしい。笑
やっぱカナダが第2の故郷だ!