ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

2011年7月31日

★流しそうめん祭り★

7月15日ジェイホッパーズ大阪で流しそうめんをしました★
とても風流で楽しめました★
こちらがその風景↓



スタッフ林さんが手馴れた手つきでそうめんを流し、それをみんなでキャッチするという。。
キャッチできず流れてしまったときは皆キャーキャー言っていました。
(多分一番私が騒いでた)



ところで!そうめんの具について恥ずかしい話、私はずっと
刻み海苔と卵だけで育ちました。

20代になって彼氏がつくるそうめんに
卵に加え、きゅうり・しいたけが登場しそれがそうめんの具だと思っていました。

今回なんと卵・きゅうり・ハムというレパートリーでハムがでてきたのにはびっくり!
多分切るだけという手っ取り早さからきたものだと思いますが・・

最近妹は友達の家でしその葉を薬味にしたそうめんをいただいたみたいで
それがおいしかったと言っています。

他にもインターネットでサーチしてみたら梅をいれるとか山芋をいれるとかいろいろあってびっくり!

てんぷらを具にするというのも出てきました! おぉ~~~!

今度そうめん食べるときは試してみようかな♪





ごちそうさまでした~~!!!!!!

大相撲 名古屋場所

みなさん、こんにちは、ジェイホッパーズ飛騨高山マツです。

この間、大相撲名古屋場所が行われましたが見に行ってきました。しかも運がいいことに魁皇が新記録を作った日に。

テレビ中継はいつも3時半頃からやってますが大相撲って朝8時頃からやってるんですね。当日のみ買える自由席がありましたが、料金が3000円くらいでした



















大相撲人気の低迷により、大記録がかかった日でも空席がちらほらありました。


しかし魁皇の一番では、いつもの「か~いお~」「か~いお~」コールで大盛り上がりでした。しかも勝ったので場内、大盛り上がりでした。感動しました。先日引退されましたが、23年余りの現役生活お疲れさまでした。

























 そしてもう一つ感動したのが、親方をしている、元貴乃花が審判をしていたのですが、ずっと同じ姿勢を保ち、背筋をピンと伸ばしている姿です。さすが元大横綱だと思いました。
↓(左側の審判)





2011年7月30日

富士山




17日、久しぶりに関西から出て、富士山登ってきました

富士山、予想以上にしんどいじゃないですか!!!

靴履いていってよかったー。

5合目までバスで行って、2:30ぐらいから登りはじめました。

9合目ぐらいから、頭痛くて、登るんなかなかしんどかった。もう登山は当分行きたくないわー


なんとか 8:30ぐらいに頂上に到着したけど、宿は全部閉まってる。。。

まーいいか!と思い、外で寝てたら、台風のせいか風強しいし、めちゃ寒い。

下、半ズボン、上は、Tシャツの上にジャージだけやったから、凍え死にそうでした!

寒すぎて、あーもう終わりや! 思ったので、究極の手段で、近くの大きい洗面所で寝ました 笑。

すでに洗面所の中に、4人ぐらい外人が寝てた!!!笑。

寝てたら、いつの間にか人が増えてて、外人10人ぐらいなってた!!!!

みんなもっと準備、下調べしろよ! まーぼくもか。



とりあえず、日本一高いだけあって、富士山きれいでした!

2011年7月29日

ゆり園

こんにちは、ジェイホッパーズ飛騨高山の ぱぴです。

暑い日が続きますが、みなさん体調崩されないようにしてくださいね。

少し涼しいところに行こう!ということで
『ダイナランドスキー場』に行きました。

スキー場とはいっても夏なので雪はありません。
そのかわりに…ユリが咲いています。

ダイナランドのゆり園には 360万輪のユリの花が咲き誇っています。

普段はスキーをはいて乗るはずのリフトに乗り、
山の上のほうに行きます。










いろいろな色のユリが咲いています。
黄色のユリだけでも5種類あるそうです。









奇麗なユリの向こうに青空(この日は曇ってましたが…)。










黄色のゆりのゾーンをぬけて、










「ゆりソフトクリーム」をどうぞ。









詳細はこちら……

http://www.dynaland.co.jp/yuri/

東洋のマチュピチュ。

暑い日が続きますね!この暑い中私、お休みをいただきまして松山は道後温泉と別子銅山へいってまいりました。

初めての四国に高鳴る胸、そのドキドキも広島港から出発のフェリーにのり座敷スペースに寝転んだ瞬間には睡魔へと変わり目覚めると松山に到着。


初めての道後は結構こじんまりとしたでも素敵なゆるさを併せ持つ温泉街でした。
道後温泉本館の周りにはたくさんの旅館やホテルが立ち並び、足湯やおみやげ物屋、浴衣で歩く人もたくさんおりました。




正直、お風呂に長くつかっていられないのですが、やはりお風呂はいいですね。
「ああいい湯だな~」とかいっちゃったり。
一日に3箇所でお風呂に入ったのはこれがはじめてでした。やっぱり道後温泉本館は味があってすてきでした。
でも何故か脱衣所でおばあちゃんに子作りの大切さを力説されました。


そして次の日には別子銅山へと足を伸ばしてみました。
のんびりするためにいったのに結局歩き回ってしまった。



別子銅山の特に東平地区は東洋のマチュピチュとよばれているようです。
この場所にいくまでにかなり山道を登っていくのですが、ここまでの高さに別子銅山採鉱本部が置かれていたなんてすごい。
かなり異様な雰囲気でテンションがあがったのは言うまでもありません。



端出場地区にはマイントピア別子が整備されており、鉱山鉄道敷跡を活かした観光用鉱山鉄道、火薬庫跡を活かした観光坑道などの地中展示施設のほか、砂金採り体験パーク、温泉保養センター、売店・レストランなどがありました。


次回は足尾銅山にいきたいですね。

2011年7月28日

能登。

みなさん夏を楽しんでいますか??

飛騨高山にはキレイな山、川がたくさんあるのですが、

たまに、海が恋しくなってしまうのです。

ということで能登半島に行ってきました!!

ギネス公認の世界一長いベンチでまったり。










もちろん海をENJOY!!!










まだ海開き前なので私たちの貸切でした★





ドライブ中にいろいろな景色を満喫しました!!

機具岩、千枚田、ゾウゾウ鼻(象の鼻の形の岩!!)

バーベキューに、花火に夜も海を楽しみました★

そのあとは。。。

みんなでトーチアートに挑戦!!




hida 2011 Noto!! いい思い出になりました★


まだまだ暑い日は続きそうですが夏を楽しみましょう!!!

2011年7月27日

ネイティブ”アメ村”人率いる 御津宮夏祭り

去年、ある環境活動家の人の話を聞きに行った時のこと。リンク
その人の話の前に、友情出演でジャンベ(アフリカン太鼓)の演奏があるとか。

「この殺風景な普通の会議場みたいな場所で、ジャンベ?!
そんなん盛り上がるんかいな・・ 」

と思っていたのも彼が演奏を始めるまでのこと。
たった一人で現れ、その殺風景な会議場の雰囲気を、演奏を始めてものの5分くらいでアツい雰囲気に変えてくれた。

あまりのエンターテイナーっぷりに、「この人、何者?!」と思い、帰って調べてみたところ、この記事を発見。以来、彼の音楽と人間性がすっかり大好きに。
http://data.livex.co.jp/okonomi/9710/top.html


その時に彼本人も言っていた、アメ村を盛り上げようと彼が発起人となって始めた、アメ村にある小さな神社での夏祭り、御津宮(御津八幡宮)の夏祭りに先日行ってきました。

http://www.ittoko-minami.net/calendar.html?sid=summer&aid=mitsuhachimanguu

話に聞いていたとおり、こんな有名なアメ村の中にありながら、今まで全然知らなかったくらいひっそりとある小さなお寺。でも大きな木がでんと立ち、趣きはたっぷりありました。
他のお祭りと違う、と感じた一番の原因は、場所がアメ村なだけあって、お店を出してる人も「若くてオシャレな人ばっかり」。ちょっと学祭ノリだけどその人と一緒にアメ村を盛り上げようとしている感じが伝わって、居心地よかったです。
もちろん私のお目当ては彼の演奏。
前回聴いたときはソロでしたが、今回はこれまた男前の2人のギタリストとコラボしての演奏。
ジェンペと超ロックという組み合わせでしたが、これがスゴイ!!!
観てるだけで指がつりそうになるすご技のギタリストに、ジェンベだけじゃなくあらゆるものを叩きまくって音を操る大二郎さん。自然にカラダを動かしたくなる、動かさずを得れなくなる彼のパワーは本当にスゴイ。
またいい時間を過ごさせていただきました。
いつまでもそのアツい演奏、聞かせてくださいね!!

2011年7月18日

京都の夏の風物詩~祇園祭・宵山

7月の京都はとにかく暑いです・・・いや熱いどすなぁ・・・。

祇園祭・宵山の話です。

古来、日没とともに一日が始まるとされた。従って、祭の一日は、今日風に言えば前日の夜から既に始まっており、それが宵山なのである。 祇園祭の宵山は、各山鉾町の駒形提灯に灯がともり、鉾からは祇園囃子が流れ、町会所などには、山鉾の人形・織物・金具などが美しく飾られ、お守りを売る浴衣姿の子供たちの童歌を聞くことができる、最も祭の風情が盛り上がる時である。 ふつう山鉾巡行の前夜16日が本来の宵山であるが、近年は14日、15日に拡大して宵山と称しています

今年は宵山初日(14日)に行ってまいりました。
八坂神社では偶然長刀鉾の方たちと遭遇

みんなでおみこしをお参りしてから八坂神社から四条通りを西へ鴨川を渡り、河原町通りを過ぎるとそこは祭です。たくさんの人、たくさんの出店、たくさんの浴衣です。最近は海外からのお客様もマイ浴衣持参で来られています(これはまさに楽しむ覚悟でいらっ祭ですね!!)

月鉾の前で一枚

♪ろうそく一丁どうですかぁ?~~♪の歌で有名な南観音山
 
♪コンチキチン×2♪と鳴り響く祇園囃子をききながら歩きにくい人ごみを避け家路へ・・・の途中立ち寄ったのは祇園囃子の続きを奏でる四条河原町のナムコタワー(!?)

浴衣 de DDR豪華2本立て!!(?)です。どうぞ!!









7月京都の風物詩~京都大作戦2011



「今年も楽しむ覚悟でいらっ祭」のサブタイトルどおり7月9・10日の2日間は灼熱の太陽の下ホント楽しませて頂きました。大作戦皆勤のminasyoです。ジェイホッパーズ京都にも大作戦のために宿泊してくださっていた兄弟(10-Feet風に言うと)がおられたようで、みなさん楽しまれましたか?

日本中?いや、世界中探してこれほど楽しいフェスがあるんでしょうか?(ま、他行ったことないけどね・・・)とても素敵なフェスが京都で毎年行われていることをみなさん知ってました?これは間違いなく唯一無二です。

主催者の10-FEETをはじめそこに集まったアーティストの顔ぶれといい、そのパフォーマンスといい
フードコートのポンの・・・ではなくポンのとなりブースの長蛇の列といい
ダイノジ大地のゴマだしうどん(HOT)といい・・・。
昼間っからビール飲む感じといい・・・大人の贅沢な時間です。
1日2万人も来ているのに10分に一回知り合いとすれ違う地元感覚もいいしね

10-FEETはモチロンですが、初日のハイライトなんといっても「難波章浩」兄さんですね!!
♪STAY GOLD♪
をまさか1日に2回(難波バンドver,+10-FEETwith難波さん)も聴けるとはこれも大作戦特有の贅沢
9/18 Air Jamは期待大ですね!!



2日目の開演前。普段は絶対行かないモッシュピットで次の演者を待ってる風に・・・
「みんなこっからダイブしてんのかぁ・・・」(※モッシュダイブは原則禁止らしい・・・)



来年は出演してるかもな新進気鋭のコミックバンド(?)
実は狼(Man with a Mission)の正体(?)・・・ではない。

本日の演者のちょうちんの下でチャットモンチー風発見!!

DragonAshのKjがriverで即興暴露したり(笑)
サンボマスターの山口さんが熱く熱く福島の歌うたったり
3年ぶり響都・ロットンの「マンダーラ」が昼間から胸に突き刺さったり
産休明けのMINMI姉さんがRockに暴れまくったり(笑)
マキシマムザホルモンが・・・ま、なんとも形容しがたいLIVEでとにかくすごかったり(笑)

アンコールでリンダリンダが歌えなかったり・・・

とにかく
楽しい時間はあっという間に過ぎて今年も無事「終幕」

終わった途端に来年が楽しみでしゃ~ないイベントでした。
来年はぜひ皆さんも!!⇒ 京都大作戦2011

おっと、その前に、
過ぎ行く夏を送るべく大作戦の主催者10-FEETも参加する京都が世界に誇る唯一無二な野外フェス「京都音楽博覧会2011 in 梅小路公園」が9/23にジェイホッパーズ京都からは徒歩圏内の梅小路公園で開催されます。

主催者はこちらも京都出身の「くるり」さんです。チケット先行受付中ですね。

こちらは今からでもまだ間に合います⇒ 京都音楽博覧会2011 in 梅小路公園

ジェイホッパーズ京都は今のところまだ若干の空室がございます。
チケットとともに宿泊の手配もお早めに⇒ ジェイホッパーズ京都ゲストハウス


以上、LIVEレポートでした。 ん(?)

自転車で比叡山頂まで

京都の周りの一番高い山は皆小山(972m)、愛宕山(924m)と比叡山(848m)です。皆小山はまだ行ったことはありませんが他の二箇所にはハイキングかサイクリングですでに走ったことがあります。ただ、自転車で山頂までに一箇所も登りませんでしたので大分前からこのチャレンジを狙っていました。先週やっと比叡山と戦いました。
先ず、山頂までの行き方を調べました。予想したとおりに、誰かが自転車で行きたいと思われていなくて自転車が走れる道路はありません。行ける一番近いところは県道30号で比叡平(400m)でした。そこからドライブウェイになりますので自転車で通れません。県道30号はまだ走ったことはありませんでした。大津に行くためにもっと南を通る143号を使う癖がありました。標高は低くて走りやすいですがずっと市内にいると嫌な道路です。では、比叡平を向かいました。
地図を見るとわかりますが、30号は川を沿うって山を上る素敵な道路です。自動車が少なくてかなり安心しました。また、比叡平までに遠いくせに険しくないですのでらくでした。びっくりしたのは京都を眺めるところは全然ありませんでした。
ドライブウェイの入り口ではお願いしても入りませんでしたが、係員と話して大津から道があると言われました。しかし、自転車で走れるかどうかわかりませんでしたし、どこにあったか覚えていませんでした。さらにもう上って来た標高を無駄して大津まで降りて、そこから再び登り始めるのは大変な回り道でした。でも、上まで行く決心をしていました。
インターネットで調べた上で一つの選択しかありませんでした。坂本ケーブルカーに行って、通れる希望しながらハイキングコースを上る。
では、大津へ降りました。比叡山の西側が険しくない逆に東側はとても傾いています。急カーブと凸凹な地面の苦労でもスピードをかなり出しました。ブレーキは騒ぐ馬みたい叫んでいました。安全な区間では琵琶湖を綺麗に見えるきっかけもありました。
大津についてから47号ですぐケーブルカーに着きました。大津市よりちょっと高く走るのでそこからも琵琶湖がよく見えます。ついに、ハイキングコースに入りました。登山の入り口の標高は80m、山頂は848mでした。きつい時間になりそうでした!出発する前にたくさん食べて、飲んで、休憩しました。
入り口のところはコンクリートでした。大丈夫でした。ちょっと後、森に入って、まだ大丈夫でした。岩が段々出てきて、自転車を担ぐところになりましたがまだ大丈夫でした。そして、岩だらけ、雨裂でグチャグチャになったところが増えて、もう大丈夫ではありませんでした!でも危なくなかったから自転車を肩に担いで進み続けました。
4分の3を登ったら、精力を出し切れた状態になりました。長い休憩して、インターネットで残る距離を詳しく調べました。Galaxy Tabでインターネットに接続ができてとても助かりました。なかったなら安全のために諦めて降りたと思います。遅くなると帰りについて心配していました。ちなみにどうやって帰るかまだわかりませんでした!
けれども、改めて進みはじめて、少しずつ残ってた距離を歩きました。やっと延暦寺に着きました!




改めて休憩して、たくさん食べて飲みました。山頂にはやっぱり空気が清くてひんやりしますね。体が冷めないように長く止まらないで出発しました。
疲れの影響で帰り方を間違えました。先に、タクシにドライブウェイの入り口まで運んでもらいたかったですが、タクシはありませんでした。呼んでも、有料な道路ですから来るか、いくらになるか、気になって考えを変わりました。ケーブルカーの方へ走りました。自転車があると言うと「乗れない」との返事がすぐ来ました!ただ、折り畳みの小型自転車だったから異常許可をもらえました。
それで大津までケーブルで降りました。



帰り方を間違えたと書いたが、家に帰ってから地図をゆっくり見ると、西側にあるハイキングコースを通るほうが当たり前だったとわかりました。八瀬比叡山口は近い、東側より険しくないと思う、太陽の光が遅くまで当たる、山の両側を走ると大成功だったでしょう。または、厳しいすぎたので同じコースを二回しないと思います、両側を走るチャンスのただ一つを逃がしました。しかし、東側を登れて、西側を登れる安心になりました。今度はこちで自転車できっと遊びたいです。
ケーブルカーで早く大津に戻りました。そこから、同じ道路で比叡平まで登って京都へ帰るしかなかった。時間や道の心配もう無かったですから最後の上り坂をスローペスで越えました。一方、峠まで交通が危なかったです。一方、峠から京都まですごく楽しかったです。カーブは優しい、地面の調子がいい、長かったです。安全にスピードをたくさん出して、長く走りました。汚くて煩い街に戻る前、とても気持ちがいい終わりでした。
走った時間:7時間半、距離:50キロぐらい、上った標高差:1.400m

2011年7月15日

ゆかいなフリアコちゃん@ジェイホッパーズ京都

こんにちは。

最近人間学を勉強しはじめましたジェイホッパーズ京都のアズーバです。
人はそれぞれ違うからこそ面白い。誰もが正しい人間なわけではない。
人と人が繋がってこそ世界が始まる。

深い話からの~

ジェイホッパーズ京都のこゆ~いフリアコメンバーをご紹介します。



ドイツ人のまてあん(本名はマティスらしい)
ここ最近出会った外国人の中で一番日本語が上手い!
料理がとても上手で、将棋を趣味にしようとしてます。
いつもは先輩か親分って呼んでます。



イタリア人のフェデちゃん(本名はフェデリカらしい)
ちょっとシャイな可愛いフェデちゃん。
先日22歳を迎えました~。
語学学校で日本語を勉強しています。
ピアノが趣味。



日本人のコイちゃん(本名は徹平ではなく陽平らしい)
今は何よりもフジロックで頭がいっぱい。
ス○バで緑のエプロンつけてるらしい。
カラオケで歌うコイちゃんの声はまるでミスチル!
"すっごい"よぉ~
いつも優しく気配り上手だけど、実はめっちゃ人見知り。
もうすぐジェイホッパーズ卒業します。
ありがとう。


先日このメンバーでバンド結成しました。
その名も
”チームエアー”

私とマテアンは楽器が出来ないのでエアータンバリン&ドラムで参加。
フェデちゃんもピアノがないのでエアー弾き語り。
もう少し上手になったら動画披露します。



最後に・・・

ナイトスタッフのショウエイくん*写真右(本名はケンスケらしい)
先週からスタートした新メンバー。
イギリスから帰国したばかりの
長身バスケボーイ!
夢や目標がありたくさん刺激を与えてくれます。
世界に羽ばたく期待の新人です。



彼らを見かけたら気軽に話しかけて下さいね♪

Ciao!

2011年7月14日

進め、肉食女子

バーベキューの網の上でこげていくカルビみたいに、太陽にじりじり焼かれていく日々を、
いかがお過ごしでしょうか。ジェイホッパーズ京都のかりー(しばた)です。
土用の丑の日はもう少し先ですが、この暑さ、うなぎまで待てない!ということで、
チーム精力増強は、フライングいたしまして肉を食べにいきました。



「アジェ」という、わたしにはアジャ・コングしか連想させない名前のその店は、
高瀬川沿いにあります。かなりおしゃれです、場所は。
店内から川は、あんまり見えません。念のため。


かなりの人気店のようで、店の外には倉庫のふりした待合室があります。
テレビ(アナログ)では躊躇なく阪神戦の生中継。




待つこと15分。ようやく席へ通されます。
間髪いれず「ホソ(塩ダレ)」をたのみます。このお店の暗黙のルールです。




「ホソに始まり、ホソに終わる」。




あちこちのテーブルから炎があがり、店内は一見したところ、
ちょっとしたぼや騒ぎのような様相です。もちろん誰もそんなこと気にしません。
それ以上の黒にはなれないだろ、くらいの本気系黒色を帯びた換気扇は、
黒すぎて回っているのかどうかも、目視できません。
そして高瀬川から吹くそよ風にあおられた煙は、わたしたちの両目を直撃します。



ホルモンの油にやられ、
青唐辛子の逆襲にあい、
自称B級やきそばの濃厚さにボディーブローを食らったわたしたちに最後に手渡されるのは、
ひえひえのおしぼり。



この心境は試合を終えたアジャ・コングのと等しいのではないかとわたしは確信しています。



「京都といえば豆腐料理」、「女子はだまってノンオイル」「女はだまって三歩後」
なんてことを言っていると、
「アジェ」による返り討ちもしくはアジャ・コングによるモヒカン刈りにあいますので、
ご用心。



ホソ・・・牛の小腸 プリップリの油 噛むとじゅわ~と口中に油が広がります

▲Green Green Music Festival 2011▲



暑い日が続きますね。みなさん夏バテしていませんか?
周りが夏バテする中、ただ一人食欲が止まりません。デブの道まっしぐらです。


と、梅雨が明けて夏らしい日が続く中。
わたくし、今年初のフェスに行って参りました!
その名も
「Green Green Music Festival 2011」



このフェス。わたくし初めて知ったのですが毎年行われているようで、場所も広島市から車で2時間ほどの福山の神石高原町であります。
そして驚くべきことに、このフェス、会場がなんと広信寺というお寺であるんですよ。
いやあ、なんて心のひろい住職さん。理解がありますね!!

今回のゲストは、FIHANA、KEISON,KGM with t.o.no&naota-G,Leyona,NAOITO,Spinna B-illという豪華6組のアーティストが参加していました。

正直HIFANAしか知らなかった私ですが、あの空間で聞くとどのアーティストもとってもかっこよくて素敵でした。
NAOITOは今回初めて聞いたのですが、あの渋い歌声とメロディー、すべてがゆるーく楽しめました。

しかししかし、一番感動したのはやはりトリのHAIFANA!!!!




セッティングの時から、今までバンド演奏だったものからMP3やタンテの設置。そして大きなスクリーンも!!!!始まる前からドキドキでした。楽しいことが始まらないわけがないこの楽しい緊張感!!

実際の彼らのPLAYは最高にかっこよくて、昼から昼から飲んで騒いでいたにもかかわらずみんなで叫んで踊って楽しい時間が過ごせました。

12時から開園していたイベントも21時半過ぎには終了し、みんなでSAでラーメンをすすりつつ、いい時間がすごせたとしみじみ帰宅したのでした。



9月には広島、宮島の包ヶ浦海水浴場にて「Festa de RAMA」が開催されます!
私が大好きな京都のNABOWAも今回は参加するそうです。
ううむ。見たい!
みなさんもこの夏はいろんなフェスに出かけましょう~~~☆