2011年7月27日

ネイティブ”アメ村”人率いる 御津宮夏祭り

去年、ある環境活動家の人の話を聞きに行った時のこと。リンク
その人の話の前に、友情出演でジャンベ(アフリカン太鼓)の演奏があるとか。

「この殺風景な普通の会議場みたいな場所で、ジャンベ?!
そんなん盛り上がるんかいな・・ 」

と思っていたのも彼が演奏を始めるまでのこと。
たった一人で現れ、その殺風景な会議場の雰囲気を、演奏を始めてものの5分くらいでアツい雰囲気に変えてくれた。

あまりのエンターテイナーっぷりに、「この人、何者?!」と思い、帰って調べてみたところ、この記事を発見。以来、彼の音楽と人間性がすっかり大好きに。
http://data.livex.co.jp/okonomi/9710/top.html


その時に彼本人も言っていた、アメ村を盛り上げようと彼が発起人となって始めた、アメ村にある小さな神社での夏祭り、御津宮(御津八幡宮)の夏祭りに先日行ってきました。

http://www.ittoko-minami.net/calendar.html?sid=summer&aid=mitsuhachimanguu

話に聞いていたとおり、こんな有名なアメ村の中にありながら、今まで全然知らなかったくらいひっそりとある小さなお寺。でも大きな木がでんと立ち、趣きはたっぷりありました。
他のお祭りと違う、と感じた一番の原因は、場所がアメ村なだけあって、お店を出してる人も「若くてオシャレな人ばっかり」。ちょっと学祭ノリだけどその人と一緒にアメ村を盛り上げようとしている感じが伝わって、居心地よかったです。
もちろん私のお目当ては彼の演奏。
前回聴いたときはソロでしたが、今回はこれまた男前の2人のギタリストとコラボしての演奏。
ジェンペと超ロックという組み合わせでしたが、これがスゴイ!!!
観てるだけで指がつりそうになるすご技のギタリストに、ジェンベだけじゃなくあらゆるものを叩きまくって音を操る大二郎さん。自然にカラダを動かしたくなる、動かさずを得れなくなる彼のパワーは本当にスゴイ。
またいい時間を過ごさせていただきました。
いつまでもそのアツい演奏、聞かせてくださいね!!

0 コメント: