2011年10月13日

バルサン中です 沢口

みなさんこんにちは。ジェイホッパーズ京都のかりー(しばた)です。


私事でたいへん恐縮ですが、最近、京都市は南区「東九条」という素敵な町に
引っ越して参りまして、(ひがしくじょうって変換したら東苦情って出た・・・)
食べ過ぎた引越しソバを消化しようと、日々散歩にいそしんでおります。

そしてこんな偶然があろうことか、ジェイホッパーズ京都ゲストハウスもまた
この「東九条」にあるのですねぇ!
というわけで今回は「東九条」という町を、
勝手にアド街っく天国したいと思います。




京都といえば、上品ではんなり、食事は湯葉というイメージがありますが、
同じ京都でも東九条はほかの場所から鉄のカーテンでも引かれているのかなんなのか、
露骨で混沌、食事は焼肉という実情です。


大通りの植え込みには、こんなスローガン。


言いたいことはわかるような、でもやっぱり意味不明なような・・・


国をあげての陰謀でしようか。

気を取り直してコーヒー屋を探すと70年代の残党のような店が。



何にトライしたいのか。いや、その意気込みは大事ですが、もっと別にトライすべきことがあるのでは。公文式と見間違う光景です。
「食堂・土地」なんていう名前の店もありました。北海道のシチューでも出でくるのかい?
なんかもう、ネーミングセンスがスパークしてます。

橋の上から東九条をのぞみます。
天気のせいもありますが、ベトナムあたりのメコン川沿いの雰囲気を彷彿とさせますね。


このあたりはどことなく東南アジアの空気と似ているような気がします。
20歳くらいのとき、たいした荷物もかかえずうろついていた場所です。
自分が今まで見たことがなかった色や味やストーリーがあって、
ひとの臭いとほかの臭いがぐるぐるになっていました。
もしかしたらそういうものに惹きつけられて、そんな場所にまた戻ってきたんじゃないかとか思うメランコリーな散歩は、陽の出ている時間限定です。


近頃じゃ、東京の新大久保がコリアンタウンだなんて浮かれ立っていますが、
ポテンシャルだけで言えば、東九条だって負けていません。
ジェイホッパーズ京都にお越しの際、
究極に時間を持て余したら、陽の出ている時間限定で、
ぜひ東九条も歩いてみてください。
カンボジアに学校建てに行くより刺激があるかも、またしれません。

3 コメント:

かりーちゃんの日記好きだわよ~。
うちもバルサン中の時にはちゃんと張り紙しようと思います。

次はもっとディープな京都を周るぞー!こないだはご迷惑かけました。楽しかったよ^^

いつもお世話になってます。
カフェトライ・・・私が知る限りレンタルビデオ店
お好み焼き屋・・・もんじゃ焼き・・・・作業着屋さん・・・カフェ・・・居酒屋さんとかもしてたかな・・・結構今までいっぱいトライしてますよ。
それと・・・・酒樽の横に・・・かりーちゃんが写ってるwwww

ちかちゃん>>こちらこそー!!また来てね。日中限定で、ぜひ東九条へいきましょう~もちろん鬼吉さんも同伴で♪
バルサン~~~~

鬼吉さん>>なんでも屋さんなんですねっ!トライ。公文式はやってないんですかね~??盗撮してる自分が逆に写ってしまうとは。。。