2011年11月12日

もうすぐ見ごろです。

こんにちは。
ジェイホッパーズ飛騨高山ゲストハウス ぱぴです。

高山の短い秋はもうそろそろ終わりを迎えそうです。
雪虫も見かけましたし、
市内の紅葉は今が盛りです。

ジェイホッパーズ飛騨高山ゲストハウスから徒歩5分ほどのところに
「飛騨国分寺」があります。

ここにはとっても大きな銀杏の木が!

樹齢推定1250年の雄木で、たくさん垂下する気根(空気中にでる根)を乳房に見立てて
「乳イチョウ」とも呼ばれてます。
由来については往昔行喜菩薩の手植と伝えられ、乳の出ない母親がここでおまいりすると
乳がよく出るとも言われてます。

根元には子育地蔵尊が祭られてあります。

昔から国分寺のイチョウの葉が全部落ちたら雪が降るとも言われてます。

先日この近くの親戚の家に行った際に国分寺にも行ってみました。

80%と言ったところでしょうか?


紅葉の具合は下記WEBサイトでも確認できます。
http://www3.ocn.ne.jp/~kokubun/icyou/icyou.htm

お昼頃に行くと既に掃除されてるのですが、
朝早くに行くと一面が黄色のじゅうたんのようになっていてとてもキレイです。

0 コメント: