2013年2月12日

広島・宮島へ旅に出る。

先月、予てからの憧れの地、広島・宮島へ旅行へ行って参りました。


夜行バスで京都・八条口から、何のアナウンスも無いままバスは発車し。
広島駅の八条口側的な側に、予定時刻1時間も前に何のアナウンスも無いまま急に到着。

「広島駅到着しました~こちらまでのお客様はお降り下さい~」の知らせに寝耳に水状態。運転手に目で急かされ、上着もうまく着れていないまま上陸しました。

初の広島!

雪がほろほろ降る中、早朝4時に広島花に到着しましたー!ウェブサイトのクリアな地図に感謝。

少し仮眠をし、

まずは宮島へ!

高校日本史の資料集で一目見て以来、ずーーーっと行きたかった宮島へ!

フェリーを降りてどうせ厳島神社に行くんだろう?とフェリーからずっと一緒だった謎の高校生集団の後ろを1ミリも疑わずついていきました。

歩きました。



高校に到着しました。

無言で方向転換しつつ、われわれはついに!念願の。。。







 厳島神社!美しい。綿毛のようにふわふわ靡く繊細な雪が、よりロマンティックに感じさせました。
盛者必衰なんてとんでもない。平家の栄華はここに極まっておりました。


もみじあげ3種を食べ、牡蠣フライ、焼き牡蠣、穴子飯。

奈良の少々獰猛な鹿と比べたら、とても気品ある宮島の鹿たちと戯れたのち。後ろ髪を引かれる思いで帰りのフェリーに乗り込みました。

次は引き潮の時にぜひ行きたいです。

2日目は広島市内を見学。でも中身が詰まりすぎてて書ききれません。

岡松さん、お会いできなかった広島スタッフの皆様、ありがとうございました♪










0 コメント: