2013年4月23日

広島は小さな街です、でも大きな歴史があります・・・

こんにちは、J広島の奈美です。あっという間に桜が散り、暖かくなるのかと期待していたら、なんだか冬に逆戻りしたようなお天気が続いていますね。
まだまだ油断はできませんよ☆
こちら広島は、5月のGWに向けて少しずつ街中もフラワーフェスティバルの準備がはじまりました。(詳しくは、ググってくださいまし♪)
 広島はそれほど大きな街ではないですが、 イベントは盛りだくさんで、そのために人々が力を合わせて頑張っている、という感じですよ。
街中でも、ボランティアさんなんかが落ち葉を掃いてくださっているのを出勤中に見かけます。
一人の力は微力ですが、人が集まればおっきな成果が出るのですよね♪

さて、私事なのですが私の祖父母は被爆者です。
長く生きてくれましたが、日常生活にその影響もきっとあったと思います。 
被爆されたかたは、被爆者手帳というものを持っています。
私にとって祖父のそれは形見のようなものですね。
大きく深い過去の記憶を私に語ってくれたことがあります。
そして今度は私が日本の次世代や海外に発信していけたらなぁ。
Jのゲストの方は本当世界中から来られますね。
私たちスタッフにとってゲストさんとの出会いはとても楽しくもあり、勉強にもなります。
広島に来て下さる意味をきちんと考えつつ接していきたいですね。


1 コメント:

広島の宿だからこそ伝えられるモノがあるはずですよね。僕も問題意識はあるもののなかなかアクションを起こせないので反省してます。またいろいろ話しましょう!