ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

2013年7月29日

この夏の流行は…

はじめまして!
初めてブログを書きます!ジェイホッパーズ飛騨高山にこの4月から新しく加わりました、「ちあき」です。皆さん、よろしくお願いします。

高山に来て3ヶ月が経ちました。高山は、涼しいイメージがあったのですが、高山も夏は暑いんですね…。日中は30℃を超える暑さで、長野県出身の私には結構きついものがあります。最近の口癖は、「あついー」です。そして、最近ハマっているアイスは、ローソンの濃厚ミルクワッフルコーンです。(笑)

そんな暑い夏ですが、最近ジェイホッパーズ飛騨高山で流行っていることがあります!

それは、「浴衣交換」です。

現在、ジェイホッパーズ飛騨高山には、計11着の浴衣が勢揃いしています。国際交流パーティーのボランティアの方やスタッフで集めたら、こんなにも集まりました。女の子って意外と浴衣を何枚も持っているんですねー。

先日の朴葉寿司パーティーの際も、お客様に浴衣をレンタルし、浴衣試着体験を行いました。浴衣を着るのが初めてというお客様もいらして、すごく喜んでいらっしゃいました。また、カップルの方は、浴衣を着たカールフレンドに惚れ直しちゃうなんてこともありましたよ♡下の写真が、その時の浴衣ガールズです。




「日本の文化や高山の文化が知れてよかった」という声も頂き、よいパーティーになりました。みんな、キレイ!!

そこで、こんなに浴衣があるのに着ないのは、もったいないということで、「浴衣交換」が始まりました。自分のもの以外の浴衣や帯を貸し借りして、新しい自分を発見するという素晴らしい企画(?)です。そして、なんと言っても、夏らしい!日本らしい!かわいらしい!!

本日もみんなで浴衣を着て、ご近所のゲストハウス「とまる」さんのイベントに参加してきました。見よ、このイメチェン!!


浴衣・帯の色で全然イメージが変わりますね。
この夏も始まったばかり。まだまだ高山にも夏のイベントが目白押しです。花火大会やライトアップイベントなど、浴衣を着るチャンスが沢山あります!!そして、来月8月もゲストの方に浴衣をレンタルするイベントをやろうと思っていますので、みなさん、ぜひ飛騨高山に足を運んでいただき、共に浴衣を着て、日本の夏を楽しみましょう!


<飛騨高山イベント情報>
http://www.hida.jp/


J-Stay主催BBQパーティー

みなさん、ご無沙汰です。
J-stayのタニです。

昨日、J-stay初となるBBQパーティーを開催いたしました!
当初の予定では14日に開催予定だったのですが、運悪く悪天候のため順延となってしまい、28日に満を持して開催される運びとなりました!!
開催当日は天候にも恵まれ、無事に開催できたのですが、初めての開催ということもあり、あっという間に一日が過ぎてしまった印象です。

ただ、パーティー当日は当初の予定参加人数よりも多くの方が参加してくださり、ワイワイと楽しい時間を過ごしていただいたようで良かったと思います。
バーベキューの途中には、豪華景品も当たるビンゴ大会やテキーラタイム、焼きマシュマロ作りなど、皆さん思い思いの時間を過ごされていたように思います。
何より本当に見れて嬉しかったのが、普段は会うことの無い違う物件の方達や、その友人の方が他の参加者の人たちと輪になって談笑している光景は、本当にBBQパーティーを開催して良かったと思いました!!!

次回も必ず開催されると思いますので、皆さんももし予定が合いましたら是非是非参加してください!!

最後に今回のBBQ参加者の方達の集合写真を載せておきます!!


2013年7月25日

寿司

みなさん★日本にきたらお寿司、食べたいですよね~!
今日は皆さんに食べてもらいたい寿司ネタご紹介します。

【甘海老】
名前の通り甘くておいしいです。


【かずのこ】
ニシンの卵です。 日本では子孫繁栄の願掛けとしてお正月によく食べます。


【うに】
一応動物に入るそうです。この味は本当独特です!



【はも】
今の時期おすすめです!


【えんがわ】
ヒラメのひれです。


柿の葉寿司
奈良の名物です。



ちなみに私の好きなネタはサーモンといくらです。
女性に人気ナンバー1のネタはサーモン、男性に人気ナンバー1のネタは中トロだそうです!

ここから10分ぐらいのところにおいしそうな寿司や発見!
ちょっと値段は張るけど、回転ずしとはネタも雰囲気も違うぞ~~!
http://www.sushi-kaiba.jp/index.htm

2013年7月24日

綾部、しませんか。


メキシコで働いていた時、アッコちゃんという素敵な女性と知り合いました。
彼女は私と同い年で、関西出身。大学は違うものの、芸術学部というのも同じ。話を進めていくと、私と同じ大学のゼミに居たカブちゃんが、アッコちゃんの高校時代の部活仲間だったということが発覚!世界というのは案外狭いもんです。

カブちゃんは芸大を卒業後、丹波篠山の窯での修行期間を経て、現在は京都の綾部で農業をしながら苔柿窯という工房を持っています。 

とある快晴の日、今ではひとつ屋根の下で暮らすシェアメイトとなったアッコちゃんと、綾部まで行ってみることにしました。
 




 工房の前には大きな窯と青いロッキングチェアー。ひまわりも咲いています。ヨーロッパの映画に出てきそうな感じ。








 工房の中。センス良く並んだ道具やら雑貨やら、、、




 ツバメも乱舞していました。






 工房の2階のフリースペース。床も窓もカブちゃんによる手作り。
じっくりと腰を据えて自分の居場所を築く彼女には脱帽。






 彼女の生活を見ていると、スペインでWWOOF生活を思い出します。
自然とともに生きる。でも無理はしない。人生を楽しむことが第一ですからね。
(とはいえ、私はせいぜい2ヶ月のお試し田舎体験。)






 手作りバナナシフォンにかくれんぼしているのは、カブちゃん作のかっぱくん。
 家庭菜園から収穫したブルーベリーにかくれんぼしているのは、こけしちゃん。





 
 この歳で独りでいると、それだけで考えることがあるのです。
孤独は心に、体に悪さをします。それと仲良く付き合っていく方法を見つけないといけません、なーんて。
(写真は綾部で見つけた貫禄ある薬局のもの。)





 日が暮れる前、おしゃべりしながら夕餉の支度。
みんなでおいしい物を囲めば、疲れも悩みもリセットできますね。





 京都から綾部まではJR嵯峨野線で1時間。
自然と遊びたいとき、何かに行き詰ったとき、理由は何でもいいんです。
綾部でゆっくりしてみませんか。

2013年7月21日

沿ドニエストル共和国

家に帰ったら、沿ドニエストル共和国から手紙が来ていた。
差出人の字が読みづらくてそれが「沿ドニエストル共和国」と書いてあるとわかるまでにだいぶ苦労した。だってこんな名前の国が存在するなんていままで知らなかったんだもん。
国の正式名はРепублика Молдовеняскэ Нистрянэ
(読み方:ブリードニェストロヴスカヤ・モルダヴスカヤ・レスプブリカ)

なんで日本語になったらとつぜん「沿」が出てきたのか。変な名前。
と思っていたら、国際的には主権国家として認められていないらしい。モルドバ共和国の一部扱い。でも実際はモルドバの統治なんか及んでいない。「事実上」、独立している場所。


沿ドニエストル共和国のシュールな映像

沿ドニエストル共和国を世界で唯一、国として認めているのは、ナゴルノ・カラバフ共和国らしい。ナゴルノ・カラバフはアルメニアとアゼルバイジャンが領有権をめぐって対立している地域。
そう、ナゴルノ・カラバフ共和国もまた、国際的には独立国家として認められていない。
世界中でアルメニア以外には。


そんな場所から手紙が届いた。


その場所で、沿ドニエストル共和国の切手を作っている人たちがいて、その切手が貼られた手紙にハンコを押す人たちがいて、手紙を検閲する人たちがいて(これは仕方がない・・・)、どういう仕組みかわからないけれど、とにかく日本に向けて手紙を運ぶ人たちがいる。
わたしが日本からオーストラリアにいる友達に手紙を出すのと何も変わらない方法で。

沿ドニエストル共和国には国家だって国旗だって国会議事堂だってある。沿ドニエストル共和国でしか使えない通貨だってある。
でも非承認国家。
まわりから認めてもらわないと存在することができない。いや、存在しているんだけど、存在していないことになっている。それってどんな感じがするのだろう。


手紙には知人がバザールで見つけたという北朝鮮の絵葉書と切手が同封されていました。お礼の便りを書きたいと連絡すると、「わけあってブカレストの空港で4日くらい暮らしています」とのこと。
うーん。
確かに存在しているのに入国審査上は存在していないことになっている知人・・・。


そういえば長旅のあいだ、日本から遠く離れた知り合いもいないところで何日も誰とも話さないでいると、自分がまるで存在していない人間になってしまったようで不安になって、あわてて食堂で人に話しかけてみたりして。


うーん、存在するとはどういうことなのだろう。ヴィトゲンシュタイン級のこの問いは、夏休みの宿題(後回し)にすることにします。



















というわけで、みなさんいかがお過ごしでしょうか。ジェイホッパーズ京都のしばた(かりー)でした。
もしナゴルノ・カラバフに興味がある方はこちらにいろいろ詳しく書いてあります。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/ussr/nagornokarabagh.html




2013年7月18日

小倉へいらっしゃいましぃ~!

こんばんわ~!

福岡花のななです!

今回は、私の地元小倉に関して書いてみたいと思います!
小倉と言えばやっぱり?小倉城です!お城があるんですよ!!















私が小さい頃とは大分お城の周りの風景が変わりました。

今は、リバーウォーク北九州という複合ショッピングモールが隣に建ち、お城と近代的な建物の
コラボレーションがなんとも不思議な感じです。

このお城、資料の展示だけでなく、江戸時代の小倉城内にタイムスリップできる体験コーナー等もあり、子供も大人も楽しめる場所になっています!

5階の展望台からは、小倉の町並みを見ることができ、殿様気分になれますよ!

小倉城のゆるキャラ『とらっちゃ』もよろしく!


明日から、21日の3日間、福岡県の指定無形民俗文化財に指定されている、
小倉祇園太鼓』が開催されます!

20日は15時半より、小倉城の大手門前広場にて第66回小倉祇園太鼓競演大会が開かれます!
毎年沢山のグループがその演技を競い合います!

今週末、お時間があればぜひぜひ小倉にきてくださぁ~い!!!

あにょはせよ旅行in韓国 キムさんユノを訪ねて・・

アニョハセヨ~。皆さんいかがお過ごしでしょうか?先週の9日に広島花宿の宿直スタッフコナヤンと韓国へ行ってまいりました。
こなやんにとっては初めての海外旅行!!私も一年ぶりの海外旅行!!!二人のテンションは出発1週間前からありえないほどMAX。旅行の話をするたびに思わず小刻みに踊り始めてしまう私。
出発前日に髪を切りたかったのですが前日というのもあり、行きたかった美容院の予約がとれなかったので、ホッ○ペッパーで探し別の場所へ。
はい、出発前にとても気分悪くなる大事件がおこってしまいました・・・中学卒業以来から髪の長さを腰の少し上をキープしてた私。はい、一丁できあがり。”金太郎”。広島に金太郎が誕生した瞬間でした。赤い腹掛けをきてたら、誰もが金太郎と間違えてたことでしょう。あの腹掛け実は後ろは丸見えだそうです。お尻丸出しです。毛先10センチと頼んだはずが毛先をゆうに20センチ超え。

まぁ、そんな悲しみを乗り越え、翌日力強く広島空港から韓国へむけ出発!広島は露も明けたし、気分はるんたった~~。かーらーのー・・・まさかの韓国が梅雨まっただなか・・・

そんなことは気にせずチェックイン後荷物をおいてそのまま近くを観光へ。韓国のおばちゃんみんな同じヘアスタイル。観光名所よりもおばちゃんが気になる。



広島花、福岡花でフリアコしてくれたユノと無事に再開。その足でコンビニでまさかのアサヒビールで乾杯。ユノが日本のビールの方が美味しいって言うから・・・


その晩はこれまた1年前にフリアコしてくれたキムさんと合流して焼肉へ。
”お友達がお金持ちでしゅから、友達のおごりでしゅっ!!”
いらない情報を教えてくれました。



ソージュとサムギョプサルが本当に合うのですよねー。


その次の日は周りの人に強く、本当に強くお勧めされた民族村へ。初めてのバスに大喜び。なぜか運転手に中国人と間違われました。


嫌がるキムさんと無理やりパシャリ。 肩がはみでてる!やる気が感じられん!!とちょっと落ち込みそうになりました。


そして、今回の一番の目的場所DMZ(軍事境界線)へ。 本当は板門店(大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義共和国(北朝鮮)の間に位置する停戦のための軍事境界線上にある村の名前)に行きたかったのですが、予約が取れなかったので、第三トンネルとDMZへ。
日本のお隣の国韓国。まだ冷戦中なんて・・同じ世代の人達が徴兵制度で2年も軍へ服するなんて・・・ 
歴史を直接肌で感じて自分の目で実際見る。本当にいろいろ考えさせてもらうことができたし、改めて日本に生まれてきて両親に育てられてきたことに感謝しました。


いくらセンチメンタルになってもおなかは減るのです。ランチタイムの焼肉店でプルコギをモリモリ食べ、ガイドさんの、お店の奥でユニフォーム試着できますよ!に一番に飛びついた私。


誰も反応を示さなかったので一人でノリノリで数回違うポーズをとり、コナヤンにたくさん撮ってもらいました。
このすばらしい後姿のガッツポーズをとった瞬間、いつの間に外の廊下で順番待ちをしていたお兄さんと目が合いお兄さんは苦笑。ここは開き直ろう。思わず出た言葉が”写真とりましょうか?”


  あっちゅーまの2泊3日でした。次こそは板門店へ行くぞ!板門店へ一緒に行ってくれるかた募集中です。







2013年7月14日

500円の海鮮丼!

先日お客様に教えていただいた「まかない屋」という海鮮料理のお店に行ってきました!

限定30食のまかない屋丼、なんとこのボリュームで500円(゜ー゜*)!!







とても新鮮で、大満足でした~σ(^○^)

他にも限定で美味しそうな定食や丼物がたくさん!しかもほとんど500円!




キャナルシティ、住吉神社の近くにあり、会社員や地元の方々の行列ができていたのですぐにわかると思います!
海鮮好きのお客様にぜひオススメしたいお店の一つですo(^▽^)o♪




屋久島旅行

この間4日間のお休みおいただいて屋久島に行ってきました~☆


いつか行きたいと6年前からずーっと思っていてついに行っちゃいました!


屋久島といえば宮崎駿の作品のもののけ姫の舞台となったことで有名ですよね~。

正直もののけ姫は小学校?の時に見て意味が分からなかった映画として私の頭の中に記憶されたまま放置されてました。


屋久島に行ったことがある友達に行く前に絶対見た方がいいと言われ続けながらも、もののけ姫どうせ見ても分からんしな~、別に屋久島がもののけ姫の場所やから行きたい訳じゃないし~と見るか見ないか迷ってました。


 結局出発前日に時間があったので見てみました。。。。

もののけ姫。。。。



めっちゃいい話で感動しましたー!!!笑





屋久島では全てがもののけ姫に見えました。







コケについてるのこだまー!?











モロに怒られるー!!!黙れ!小僧!!







え!!シシ神様???






乙事主さまーーーーー!!!!






 はい。分からない人はもののけ姫を見てみましょう~☆






とにかく屋久島は自然に囲まれたきれいなところでした。



2013年7月6日

Osaka Hana Hostel (大阪花宿) 一周年ありがとう!!

大阪花宿 一周年 ありがとうございます!!


2012年6月30日に第一人目のゲストを迎えて早一年。
Osaka Hana Hostelは一周年を皆で祝うことができました!!!
わーい!!!



開店当時は、予約があまり入らず『ホンマに大丈夫かな・・・・』 と思う日々が続きましたがおかげさまで波に乗ることができました。

個人的には日本に帰ってきて2週間でJ-hopperに入社が決定し、あれよあれよで今に至ります。
日本の知らないことなども周りのみんなに教えてもらいながら、本当に楽しい毎日を過ごさせていただいてます。

そして、私が心から嬉しく思うことは、スタッフみんなが仲良く仕事以外でも食事したり、遊びに行ったりとできる関係があることです。 最近ではHanaファミリーと隠れて呼んでいます。

こんなに素敵な仲間に囲まれて本当に幸せだと思います。 
なんか、こう見るとすごい大所帯・・・



 一周年パーティーでしたが、これまで支えて下さっていたスタッフの送別会も含めて行う運びとなり、これまで宿直をして下さっていたHiromiさん、 住込みで掃除をしてくださっていたKazuちゃん、お掃除をしてくださっていたAyaさんが退職することとなりました。
今まで、本当にありがとうございました!!

そして、新しく宿直にはKajiちゃん、住込みのスタッフにWendyを迎えることが出来ました。
Hanaを卒業してもHanaファミリーには変わりないので、いつでも遊びに来てほしいと本当に願うばかりです!



こんな素敵なケーキまで作ってもらって、本当に嬉しかったです!
来年もこんな風に2周年が迎えられたらいいなとつくづく感じました。
今後ともよろしくお願いします!

2013年7月3日

You 何しに日本へ?

こんにちは、ツアー部門のあゆぽん事、塩谷です。
あっと言う間に7月に入ってしましましたね。
ホントに早い!

2013年上半期を振り返って、一番印象的だったお客様をご紹介したいと思います。

オランダから来られたショーンさん(料理人をしている女性)。
坊主頭でテレビカメラに映されながらカメラマンと一緒にチェックインしてきたので最初からびっくりの登場。

なぜテレビカメラと一緒にチェックインしてきたのかと聞いてみると、
成田空港で突然声をかけられ、取材をさせてくれと頼まれたとの事。

そのテレビ番組は、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
「You何しに日本へ?」
です。
バナナマンが司会を務める、ガチンコの番組。
これ⇒ http://www.tv-tokyo.co.jp/youhananishini/


ショーンさんは精進料理にご興味があり、高山のスーパーや市場で変わった食材を見つけては購入し、J-Hoppersのキッチンで料理をされていました。

特に葛が大好きだったな~。

J高山スタッフもショーンさんの料理をごちそうになったり、
お礼に料理を作ってあげたりと
家族のような時間を過ごし、とても楽しかった~。

先日、FBにテレビに映ったよと連絡を頂きました。
これがその映像。⇒ http://www.youtube.com/watch?v=DD2Pb2erMc4

スゴイネ~が口癖で、とってもおちゃめなショーンさん。
料理に対する情熱と好奇心は誰にも負けない芯の強い方でした。

残念ながら高山の映像は写ってませんが、
高野山で念願の精進料理の勉強もできたようで嬉しいばかりです。

好きなことがあるって素敵ですね。





2013年7月1日

京都の景観についてあれこれ


 ド派手な赤色に黄色いMのマーク、といえば、誰もが知っている世界企業「マクドナルド」のロゴマーク。

 食欲を増進させ自制心を低下させる赤色に、活力を与える黄色。シンプルかつ人々の視覚にダイレクトに訴えかけるそのデザインは、瞬く間に世界中に溢れかえり、まさにグローバル化の象徴そのものとなった。

 そんな世界のマクドナルドも、古都京都では様子が違う。

 京都名物のひとつに、「茶色いマクドナルド」なるものがある。
 真っ赤な赤を地味な茶色に塗り替えられたその看板は、外国人や修学旅行生の興味の的。さすがは世界企業、都市景観に理解を示す寛容さを持ち合わせているのか、はたまた京都市の景観条例がキビシすぎる故か・・・。



 2007年に施行された「新景観条例」。点滅式広告や屋上看板は市内全域で禁止、屋外広告物の面積・高さ・派手な色調を抑えるなどデザイン基準の見直しが図られ、世界遺産や主要な文化財の周囲(歴史遺産型地域)はさらに厳しい規制の対象となった。

 特殊かつオカネが絡む政策だけに、長い経過期間を置いていたが、来年8月末を過ぎると強制撤去の対象になるらしい。残り約1年となり、撤去や更新を促す低利融資制度を創設したり、現場の視察・指導にあたる職員も臨時雇用で増員したりと、京都市はいよいよ本腰を入れてきているようだ。(うちも人事じゃゴニョゴニョ)

 この規制を免れようと、ここ数年でビル内から窓越しに広告を表示する新しい手法が目立つようになった。ガラス1枚隔てることで「屋内広告」となり、規制の対象にはならない。条例に沿うよう事業者が知恵を絞った結果なのだが、はっきり言って景観がいいとは思えない…。これにも目をつけた京都市は、「景観に影響を及ぼす点で屋外広告と同じ」と規制強化の検討に乗り出す方針だとか。

 京都の景観保護にはもちろん賛成だが、正直「今更」感はある。広告の自由度が制限されることで事業者側に負担や不利益が生じることは明らか。これはもしかしたら「京都には出店せんとき」という京都的なメッセージなのかも(!?
 

 条例施行から6年が経過した今でも、市内広告物の約7割が未だに「違反」広告に当たるというのだから、市もかなり焦っているらしい。おエライさんたちは必死に考えて、規制するばかりではだめだろうと「優等生」をお手本として表彰することにした。

 今年度、屋外広告物部門として「京都景観賞」を受賞した優等生たちをちょっとだけご紹介しよう。


一保堂茶舗
日本茶専門店。東京・ニューヨークにも店舗がある。

所在地:中京区常盤木町 52(寺町通夷川下ル)
  

嶋臺(しまだい)ギャラリー
慶長13 年(1608年)に糸割符商として創業。現在は国の登録文化財。

所在地:中京区船屋町(御池通東洞院通西北角


亀末廣 
創業文化元年(1804年)の老舗和菓子店。

所在地:中京区車屋町 251(姉小路通烏丸東入)


FORTUNE GARDEN KYOTO
ノーベル化学賞を受賞された田中耕一さんで有名な島津製作所の旧本社ビル。

所在地:中京区河原町二条下ル一之船入町 386-2


打田漬物錦小路店
昭和15年創業。ほとんど全ての漬物が試食できる。


所在地:中京区錦小路通柳馬場西入


祇園佐川急便(祇園サービスセンター)
佐川急便は京都の企業ってご存知でした?マル飛が粋。


所在地:東山区祇園町南側 570 番地 189


喫茶室フランソア
日本で初めて登録有形文化財に登録された喫茶店。

所在地:下京区西木屋町通四条下ル船頭町184


イノダコーヒー三条支店
言わずと知れた京都の老舗喫茶チェーン。

 所在地:中京区三条通堺町東入ル桝屋町 69


サクラ堂歯科医院
こんな歯医者さんなら毎日行きたくなる・・・かも。

所在地:伏見区京町三丁目 198-1


 芸妓さんや舞妓さんが優雅に行き交う花街も、四条通りを隔ててそのすぐ北側に広がるネオン街も「祇園」だし、おしとやかな料理店が立ち並ぶ石畳の先斗町通りから一歩入ると、派手なオネーチャンたちが闊歩する木屋町通りだ。さらには少し足を伸ばすと鴨川の緩やかな流れがあり、視線を上げれば山が連なる。猿も猪も鹿もいる。外国人旅行者にとっては、まさにギャップ萌え。このカオスさがエキサイティングでクール!に映るらしい。

 土曜の夜、久々に京都の繁華街をぶらぶらしてみた。以前に比べて大幅に数は減ったのだろうけど、やはりまだ奇抜な看板やネオンは目に付く。確かに、「京都っぽさ」を追求するなら排除してしまったほうがいいのだろうが、京の街からネオンが消え去ってしまうのはなんとも寂しい気がする。モダンとトラディショナルが混在しているのもある意味で「京都っぽさ」なのではないかとも思う。