2013年9月1日

神戸もやっぱりいいなあ

先月のブログでは、我がホームタウン大阪について書きました。 久々の大阪の下町は、なかなか楽しいものでした。 そして今月は、久しぶりに神戸に行ってきました、というお話です。 よくお客様にも聞かれます。 お客様「神戸ってどんな町?京都とどう違うの?」 私「そうですねえ、京都に比べるとモダンですね。大阪も街ですが、神戸はまた一味違う種類の’街’ですかねえ」 そうなんです。 京都と大阪の違いは説明しやすい。 けれど、大阪と神戸の違いは説明しにくい。 それぞれの街をひとたび訪れると、その違いは風景や町並み、建物の雰囲気にありありと感じますが。 それをひとことで説明する事は、なかなか困難です。 先日長らくぶりに神戸を訪れてみて感じたこと。 やはり大阪と神戸は大いに違います。 まずは、一方に海を見ながら、もう一方に山。 という自然たくさん感。 それから建物の異国間。 西洋風の建物のみならず、オリエンタルな建物も。 そしてなぜか神戸には、異国の料理のレストランが多い。 インド、ブラジル、ベトナム、などなど。 さらには関連してか、異国のスパイスを本気で売ってる(キロ売りなど)店も、あちらこちらに見かけます。 その自然の風景と色んな文化の建物、それからたまにスパイスの香り、 すべてがあいまって、「神戸」という街の空気感をつくっているのだなあ、と思います。 それは、明らかに大阪とは違ったもので。 大阪は、建物の大きさや形、色などはばらばらでも、そこには「大阪の建物」という統一感がある気がします。 雑多でありながら、そのごちゃごちゃをまとめて「大阪」と、呼べるというか。 どちらの街もそれぞれが、魅力的。 でも、今の気分は、小旅行がしたかったから、神戸の勝ちかな。 住んでもいいかもしれませんが、たまーに行くと、新鮮な気分が味わえる街かなと思います。 ふらりミニ旅行におすすめ。 ちなみに、この写真は、今回のブログには関係ないのですが。 5月いっぱいまでいっしょに受付ではたらいた、まなみんと、今もいっしょに働いているわかちゃんと、三人で。 なつかしい写真が出来たので、公開。

0 コメント: