2013年9月21日

フィンランドからのお土産

こんにちは!ジェイホッパーズ飛騨高山ゲストハウスのちあきです!
もう長袖を着る季節になってきましたねー。高山は、朝晩は寒くて、毛布が欲しい季節になってきました。

さて、そんな中、フィンランド出身の日本大好き「クッカロ」くんがジェイホッパーズへやってきましたー!日本に来たのは、6回目。そして、6回中4回は高山に来ているというクッカロくん。(私より高山のことを知っていると思う。)高山は、自分のライフスタイルに一番合う町だと言っていました。高山は、彼にとって一番落ち着く場所のようです。そんな町が自国以外にもあるって、なんだか素敵ですね。私もいつかそんな場所を見つけられる旅がしたいです。

そのクッカロくんが最終夜にフィンランドからのお土産をプレゼントしてくれました。それがこちらです。


「Gifu」!!「岐阜」!?
岐阜県の名物なのかと思いましたが、どうやらこれはフィンランドで有名かつ人気なお菓子だそうです。


中身はこんな感じ↓↓


 「何だ、これは!!」と思わず声に出してしまった。
黒いグミのようなお菓子。臭いは、ちょっと酸っぱい。
しかし、それを「おいしい、おいしい」と言いながら普通に食べるクッカロくん。
きっとおいしいのだろうと食べてみると…


「まず〜い!!」(笑)


なんて言うのでしょう…タイヤのゴムを食べているような感じですね。味は、苦くてしょっぱい。

このお菓子は、フィンランド語で「サルミアッキ」というお菓子で、wikipediaによると塩化アンモニウムとリコリス(甘草の一種)によるお菓子だそうです。塩化アンモニウムが使われているから、ちょっと酸っぱい臭いがしたんですね。

食べると、下のような顔になります。(写真は、ジェイホッパーズ飛騨高山の夜勤のオダちゃんです。美味しいと私に騙されて、4粒くらい頬張ってしまった結果です。)



そして、なんと「サルミアッキ」はお菓子だけではなかったのです。
次にクッカロくんが持ってきてくれたのは、「サルミアッキ」のお酒。



これは、おそらく「サルミアッキ味のウォッカ」だったのだと思います。先ほどの「サルミアッキ」のグミを100個ぐらい濃縮したような強い味でした。でも、グミほど苦みはなく、反対にすごく甘くフルーティーな味わいでした。

しかし、私にはこのおいしさを理解するには長い年月がかかりそうです。(笑)
そして、どうやらこの味はフィンランド以外の国では、まだまだファンが少ないようです。

最後に、「サルミアッキ味のアイスクリーム」を食べる外国人とフィンランド人の違いをまとめたYou tubeを紹介します。フィンランドの人々にとって、待望のアイスクリームだったようですが、果たして他の国の人々の反応は…。リアクションや表情の違いをぜひお楽しみ下さい。(前半が外国人、後半がフィンランド人のリアクションです。)


http://www.youtube.com/watch?v=nJBBakWOeEQ


世界には、私たちの知らない味がまだまだ沢山あります。
その一つの味に出会えたことに感謝ですね。クッカロくん、ありがとう。
今度は、クッカロくんに「納豆」を紹介しよう!(笑)




0 コメント: