ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

2013年10月31日

功名心をそそる職場


連帯感と好奇心の群れの中
団欒の中
チームは一丸となり驀進し続ける
献身的な愛を注ぎ
侃々諤々主張し合い
逆境で鍛えられる場所でもある
諧謔を交え闊歩し
同時に人事不省もする
勤労意識は自己を超越させ
清冽なビジョンを湧出させる
そうだ - 清濁併せ呑むんだ

皆様、(再度)「オセワニナリマシタ」

よい人々に恵まれて私は果報者だと思います。
これからもご繁栄をお祈りします。

今回の収穫⇓
日本で生まれて、年齢という数字が30になって、
ようやく「日本」という國の良さを認識し始めたと思った事。
――
石川啄木、南方熊楠、高峰譲吉、早川雪州、幸徳秋水、宮沢賢治バンザイ!

「時代に生きよ時代を越ゑよ」
青年よたて・・・・・・。・・・・・・この不思議な國を正確に頭に入れ様ではないか
――藤巻義夫――

残念ながら、これが私の最後の散文になります。ふぉっふぉっふぉっ
リアルシャーマン、リビングシャーマン、前世はパックマン。。。。?

みんな、本当にありがと~!!

2013年10月30日

ボクシング

こんにちは、マツです

最近、ボクシング始めました。

以前から、スポーツをやりたいなと思ってたら、情報雑誌で高山にもボクシングジムがあると知り
始めたのがきっかけです。

まだはじめたばっかりなので、リングの上で練習とかはできないですが、今は筋トレ中心の練習です。

通ってるジムの会長は日本太平洋王者になったことがある方で、南海キャンディーズの静ちゃんもロンドンオリンピックを目指してた時には、こちらのジムにきたことがあるそうです!


継続して頑張りま~す

2013年10月29日

インド百景。

皆さま、お久しぶりです。
J−Stayのタニです。

季節はすっかり秋で、日が暮れるのも早く、季節が変わってるのを実感します。短パンの季節が懐かしいですね。
今年は秋に色々したいことがあるので、気を抜いてるとすぐに冬になりそうな気がして、
怖いです。
皆さんの秋の予定はなんですか?

さて、先日、我々J-Stayのお客さんと話していて、一人の方がインド旅行を計画中とのことで、僕個人もインド旅行をしたことがあるので、その話で盛り上がりました。

人間の記憶ってちょっとしたことで、すぐに呼び戻されるもので、その話をした日の夜にその時の旅行の写真を無性に見返したくなり、その日の夜に写真と参考にした雑誌や本を読み、一人脳内トリップに浸っていました。

今はその写真の何個かを載せようと思いますので、良ければ見てってください。

 まずは、王道中の王道、タージマハル。

 入場料は現地人と外国人で歴然とした差があり、一瞬入るのに躊躇もしくは、どうにかしてインド人として潜入しようかと本気で考えましたが、そこは普通に入場。
これは一見の価値アリです。

次も王道バラナシ。


ここはいつ来ても楽しい。結果的に何故か5ヶ月の間に計3回も立ち寄った場所。ガンジス川は早朝から深夜まで色んな表情があるので飽きない。

実はこれを見ることが旅の目的だった場所、マハーバリプラムにある「クリシュナのバターボール」




 南インドのマハーバリプラムという街にある、石窟遺跡群の中に不思議な岩。
ある雑誌の写真でこの場所を知った瞬間に、絶対に此処に行きたいと思った場所です。
滑り台のようなツルツルの斜面に普通に乗っている、馬鹿でかい岩。
もう何千年もここから動いてないらしいです。
生で見ると本当に不思議でしょうがないです。
この遺跡群は一応世界遺産で、大きな公園のようになっていて一日のんびり過ごせますが、野良牛、野良羊が幅をきかせているので、芝生は一面糞だらけです。


まだまだまだまだ、載せたい写真があるのですが、長々と書くのもあれですので、この続きは次回に持ち越しということで。

今年の秋は紅葉を楽しみたいと思っています。
またそちらの報告もできれば、と思っております。

2013年10月28日

かに道楽

道頓堀にあるかに道楽の前は何度も通ったことがありますが、大阪人でありながら一度も入ったことが無く先日人生で初めて(しかも自腹で)かに道楽に行ってきました。

そもそもかに道楽とは一体何なのか・・・。

関西を中心としたかに料理専門店で、特に大阪・道頓堀本店のかにの足が動く看板は有名です。

入ってみてびっくり、コース料理又は鍋料理で最低でも一人5000円はする。

今回お父さんのために大奮発して行ってきましたが店内は
おごそかで、上品で、凛とした雰囲気。

肝心の味の方は最高としかいいようがない。
安い旅館で出してるような冷凍ものなんかじゃない。
刺身なんかプリップリだし、焼きがに、寿司、何を食べてもおいしかった!!
これぞ日本懐石・・・料理に心がこもってて作ってる人の温かさを感じました。
お値段は張るけどやはりストリートフードやチェーン店の味とは月とスッポン。
日本料理として外国の皆さんには一度食べて欲しいーーー(><)

ランチだったら少し安く食べられるみたいです!!
是非皆さんもどうぞ♪





http://douraku.co.jp/kansai/shop/honten/menu/1310-aburi-hiru.html





☆☆HAPPY HALLOWEEN☆☆

 
                  ☆☆Happy Halloween☆☆

日が落ちると寒くなり、なんだか食欲が旺盛になり、なんとなく運動がしたくなる今日この頃

・・・そうです!!もう秋なのです!!


ついこの間まで暑かったので、身体がついて行かず、体調を崩している方も多いかと思います。

ですが私は元気いっぱい、金木犀の香りを感じる度に幸せな気分に酔っております♪


そして先日、ハロウィンパーティーに行って来ました!!


パーティーの前日、しかも夕方にお誘い頂いたため、全然準備が出来なかったのが非常に

残念でしたが、、、


私は当日、広島が誇るダイソーに走りました!!!!


そしてGETしたのが、この3点・・・




 おなじみのマスク、そして蝶ネクタイ、猫カチューシャ。。。


衣装を買いに行く時間もないし、今持っているもので何とか仮装・・・


といろいろ考えた結果、私は猫(化け猫!!??)になる決意をしたのです!!


今持っている毛状?の服を探し、シッポをつけ、アイラインを書くペンで


顔面猫メイク・・・ちゃんとヒゲも書きました笑


そして、自宅から15分の会場までの道のりを、自転車で颯爽と飛ばしてやりました☆☆


道中、一般常識のある大人からの冷たい視線・・・痛かった笑






 隣りのカッコイイお姉さんは、アメリカ兵のコスチュームにピストル持参!!


さすが!!本気の装いで、素敵でした^▽^


来年こそは私も、本気で準備して参加するぞう!!!


皆様も、短い秋をご堪能下さいませ~♪♪





秘湯第2弾!

行って来ました秘湯第2弾!
スリルと渓谷美が楽しめる秘湯。
今回は富山県は北アルプス、黒部川の下ノ廊下に位置する阿曽原温泉。

黒部ダムから8時間かけて下って阿曽原→欅平というのが一般的なルートらしいのですが、
私の目的は温泉。逆のパターンで欅平から阿曽原、そしてまた同じ道を戻る最短コース。 
それでも片道5時間の道のり。

がんがん山登りをする程でもない私と相方。
山歩きは好きなんですが、登りが苦手なのです。
とにかく平らな道がいいんです。
そこで選んだのが阿曽原温泉だったのです。

初めと終りに急坂がある以外は黒部峡谷の崖を切り抜いた水平歩道をひたすら歩くのみのこのコース。足下は200〜300mの断崖絶壁。
危険な箇所に鉄板やはしごで歩きやすくはなっているんですが一歩間違えたら
谷底へ真っ逆さま。




















 恐ろしい道のり。緊張しながら何時間も歩き続けるのです。





















迫力ある黒部の峡谷や滝、真っ暗で水浸しのトンネル等楽しめるコース。
お目当ての露天風呂は山小屋の近くにあり、 
湯船は何の変哲もない四角いお風呂だが眺めは抜群。 
だって黒部渓谷の中にあるんですもの。
紅葉シーズンにはちょっと早かったけど緑あふれる中での露天風呂+ハイキングは最高です!

2013年10月27日

世界に一つだけの…

この前台湾人の友達を京都の嵐山に案内しに行きました☆

その時に素敵なお店を見つけたので紹介します。

その名も「手作り工房 遊膳」さんです。

ここではお箸が売ってあります。
しかもここのお箸は無料で自分の名前をいれてくれるんです!!!
何百種類のお箸の中から自分の好きなお箸を選んで自分の名前を入れてもらう世界に一つだけの自分のお箸を作れます☆


もちろんプレゼントにもぴったりですよねー^^

私はその友達からプレゼントされました☆

こんな感じでーす♪

















ちょっと画像が分かりにくいですけど、ちゃんとayakaって入ってます。
英語でいれてくれるので外国人の方へのプレゼントにもいいですね☆
自分の名前が入るだけで、特別感が増してテンションも上がる~↑↑
 お土産やプレゼントにどうぞ~♪



2013年10月24日

今月の広島は!


今月広島ではあらゆるところでセールが行なわれておりました。
その名も「カープ感謝セール!」

はい、今年はカープが16年ぶりのAクラス、そして球団史上初のCS進出を果たしました!
それが決まった瞬間、広島は優勝でもしたかのような盛り上がり。
しかも見事ファイナルステージに進んだのでその盛り上がりも凄いものでした!


ファイナルステージ進出が決まった時、いてもたってもいられなくなった私は急いでパブリックビューイングのチケットをゲットする為に球場に!
そして10月16日と18日に行ってきました。


球場に着くとまるで試合が行なわれるかのような盛り上がりよう、目の前の画面に試合中継が流れるだけなのにみんないつもと変わらない応援でした。
 



                
           もちろん7回にはジェット風船も飛ばしました!





今回は残念ながら日本シリーズに行くことはできませんでしたが、来年のカープが楽しみです!
今年更にカープにはまり、球場に行くたびにグッズが増えていきます。
そして応援歌を覚えるのに必死の私、来年は宮崎キャンプにまで行こうかと本気で考えている私。

同じ境遇の方、是非一緒に語りましょう。
ここジェイホッパーズ広島でお待ちしております!



 

2013年10月23日

お土産

先日家族がフランス旅行から帰ってきました。ニース、モナコ、トゥール、パリなどを周遊してきたみたいですが、お願いしていたお土産を買うのを忘れられていました…(泣)
でも結構料理好きな私に、フランスから色んな調味料とキッチングッズをいただきました!
今度京都Hanaでハロウィンパーティーをするときに、活用したいと思います!
私も来年家族旅行に参加しようと思います!でも行き先は再びイギリスのようです。

 

2013年10月20日

タチバーナ マンマミーア

有給をいただき、スペイン周遊から帰ってきてから毎日が楽しくて仕方がないJ-Stayキミーロです。


スペイン旅行の話をちょっと。
今回は、J-hoppersがご縁で仲良くなった友達の家に遊びに行ってきました。
巡礼の道の町でもある、スペイン北部の牛追い祭りで有名なパンプローナから車で10分くらいの村。
手作りジャムに生ハムサンドをかじりながらの朝食の時間、窓の外のポプラの木を毎日眺めていたら、夏から秋に変わっていく日々を感じて過ごすことができました。
こういう感覚はいつもとは違う時間の流れの中でこそ生まれたのでしょう。

初めての感覚。
そういえば、聖路加病院の日野せんせいは御年102歳で、ヘリコプターのNYクルージングで初めて高所恐怖症を脱却できたそうな。
ヒトは102歳まで生きても変化に敏感でいられるものなんですね。


さて、初めて経験といえば、J-Stayのメンバーに加わり1年半年弱のわたくし。
ただいま新しいシェアハウスの立ち上げに右往左往しています。

その名も「シェアハウス たちばな」
龍谷大学深草キャンパスまで徒歩5分、京阪深草駅まで徒歩3分、JR伏見稲荷まで徒歩9分、
祇園四条まで20分と好立地にも関わらず、ほとんどのお部屋のお家賃は5万以下。
http://j-stay.jp/st/facility_jp.html

もともと書道家のおばあちゃまが母屋と書道教室をされていた二軒分の家がシェアハウスに大変身しいます!
だからこそ広々のシェアハウス♪
掘りごたつの団欒室に14畳のリビングルーム
。全部屋8室、最大人数9名です。
さっそく、フランス人の女性からリクエスト問い合わせがありました。

オーナー様のご家族は、おじいちゃまとおばあちゃまは仲睦まじく、素敵なご家族。
昨日の部屋の内装の打ち合わせでは、LINEで「お昼はどうするの?」と奥様が壇密ちゃんのスタンプを送られてきたとだんな様に見せてもらいました。

内装の打ち合わせというのも初めての経験。。。。
直感でいろいろ提案させていただきました。

各部屋イメージを作っていきましょうと一つ一つ、凝りに凝りました。
玄関フロアは高級ホテルの玄関をイメージし、2階ホールは「集える書斎」に。シックな雰囲気を作りつつ北斎、国芳などの画集や日本文学全集が並べてある本棚にソファーを設置予定。

1階の2つの洋室は、和風モダン、壁の一面を濃い色を持って行くことで、お部屋にアクセントをつけます!
2階の1つの洋室はVividなPink 壁紙クロスをイメージし、「Room Venus」としましょうと。
オーナーさん、遊びに遊ばせてくださいました。

完成が楽しみです。


外観はこんな感じ。これから大変身をとげますよー
補強後、ここにシャワーBOXが。イメージはホテルのシャワー室

1Fの洋室二つ。和風モダンなお部屋に。



明日は、伊勢神宮で新嘗祭ですね~
秋はあっという間にやってきました。
そんな秋の大安の一日の11月16日たちばなはOPENです。

「こうろぎの鳴き声とまり、、秋の空」
→今回のスペイン旅行中、バーで出会った俳句をするというおじさんが詠んだスペイン語の俳句を訳してみました(笑)
スペイン語のように韻が上手く踏めてないのが残念。

秋を愉しむぞー

アディオス!

2013年10月19日

宿での音楽。


ゲストハウスでは毎日色々な国からのお客さんを迎え入れているわけですが、
その人たちと会話するにあたって盛り上がるのが音楽の話だったりします。(私個人的な経験からして)

宿の受付にいる間、受付で音楽を流しているんですが、
自分と同じ好みの音楽を聴く人はかなりの頻度で「これ誰のipod?」って話しかけてくれます。
そしてお互いのオススメを紹介しあったりするわけです。
そして自分はどこどこでこの人たちのライブにいった、とか
このアルバムが一番好きだ などなど。。。

宿で働き始めてから、色んなお客さんから沢山の素敵な音楽を教えてもらいました。
また邦楽のアーティストを気に入ってくれる人もいました。

反応があったのは、ゆらゆら帝国、GO!GO!7188、椎名林檎、くるり、super car
あたりは「これなんていうアーティスト?」って聞かれて教えてあげたなぁ(しみじみ)。

先日も仲良くなったオーストラリア人の男の子と話していると、
かなり音楽の好みが似ていたので、オススメをきくとこんなに紙に書いてくれました。(やさしっ!)



(Bonoboというアーティストは、かなりの割合でオーストラリアそれもメルボルンに住んでる若者が
食いついてきます。多分人気なんですね~。)


これからもいろんな人と出会って色んな音楽を知れるのかと思うとワクワクします。
自分でも新しい音を発掘していかねばなーーー





2013年10月18日

momentaryでなぜ悪い

人生毎日が初めてです。毎日が新しい。同じ日は二度とこない。それでも毎日私たちは恐れずに布団から出る。なぜです?


アンダーグラウンド(エミール・クストリツァ)という映画をみて寝たら、一緒に出かけた知人が交通事故にあい両足を切断されて数時間後に死んでしまうという、なんとも唐突で理不尽な夢をみた。人生一瞬先は闇・・・という思いに包まれて目が覚めました。
ようこそ新しい世界へ。
ジェイホッパーズ京都のしばた(かりー)です。


ジェイホッパーズ京都には外国からのお手伝いさんがいます。彼らは数ヶ月ごとにハロー!グッバイ!と入れ替わりながら、私たちと一緒に働いています。
今はスウェーデンからやってきた女の子がお掃除を手伝ってくれています。
彼女は、空いている時間にほかのお客さんと観光にいったりリビングルームで話しをしています。

「ここにきて友達がたくさんできたでしょう」と尋ねると、「うん、たくさんの友達ができたよ」と返ってくると思ったのに、「momentaryな関係の友達がたくさんできた」と返事があって、
おお、さすが北欧人、なんか思慮深いなと脱帽しました。


momentary 【形】 1、瞬間の、瞬間(瞬時)的な、つかの間の


バファリンの半分はやさしさ、わたしの半分は情けと情でできているほど
どこまでも日本人なわたしからしたら、
昨日仲良くなった人が明日にでも旅立ってしまうとなると切なくて切なくてしょうがないのですが、
半分がミートボールでできている北欧人はとてもドライ(いい意味でね)。
「momentaryでなぜ悪い?」
その時楽しい時間を過ごすことができてよかった、
それでまたどこかで会うことがあるならまたその時楽しい時間を過ごせるし過ごせばいい、のだって。それを繰り返せばいい、のだって。
きっと彼女たちに演歌は歌えないでしょう。

そういえば、「ヤンヤン夏の思い出」という映画の中でイッセー尾形がこんなことを言っていました。
 ー 人生毎日が初めてです。毎日が新しい。同じ日は二度とこない。それでも毎日私たちは恐れずに布団から出る。なぜです?


なぜでしょう。


真夏の瀬戸内海のように波風なく見える日々も実のところ、まったく同じ日なんてないはずなのですねぇ。
どんなことも更新され続けているのです。
そういうことをもう少し大切にしてわたしもmomentaryな関係を楽しめるようになれたらいいな、と半分ミートボールでできている北欧人を見ながら思いました。



アンダーグラウンド

ヤンヤン夏の思い出



エピローグ
今回のタイトル「momentaryでなぜ悪い」は、只今絶賛公開中の映画・「地獄でなぜ悪い」からパクりました。血も涙もない(あるでは意味ある)エンターテイメントやくざ映画ですが、風立ちぬよりもわかりやすいのでデートにおすすめです。別れても責任は取りませんが。

地獄でなぜ悪い

2013年10月11日

迷走中

受付スタッフがリレーのように順番で有給をエンジョイ中のジェイホッパーズ京都、及び京都花宿です。


つい先日、我がジェイホッパーズのサオリ姫と、J-Stayのキミーロがスペイン周遊から帰ってきました。
美味いもん食べまくって、スペイン女子のようにお喋りしまくった珍道中の写真がこれです。(真ん中が同行者のマリさん)


いいなぁ~。
私もスペインでアバンチュールしてスペイン女になってやるぞ。



現在は花宿のミオヨンヌが沖縄を満喫中。
得意のウクレレを三線に持ち替え、宜野湾の舞台に立っているとのこと。
先日ミオヨンヌから送られてきた自分撮り写メがこれです。






いいなぁ~。
私も沖縄で海ぶどうプチプチして沖縄女になってやるぞ。



さて、ミオヨンヌが帰ってきたら次は私の番。
旅LOVEのタムタムが今回は旅へ出ません。(嵐が来るかも)
なんと、京都で10日間の山篭り。瞑想(迷走?)修行に挑戦します。
泣いて逃げ出してくるか、ニルバーナな顔で帰ってくるか、自分でも全く想像がつきませんが、何がどうなっても、どうか温かく見守ってください、、、。




2013年10月6日

北海道はでっかどー

先日3連休を頂き、北の大地・北海道に飛んできました。 ほぼ一睡もせず一日目を迎え、関西では放送されていない様ですが北海道のローカル番組から人気に火がついた「水曜どうでしょう」 のどうでしょう祭とやらに行ってきました。 私はよく知らないのですが、姉が好きで。 すっごい人! おもろかったですがあんまり何も覚えていないのが残念。 でもアウトドアで夜お酒を飲みながら知らない人と笑うのっていいなぁ~ と、来夏のFUJIROCKに想いを馳せたどうでしょう祭でした。 2日目は待ちに待ったほたるぅ~でおなじみの富良野、世代的に知らないけれどメリケンの木で有名な美瑛へ。 あいにくの雨でしたが、霧がかった白樺の山道やなだらかな丘もまた素敵でした。 途中で車をちょいちょい止めながら滝やワイン工房、チーズ工房、メロン直売所に立ち寄り、 美瑛ではこの北海道の旅が決まってからずっと行きたかった「青い池」へ。 美しい。 なぜ青いのかは未だ解明されていないとのことですが、 解明されていないことって特にぞくぞくしますよね。神秘的でした。 夜は歓楽街・すすきのへ! 怪しい人盛りだくさん、24時間営業の薬局、いまどき京都じゃ居ないリーゼントも発見。 すごく楽しかったです。 ごはん屋さんもおいしそうな所がたっくさん。 お刺身、最高でした。 3日目は時間があまりなかったので札幌市内をふ~らふら。 そういえば、朝市場で海鮮丼を食しました。定食も食べれなかったのが心残り。 次は知床半島に行きたいなぁ。 1ヶ月くらいあっても足りない程でっかいどーな北海道は最高でした!

2013年10月3日

くまカフェ

この前名古屋に行った時に連れて行ってもらったカフェが可愛いすぎて、紹介したいと思います♪
今流行りの、Dog cafe Cat dafeに続き、Bear cafe です!!!

場所は名古屋の栄!

階段をあがるとテディーベアちゃん達がお出迎え~!
可愛い~と叫んでしまいました!
お客さんは女の子ばっかりで、男の子だけで入りにくい雰囲気がかなり漂っていました。笑
席もこんな感じ。
各テーブルに絶対1匹はベアちゃんがいます♪
そしてメニューにもちゃっかりついていました。


メニューはランチメニューや、デザートなど色々ありました。
ケーキはくまの形になっていて食べるのがもったいない!と必ず女子が言うであろうケーキでした。

私が頼んだのは、から揚げのランチプレート♪
白熊くんは、私たちのテーブルにいた子でした☆
建物自体は5階立てで、4,5階はパーティーや、BBQ。
3階は個室で各ブースにテーマがあるようで、映画のTEDのお部屋もありました。
壁やトイレにもこだわっていて、女心をうまくつかんでいるカフェでした♪

大きなテディーベアがいっぱいいて、ほんとに可愛かったです。
もし名古屋に行くことがあれば是非行ってみて下さい。


KUMA CAFE 栄店
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-25-34
050-5799-2612

立ち呑み屋にはまっています

食欲の秋がやってまいりましたがいかがお過ごしでしょうか?
大阪花ホステルのマサエです。

最近、大阪の堺東(さかいひがし)にある立ち呑み屋さんに月一ペースでお邪魔しております。
堺東は“ガシ”と呼ばれている事も最近知ったような、まだまだペーペーの私ですが、ここの立ち呑み屋さん、すっかり気に入っております。

その名も 溝畑酒店!! (みぞばた)

銀座通り商店街の中にあります。
こちらが外観。
積み上がったビールケース・・・とってもいい感じです。
親友に連れて行ってもらったのがきっかけで、ここを知りました。
今のマスターが三代目でおじいちゃんの代から続いているお店だそうです。
こういう酒屋さんが経営している立ち呑み屋さんを角打ち(かくうち)という事も最近知りました。
 
なぜそういうかと言うと・・・(四角い升の角に口を付けて飲むことから)酒屋の店頭で升酒を直接に飲むこと。転じて、店の一角を仕切って立ち飲み用にすること。また、そこで飲むこと。
だそうです。なるほど。。。 ガシの角打ち・・・いい響きです。
 
さてさて、お店の中に入るとこんな感じ
 

ちょっと見えませんが、両サイドにカウンターがあります。
そこをママさんがひっきりなしに動いています。
チャーミングでおもしろい素敵なママさんです。
メニューの一部です。
よくよく見ると気になるものばかり。
かなり年季の入ったメニューから、新作まで色々ありますね。
マスターが試行を凝らして新メニューを開発するそうです。
 
我らがヒーロー、マスター!!
料理中です。
この台所からも歴史が感じられますよね。
注文されたもの(イレギュラーな物まで)パパッと作ってしまう所、さすがです!

だし巻き
優しい味です
カイワレ、気が利いてます
アスパラと舞茸の炒め物
美味しかった~




















ミノの湯引き
アテに最高ですね
 
常連さんが多いので新入りには敷居が高いかなと思ったのですが、今では世代を越えた良い呑み仲間になっております!
これこそ立ち呑み屋の醍醐味ですね!!

マスターはお父さん、ママさんはお姉さんみたいです。
ピンクレディーのカルメンを歌いながら撮ったポーズ。
二人とも大サービス、ありがとうございます。
毎回ここに来ると思うのですが、ここに通うお客さんはマスターとママに会いに来ている人が多いなと感じます。
美味しい料理を出すお店も、ノスタルジックな雰囲気のお店も、たくさんありますが、溝畑じゃないとないもの=マスター&ママさん なんですね。二人がイキイキと働いている姿を見るとこちらまで楽しくなるし、一緒に喋って踊って(?)そういう二人と、それを取り囲む常連さんが作る空気が最高に心地よかったりします。
 
そう思うと、飲食とホステルでも接客ってすごく大切なんだなぁって思います。
花ホステルじゃなきゃ、J-hoppersじゃなきゃだめなんだ!って思ってくれるゲストが居たら本当にありがたいなぁと思いますし、それには私たちがイキイキ働いて大阪に来たらあそこに泊まりたいって思ってもらえたらこんな嬉しい事はないなって思います!
 
そんな事を勉強させて貰いながら溝畑酒店の夜は更けて行きます・・・
 
私も仕事楽しむぞ~! 
また近々会いに行きます!!

広大無辺


迦陵頻伽が億劫がることなく私の前に現れた。
その歌声はまるで生命に画竜点睛を施すかのように聴覚を昂揚させた。
典雅な旋律法で独自の言霊を普及させ
永劫的な回転木馬のように偶発的な終息もなく
私は無辜の民になりきって、性懲りもなくはまり込んでいた。

唯物的でなくても元の木阿弥とは実在し
虚無感を捨て、悶絶しながら同胞を見つけたり
応酬を繰り返し、ウロボロスに邂逅したり
吐息が雲散霧消したり
連濁が重なり続けてきた。

奔流は**でもあり
平素な生活が**と感じる時もある。

追伸
「鶴の恩返し」の作家はやはり天才だと思う。
What do you reckon? あなたはどう思う?

紅葉の立山黒部アルペンルートへ。

念願の立山黒部アルペンルートへ行ってきました!!

春の雪の壁の時期には高山に宿泊後、立山へ向かう方がとても多いです。

まずは車で立山駅→ケーブルカーで美女平へ。
美女平では大木巡りをしました。





















次はバスで途中下車して、弥陀ヶ原へ。
このあたりから紅葉が始まっていました。

最初は一面真っ白、雲でまったく見えなかった景色が
晴れ女2名と一緒に行ったおかげで気付けば快晴!!

室堂へ行くバスでは、天気がいいと途中でとまって
景色をゆっくり見せてくれます。

右下が、バスから見えた称名滝。
日本一の 落差を誇る滝です!!





















弥陀ヶ原から、引き続きバスで室堂へ。
いつにも増して山たちがとってもキレイに見えたようで
バスの運転手さんが思わず山の名前を全部アナウンス!!

室堂で湧き水を汲んで、ロープウェイで大観峰へ。

まだまだ色が変化するらしいですが見事な紅葉!!
雲海のオマケつきでまさに天空にいる気分です。





















そして、トローリーバスで黒部ダムへ。
こちらはまだ紅葉はしていませんでしたので
放水を楽しみつつ、黒部ビールを☆

そして、室堂へ戻り夕日を待ちながらお散歩。
みくりが池に山が映りこみとっても素敵でした。
(カメラマンのお父さん、ベストショットありがとう!!)

夕日はちょっと雲が出てあやしかったですが、
雲の切れ間から見えた太陽と雲海で雰囲気たっぷりでした。





















このまま今夜は室堂に一泊。
星空には恵まれませんでしたが、
朝焼けと素敵な日の出を見ることができました!!

そして、今回のチャレンジ。
本気登山のはじまりはじまり。

振り向くたびに変化する絶景にパワーをもらいながら
山頂目指して登っていきます。

実は私、本気の登山の経験がなく、
どの道を選んでいいのやら。。。

道はなかなか険しく、手も使いながら岩を上がっていきます。
本当にツラくってあきらめようかな、と思ったのですが、
一緒に行った2人に何度も助けてもらいなんとか登りきりました!!

山頂でコーヒーを淹れてもらい、みんなで乾杯!!
そして、頂上からの景色を堪能しました。
いつも見ている山々の違う姿に感動。

けど、本当に一歩間違えば命の危険があるような場所なので
くれぐれも慎重に万全の体制で行くべきだと痛感しました。























そして気合を入れなおして無事下山。
ものすごい達成感を味わうことができました!!

一足早い紅葉、最高でした!!
高山周辺でも他の地域より少し早めの紅葉を楽しむことができます。

また、観光ブログ・twitterなどでも情報をアップしていきますので、
ぜひ、高山にも遊びに来てください!!

立山も下のほうはまだまだなので、
大自然の中の紅葉を見たい方にはとってもおすすめです。
高山からの日帰りも可能ですよ!!