2013年10月19日

宿での音楽。


ゲストハウスでは毎日色々な国からのお客さんを迎え入れているわけですが、
その人たちと会話するにあたって盛り上がるのが音楽の話だったりします。(私個人的な経験からして)

宿の受付にいる間、受付で音楽を流しているんですが、
自分と同じ好みの音楽を聴く人はかなりの頻度で「これ誰のipod?」って話しかけてくれます。
そしてお互いのオススメを紹介しあったりするわけです。
そして自分はどこどこでこの人たちのライブにいった、とか
このアルバムが一番好きだ などなど。。。

宿で働き始めてから、色んなお客さんから沢山の素敵な音楽を教えてもらいました。
また邦楽のアーティストを気に入ってくれる人もいました。

反応があったのは、ゆらゆら帝国、GO!GO!7188、椎名林檎、くるり、super car
あたりは「これなんていうアーティスト?」って聞かれて教えてあげたなぁ(しみじみ)。

先日も仲良くなったオーストラリア人の男の子と話していると、
かなり音楽の好みが似ていたので、オススメをきくとこんなに紙に書いてくれました。(やさしっ!)



(Bonoboというアーティストは、かなりの割合でオーストラリアそれもメルボルンに住んでる若者が
食いついてきます。多分人気なんですね~。)


これからもいろんな人と出会って色んな音楽を知れるのかと思うとワクワクします。
自分でも新しい音を発掘していかねばなーーー





1 コメント:

Can you speak Music?
Esperanto did not work but Music does
Ultimate communication
Social revolution
intensified association
infallible vision

Peace