2013年10月20日

タチバーナ マンマミーア

有給をいただき、スペイン周遊から帰ってきてから毎日が楽しくて仕方がないJ-Stayキミーロです。


スペイン旅行の話をちょっと。
今回は、J-hoppersがご縁で仲良くなった友達の家に遊びに行ってきました。
巡礼の道の町でもある、スペイン北部の牛追い祭りで有名なパンプローナから車で10分くらいの村。
手作りジャムに生ハムサンドをかじりながらの朝食の時間、窓の外のポプラの木を毎日眺めていたら、夏から秋に変わっていく日々を感じて過ごすことができました。
こういう感覚はいつもとは違う時間の流れの中でこそ生まれたのでしょう。

初めての感覚。
そういえば、聖路加病院の日野せんせいは御年102歳で、ヘリコプターのNYクルージングで初めて高所恐怖症を脱却できたそうな。
ヒトは102歳まで生きても変化に敏感でいられるものなんですね。


さて、初めて経験といえば、J-Stayのメンバーに加わり1年半年弱のわたくし。
ただいま新しいシェアハウスの立ち上げに右往左往しています。

その名も「シェアハウス たちばな」
龍谷大学深草キャンパスまで徒歩5分、京阪深草駅まで徒歩3分、JR伏見稲荷まで徒歩9分、
祇園四条まで20分と好立地にも関わらず、ほとんどのお部屋のお家賃は5万以下。
http://j-stay.jp/st/facility_jp.html

もともと書道家のおばあちゃまが母屋と書道教室をされていた二軒分の家がシェアハウスに大変身しいます!
だからこそ広々のシェアハウス♪
掘りごたつの団欒室に14畳のリビングルーム
。全部屋8室、最大人数9名です。
さっそく、フランス人の女性からリクエスト問い合わせがありました。

オーナー様のご家族は、おじいちゃまとおばあちゃまは仲睦まじく、素敵なご家族。
昨日の部屋の内装の打ち合わせでは、LINEで「お昼はどうするの?」と奥様が壇密ちゃんのスタンプを送られてきたとだんな様に見せてもらいました。

内装の打ち合わせというのも初めての経験。。。。
直感でいろいろ提案させていただきました。

各部屋イメージを作っていきましょうと一つ一つ、凝りに凝りました。
玄関フロアは高級ホテルの玄関をイメージし、2階ホールは「集える書斎」に。シックな雰囲気を作りつつ北斎、国芳などの画集や日本文学全集が並べてある本棚にソファーを設置予定。

1階の2つの洋室は、和風モダン、壁の一面を濃い色を持って行くことで、お部屋にアクセントをつけます!
2階の1つの洋室はVividなPink 壁紙クロスをイメージし、「Room Venus」としましょうと。
オーナーさん、遊びに遊ばせてくださいました。

完成が楽しみです。


外観はこんな感じ。これから大変身をとげますよー
補強後、ここにシャワーBOXが。イメージはホテルのシャワー室

1Fの洋室二つ。和風モダンなお部屋に。



明日は、伊勢神宮で新嘗祭ですね~
秋はあっという間にやってきました。
そんな秋の大安の一日の11月16日たちばなはOPENです。

「こうろぎの鳴き声とまり、、秋の空」
→今回のスペイン旅行中、バーで出会った俳句をするというおじさんが詠んだスペイン語の俳句を訳してみました(笑)
スペイン語のように韻が上手く踏めてないのが残念。

秋を愉しむぞー

アディオス!

0 コメント: