2014年9月15日

大人のジェラート

 世界にジェラートが嫌いな人なんて居るのでしょうか。





 京都には Caffellatte (*スペルミスではない) という名前の、イタリア人経営のジェラート屋があります。
 ピスタチオ味なんてイタリアとおんなじうまさで、イタリアへの想いを馳せながら、舌の上でジェラートの粒子を溶かしていると、あらま、目の前に広がるカンポ広場。スーツ姿のチョイ悪イタリアーノがあなたの耳元で、「キミのジェラート、ひとくちペルファボーレ。」 そんな夢がみれそうです。カフェラッテ
http://caffe-llatte.com/




 
 東京か大阪に行かれる方はぜひともFar East Basaarのジェラートを。
なんと、アラビアンジェラートという新ジャンルに挑戦しているこのお店。
 砂糖を使わず、果物そのものの甘みや椰子の花の蜜で甘味をつけているそう。私が食べたのは、玄米フレークやナッツののったデーツ味とプルーン味のジェラート。ひとくちほおばると、あらま、目の前に広がるブルーモスク。ターバン美男子に、「ボクのラクダに乗らないかい。キミは美しいからラクダ代は無料だよ。」 もちろんラクダを降りたらクソ高いカーペットを買わされます。


http://fareastinc.co.jp/gelato





そんなハッピーな食べ物、ジェラート。
涼しくなり始めた今だからこそ、良質なものをじっくり味わいたいですね。

0 コメント: