2015年7月1日

「他們的童年都是這樣過的」

最近、頭の中に浮かび上がったアイデアですが。。。日本の方々は、幼年時代、いったいどう過ごすかについて聞かせていただきたく、そして、中国語と英語の文章にしたいなと思っています。(そのシリーズのタイトルすでに考えました)そのきっかけと申しますと。。。ひとつは、ある同僚、幼いごろ、ホタルはあまりにも多くて、木はクリスマスツリーのようにキラキラしていると話してくれました。また、蜘蛛をみたら、ただちに殺さず、掴んで、大自然に戻すことを目撃すること。あとは、忍者のようにかなり険しい登山道と渓流のあいだにぽんぽんぽんと跳ねってる人にあっけにとられた記憶。あ、やっぱり、自然の中に、昆虫(マイナスゴキブリ)とともに、成長してきた人は、私のような、大都会で育てられた人とはずいぶん違うなと思ってました。私にとっても、ほかの大都会育ちの人にとっても、きっと、面白い話になるではないかと思っています。ひとりひとり声かけますので、私を拒絶しないでください(泣きます)。待てない人、すぐ話したい人、いつでもご連絡お待ちしております。

0 コメント: