2018年5月26日

井上尚弥 三階級王者

昨日、プロボクシングのWBA世界バンタム級王座戦が行われ、挑戦者の井上尚弥選手が1ラウンド1分52秒TKOで王者ジェイミー・マクドネルを破り、日本人選手歴代最短となる16戦目で3階級制覇を達成しました。僕はボクシングが大好きで、日頃からかなりボクシングの動画を見てます。特に井上選手の動画は今までの試合何百回と見ています。今回の相手のように10センチ以上身長が高い相手にパンチをあてることは、リーチ差があるのでかなり難しいことです。それなのにあんな簡単に試合に勝ってしまうなんで凄く過ぎです!!



以前井上選手の動画で「練習時間って多くとっても4、5時間。残りの20時間をどれだけアタマ働かせてカラダ使うかによってスポーツ選手の能力は決まってくる!僕はそういう理論」
例えばごはんを食べる時、歯を磨く時は左手を使い脇を絞るとか、身体の使い方の他にもイライラしない、慌てない、動揺しないなど、心身ともに日常生活の中にトレーニングを組み入れていくこと、これって凄く重要なことだと思います。

井上尚弥選手は
身体能力も高いうえに、
日常生活でもそれが出来る。

だからあそこまでの
選手になったんでしょうね。

 






0 コメント: