ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

2008年8月25日

宇治、萬福寺へいく

先日、宇治川花火大会を観るためにお茶どころ宇治に行きました。ジェイホッパーズ京都から自転車で約1時間半(電車で20分)くらいかかりますが、道は比較的平坦なので、辛いことはありません。

花火大会はパスカル君のブログに譲り、他の事を。以前、京都で働いていた宇治出身のスタッフは「宇治の小学校の蛇口からは水やなくてお茶が出る」といっていたので、ぜひとも真偽をたしかめたかったのですが、日曜とはいえ、奇怪な事件が起こる今日この頃、小学校を横目に通り過ぎました。小枝探偵にでも依頼しようかと思っていたら・・・・・・ググってみたところ、出ました。コチラです。いろんなテレビに取り上げているようです。

で、今回のお目当ては写真をはじめてみて以来、いってみたかった萬福寺です。宇治にはほかにも、世界遺産の宇治上神社、三室戸寺、平等院などあるんですが、時間の関係上、萬福寺だけいきました。

ご存知ですか、黄檗宗? 日本が誇る、臨済宗、曹洞宗に次ぐ禅宗です。こちらがパンフレットです。

ダジャレか!? 満腹さんが表紙に

ここのお寺がおもしろいのは、中国様式なことで、伝統的に中国から住職を招聘しているからです。

中国風廊下、ぶら下がっている提燈も

お寺マーク

何かの建物の扉、とっては陰陽マーク、くり抜きは蝙蝠型!?

そしてお楽しみの・・・・あいつが・・・・


叩きたかったけど・・・・それはさすがに出来ませんでした。


2008年8月21日

小さな世界


ここで働いてると、「小さな世界」だな~って思うことがつくづくあります。

私がカナダで住んでいた小さい町の人が来たり、話している途中で友達の友達だったことが分かったり。

先日お休みを貰って10日ほど、韓国を旅行してきました。
そこで慶州という小さい町の古いホステルに泊まったんですが・・・

リビングに行くとなーんか見覚えのある顔が。

その人も私をじーっと見てる。

そして彼が一言「君さ・・・広島のJ-hoppersのスタッフだよね?」

!!!!

そうです。お客さんでした。
2,3週間前に泊まってくれた。

いやーびっくりこきました。





焼肉おいしかったです。

2008年8月18日

大阪の淀川花火大会

さて、花火大会の時期がもう終わり、8月の半ばを超えて秋の思い出が心に浮かび始まりました。まだ大変暑いわりにフランスの夏休みが近付いていつもこう思ってしまったもので、今でもこう考えて続けるようです。
今年の夏祭りにめったに行けなくて何とかきつかったですけれども、花火大会の一つにも行けないと嫌でしたよ。では、今年観に行った花火は大阪の淀川花火大会でした。



淀川という川は大阪の主な川です。琵琶湖から宇治経由で大阪湾まで流れます。場所による名前が変わります:滋賀県にセタガワ、京都府にウジガワ、大阪府にヨドガワになります。大阪駅のすぐ北の淀川の岸が広くなって大勢の観客が集まれて安全に花火を打ち上げられて、完璧な場所です。こんなわけで大阪駅と十三駅の間、川の上で花火大会を行うことになっています。
よく見えるように北岸で阪急京都線の西を勧めます。こうして何も視界を遮らなくて、大阪市の建物(特に梅田スカイビル)を背景になります。Googleマップにはこちらをご覧ください。



屋台で買った食い物で岸の草ままでピクニックをしながら待っている観客。

川の横に平らで草が高いであって、少し離れたら険しい坂で低い草であって、好きな席を選んでください!今まで他の行った花火大会の反対、よく見える席がいっぱいですのでほんまに楽な花火大会でしたね!



待ちながら夏の真っ青な空で飛ぶ雲を見つつあの堂々たる真っ白な驚異の写真で本を作ろうかなと夢想しました~



残念ながら花火の初めが近づけば近づくほど青から黒へ変わりました。ちょっと心配でしたが急にフラッシュ!「あっ!始まった!」と、皆喜びました。「あれ、どこだった?」。右手の期待した方には雲以外何も見えませんでした。左手は。。。オオカミナリ!!!まだ遠くて頑張ってみようとの皆は目の一つで左の”当然な花火”を見ながら右の”人工な花火”が始まったかどうかチェックしていました。試合みたいでした。やはり、雷もきれいでしたね!そして、花火が始まった前に大雨が降ってきました。ザァーザァーで土はすぐに泥になってしまいました。傘持ってない人達が多かったので街のほうへ逃げ始めたのがたくさんいました。坂の滑りやすい草で、汚くなって、ビシャビシャの他人と押し込めて、浸して、楽しみが大分なくなってしまいました。でも、私達は逃げないで飽くまでに待ちました。「こんな雨で打ち上げられるかな」と思うか思わないかのうちにほんとの花火大会が始まりました。空にデッカイ花火だけであって逃げた人は立ったところままで止まってすぐに「あ~」「お~」で雨を忘れながら花火に目を引かれました。写真は最初絶対無理でしたが終わりのちょっと前に雨が止んだので数枚撮れました。ラッキ!


 

結局、悪い天気でも、いいえ、悪い天気のかげですごい思い出になりました。家に帰った時に体が寒くてちょっと風ぎみでした。まるで冬だったようにすぐに熱いお風呂に入りました!来年も行きたいです!でも、今度は梅田スカイビルの上から!400人のラッキな観客は当日の午後一時に特別な切符をゲットして、夕方に彼らしか入れませんでした。素晴らしい立場だったでしょう~

そちらのみんなさんは2008の一番好きな花火はどれでしたか~?

2008年8月9日

関西一高い山

関西地方にお住まいの皆さん、関西一高い山はなんでしょうか?

正解は八経ヶ岳(はっきょうがたけ)1914.9mで、奈良県吉野郡にあります。『一帯は1936年吉野熊野国立公園に指定され、2004年7月にはユネスコの世界遺産に「紀伊山地の霊場と参詣道」の文化的景観を示す主要な構成要素として史跡「大峯山寺」史跡「大峯奥駈道」が登録された』(Wikipedia)ところであります。なぜ、霊場なのかといえば、大峯山といえば知る人ぞ知る修験道の聖地であるからです。山上ヶ岳という山はいまだに女人禁制を護り、こんなような修行(?)が行われています。

朝6時くらいに家を出て、電車を乗り継ぎ、バスに乗り、登山口に着いたのが午前10時、標高700m地点から登り始めました。吉田山や大文字なら歩いたことはあったけど、本格的な山登りなどかれこれ十数年振り、一抹の不安とともに出発しました。予定では今晩泊まる山小屋までは7時間かかるとのこと・・・・。雑木林、杉林を抜け、しばらく歩くとブナの森、そこからは特になんてことない道が続き、5時間ほど歩いたところでようやく水場に到着。

足を冷やし、再び歩き出すと、もののけ姫でみたようなこんな景色が広がり。ようやく、5時過ぎに山小屋に到着しました。

翌日はまだ薄暗い5時に出発、1時間ほどかけて八経ヶ岳頂上を目指しました。朝靄の中、幻想的な風景が・・・・。

そしてついに、頂上!!

やっぱりロッキーポーズ。

ご来光には遅かったけど、雄大で爽快な眺め

下りは結局5時間かかり、翌日はすっかり筋肉痛に。ジェイホッパーズ名物の急階段がなんとも憎らしかったです。

2008年8月6日

田舎での一日






京都は、ほんの少し足を伸ばすだけで深い森や自然に出会えます。

街中に蛍が飛び、鴨川では鹿をみた人もいます。

今回はほんの少し田舎、市街から車で一時間ほどの場所にドライブに出かけました。

今はちょうど蓮の季節 蓮農家さんの畑では蓮たちが大きく花弁を広げていました。

棚田では稲が青々と輝き

その向うにたたずむ茅葺の家々の姿はまさに日本の原風景そのものです。

新鮮な野菜をたくさん買いました。

みずみずしい野菜たちは放つ香りも色も強く、見慣れた蛍光灯に照られたスーパーの野菜たちの元気のなさを実感しました。

帰りには温泉につかり日々の疲れをゆっくりと癒しました。

田舎では、広告はほとんどなく音楽は聞こえません。

街で生活していると否がおうにも文字や音という“情報”が無理やりに入ってきます。

けれど田舎では人間の作り出したものではない、そして形やイメージとしての風景や

虫や鳥、風の作り出す音があちこちで聴こえます。

京都の田舎を是非散策してみてください。

2008年8月5日

マグロの解体ショー


大勢の大人子どもに囲まれ、まさに「まな板の上の”マグロ”」。

さて、これはどこの光景でしょう?

①大阪中央卸売り市場
②黒門市場(大阪日本橋)
③聖天通り商店街(大阪福島)


A. ③聖天通り商店街 
  そう、J-Hoppers大阪の位置するローカル商店街です。

といっても毎日卸売り市場並みのことをやっているわけでは決してなく、
先日の金曜日に行われた商店街の夜市でのメインパフォーマンスでした。

商店街の理事長さん曰く、超太っ腹ではり込んだ本マグロ、大勢の前で解体ショーを見せた後は、そのまま直売大売り出し大会!!!

チンドン屋さんの音に導かれて大勢の人たちが集まった夜7時、
男前の若いおにいさんが振るうノコギリのような包丁で
みるみるうちにさばかれていく本マグロ。


数分後。



頭を子どもたちの方に向かってさらされているマグロには申し訳ないですが、おいしそう。。
すでに右手奥には我先においしいところを買おうという奥様方の群れが。


私たちは解体ショーとビールにすっかり満足してJ-Hoppersに帰りましたが、その後時間差で行ったスタッフがGETして帰ってきてくれたおかげでありがたく、超新鮮かつ極上のトロ&マグロちゃんにありつくことができました。
幸せ~~~♪♪♪


夜市では、他に各店舗からいろんな夜店やミニフリーマーケット、子どもが喜ぶスーパーボール釣りやザリガニ釣りなんかまで出てました。


ちなみに今月22日には商店街全体のフリーマーケットがあります。
J-Hoppersとして何かを出すかはまだ思案中ですが、旅の途中でこんなローカルな雰囲気を味わいたい方。
どうです? J-Hoppers大阪で一泊してみては??