ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

ゲストハウスは国際交流が楽しい!

世界中の旅人が集うゲストハウス。日本人の方も大歓迎です。外国人と一緒に国際交流しましょう!

2009年5月31日

遍路のススメ

突然ですが、2年前から、区切り打ち(一回で全部回らず、数回に分けて行くこと)で四国八十八箇所参りをやっております。

てことで、先日またお休みを頂いて行ってきました。

今回は、高知市内からまだ南の窪川から足摺岬、そしてそのまま西海岸を回って宿毛に入り、愛媛県はじめの札所である40番の観自在寺まで参るコース。
正直このエリアは、香川県民でもなかなか行くことがないくらい1番札所から一番遠いところで、さらに海の景色がバツグンにいいだろうということで、一番楽しみにしていたコース。
なので出発前からテンションは最高潮です。


まだインフルエンザ騒動の真っ只中だった先週、遍路相方とマスク着用で夜行バスに乗り込み、いざ出発。

その移動中は雨が降っていましたが、高知の須崎に着いたときには文句なしの快晴。
早速最寄駅からウキウキと歩いて、今回初めのお寺となる37番札所の岩本寺へ。

朝一番だったので人も少なく、しかも雨上がりで風が吹くたび木々から雫がシャワーになって落ちてくるという、マイナスイオンたっぷりのとってもすがすがしいスタートを切れました。



このお寺の本堂は、その天井にプロからアマチュアまでたくさんの人に描かれた絵画でギッシリ埋め尽くされていることでも有名で、納経所の人に了承を得て写真を撮らせていただきました。


ゴージャス! の一言。 なんとマリリンモンローまで。。


その後、一日目はまだ海側に出ることはできず、でも日本最後の清流を横に眺めながら
延々と歩き続けます。

河口近くになっても変わらずキレイな四万十川に、しょっちゅうウットリ。


ニ日目に寄ったコンビニで、こんなベンチを見かけました。お言葉に甘えて休憩(笑)



遍路道は、昔ながらの急でマムシが出るような険しい山道を歩くこともあれば、車がビュンビュン走るアスファルトの国道を歩くこともあったり、なかなかバリエーションに富んでいることが面白さの一つ。


ここは今回最もテンションが上がった場所 その①。この橋を渡って、ビーチを歩いていきます。


修行っぽい?   この後調子に乗ってたら深みに足をとられてコケましたが(笑)



歩き遍路と一言にいっても、そのきっかけや歩き方は人それぞれです。男性ならずっと野宿中心で歩き通す人も多いし、一日最低40km歩いたり・・。(私たちは景色を楽しみながら歩くのでせいぜい一日20~25km、最高でも30kmです) かたや時間の制限なく、自分のペースで八十八箇所だけじゃなく番外と呼ばれるお寺も参る人などなど。
遍路中、お参りの作法や禁止されていることなどはありますが、基本的にどのように回っても大丈夫。

道中、だいぶ歩いてそろそろ一息つきたいな・・ と思うちょうどいいポイントに、地元のボランティアの方々によって設置されているお遍路小屋という休憩所やトイレなどがあります。昔から安全に遍路ができるように、今もずっとそういった方々によって守られているこういった細かい気配りがあちこちにあり、それに出会うたびに、四国の人間としてもこのお遍路の文化はずっと大切に残していきたいと強く思います。

足摺に向かう途中にあったお遍路小屋。なんとお風呂や台所、布団まで用意されてあり、野宿中心で回っている方には涙モノです。近所に住むご一家が管理されていました。ゲストハウスのように、今まで利用された方々のコメントがぎっしり書かれたゲストブックまであります。


それからどんどん海岸沿いに進んで、ようやく足摺岬にある38番札所金剛峰寺に到着。納経所で「歩き遍路さんだけに」と言って、かわいいお遍路姿のストラップをお守りに頂きました。本当、こんな遠くへきたもんだ・・  感無量。


せっかく来たからにはもちろん足摺岬周辺も存分に楽しみます。 高知県の東側にある室戸岬もかなりの景観でしたが、ここはさらに圧巻。断崖絶壁の足摺岬展望台からずっと海沿いには椿の林が広がり、その先へずっと歩き進むと「白山洞門」と呼ばれる、波の侵食でできた自然の洞窟が波打ち際にどっしりとそびえていました。間違いなくテンションが上がった場所 その② です。 もう散々歩いた後だったのに、すっかり元気。

白山洞門へ続く、かなり急な階段。


白山洞門。岩の中心をよーく見ると、女性の横顔に見えてきます。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

今回、テンションが上がったもう一つの場所、その③。足摺岬からまだずっと西に向かって進んでいくとある、「見残し」という場所。弘法大師も「見残し」たから、その名前がついたとか。「見残し」と並んで「竜串」という場所があり、日本で初めて海中公園として指定されたとして有名な観光地になっています。

「見残し」へは、歩き道もありますが難所のため、通常はグラスボートという船底がガラスでできたボートに揺られて約15分。途中、サンゴや色とりどりの魚たちが見れるポイントでしばし廻船してくれます。


そしていよいよ2000万年前の奇岩群、「見残し」へ。風と波の浸食でできあがった不思議な岩たちと驚くほどの海の青さ。






けっこう険しい道もあったりして足元は不安定ですが、約50分で一周できるそうです。
お遍路じゃなくても、もし高知へ行くことがあれば、ぜひこの2箇所は寄ってください。ほんっとにオススメです。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
その後も延々とこんな道や
こんな道を歩き続け、八十八ヶ所の番所ではないけれど、絶対寄っておくべきだと道中でご一緒させて頂いた他のお遍路さんの強いお勧めにより月山神社もお参りさせていただき、四国の西海岸を経て高知最後の番所、延光寺の後も峠を越えて愛媛へ渡り、40番の観自在寺まで無事お参りして帰ってくることができました。

以上とっても長くてスミマセン&ほぼ景色のレポートのようになってしまいましたが、四国にご興味のある方は、ぜひ少しの距離でもいいのでお遍路として歩いてみてください。「四国」が「お四国」という世界に変わります。この意味は、案ずるより産むが安しです。

興味の無い方。観光としてでもいいのでこの高知南部へはぜひ訪れてみてください。南国ムードが漂い、山も海も人も生命力に溢れてて、カラダにエネルギーをいっぱいもらえますよ☆

2009年5月29日

白川郷。。。


去る五月中旬、白川郷へ行ってきた。
昨年夏に飛騨清見ICー白川郷ICが開通して、高山から白川郷へのアクセスが容易になった。
それ以前は、一度荘川まで南下してからV字北上する白川街道を通るのが一般的で、この場合約80キロ、車でおよそ2時間半ほどかかっていたが、東海北陸道全線開通で50キロ、1時間に大幅短縮!車で移動する旅行者にとってはかなり便利になったといえる。




ただし、車を持っていない外国人旅行者の場合は、高山駅からバスに乗ることになる。これがまたくそ高く、片道2400円、往復4300円である。この区間はJRはなく、足のない人はこれに乗るかヒッチハイクするしか方法がない。従って予算の限られるバックパッカーは諦めて市内の「飛騨の里」でお茶を濁すことになるのである。その他にも奥飛騨温泉郷や上高地など、このあたりの近郊観光地への路線はほぼ濃飛バスの独壇場なので、押しなべて料金高。市場主義の限界が言われている昨今であるが、こういうのを見るとやっぱり適度な競争でゴッドハンドに登場してもらわないと駄目だなーと思いますね、実際。




 それにしても、白川郷は観光客は多くなったけど、昔の清里や軽井沢のように浮かれた感じになっておらず、今のところ上手に運営しているなあという印象です。茶店で村の幹部っぽいおじさんと少し話したけど、観光ビジネスと景観保存のバランスをとりつつ、村民の理解を得ながら村を一つの方向にまとめてゆくのはなかなか大変な仕事のようである。がんばれ白川郷!

ジェイホップツアー飛騨高山 - 高山から世界遺産の白川郷(合掌造り集落)への格安バスツアーに参加しませんか? 外国人と国際交流を楽しみながら歴史探訪!白川郷へのツアーを提供するジェイホップ飛騨高山のウェブサイト

2009年5月26日

PEDAL

先日、「定額給付金」とやらが僕の口座にも振り込まれてました。
せっかくなのでケチケチせずに使いますよ!!

と、いうことで四条とか三条とかあの界隈へ、
お勧めは富小路。小さなセレクトショップがなかなかアリな物を置いてます。
今回も六角通りを富小路へ足を進めると、何か、見たことのないお店が、何だ?

ちなみに、店先に立っている方は隣の店の人です。
和風な建物に近づいていくと・・・


そこは、大阪からやってきた新しいスポーツサイクル屋でした。
(じゃ、せっかくなんでここで使おうかなぁ・・・いやぁ、さすがに「0」が足りない・・・)
よく見ると西隣に似たようなお店が!!

隣で自転車買ったらアパレルはウチで!!と言わんばかりのアウトドアの大きなお店です(笑)

で、結局何を買ったかというと、家を出るときから決めてまして、
タワレコに戻り、CD4枚まとめ買いです。

ラインナップはこんな感じです。
NOFX→Coaster
GREEN DAY→21ST CENTURY BREAKDOWN
HAN-KUN→VOICE MAGICIAN
BEAT CRUSADERS→VERY BEST CRUSADERS


せっかく気候のいいこの時期、鴨川でのんびり聞くことにしました。

対岸には三味線を弾くおじさん。隣のベンチはタイコをたたくお兄さん。
目の前を走り抜けていくランナーにサイクリスト。
予想外に伸びるリードを利用して(?)靴をくわえて行きそうになった散歩中の名(迷?)犬
ウォーキングの途中、僕のいたベンチに合い席してきたおじさん。
ヘッドフォンをしている僕を勧誘してきた信仰心の厚い方(←ごめんなさい声は聞こえませんでした。)
無言(←だったと思われる?)でコンサートのフライヤーを渡していったお姉さん。

半日鴨川にいると色んな人に会えますね。
最近は、午前は曇ってて、昼から晴れるなんて日が続いていますが、
昼からだけでも十分。鴨川でのんびりできますよ。
つい、気持ちがよすぎてうとうとして・・・
気づいたら周りが真っ暗なんてことも無きにしも・・・

CDの感想を少し、「NOFX」彼らに関しては、全く未知でした。
このバンドを僕に勧めたのは高山のYuyaで、毎日×10、10-FEETばかり聞いていた僕に、
似た感じのバンドということで、NOFXと、あと数バンド教えてくれ、今回名前が覚えやすかったんでタワレコで探してGETしてきました。
Yuya、大正解!!アンタ、やっぱりわかってるねぇ、はまりそうな予感アリです。

ちなみに、自転車屋さんはこちらです

2009年5月24日

ジェイホッパーズ飛騨高山 開店への道(5)

ていうか、もう開店して一ヶ月近くも経ってしまってまして。。。。
もっといろいろ準備の状況とかお伝えしたかったんですが、いやー瞬く間に時が過ぎてしまいました。
5月1日に準備と平行しながらプレオープン的にスタートし、今はようやく落ち着いてお客さまをお迎えできる体制が整ってきました。



受付スタッフは、左からサーファー松下、ライダー釜谷、ミュージシャン石橋。個性的な面々です。サーファーとライダーは飛騨人なので、地元情報をどんどん発信してゆきます。絶品の飛騨牛が格安で食べられる店や、ガイド本には載ってない絶景スポット、その他諸々、引き出しは無限にあるようです。またミュージシャンは元ヘビメタ系のベーシストだったんですが、今は一転してのさわやかなアコースティックのオリジナル曲であなたをお迎えするでしょう。

こんなユニークな面子達と一緒に、楽しい飛騨高山の夜を過ごしてみませんか!

2009年5月22日

みなさん、こんにちは

はじめまして。ゆかりです。
ほんとは「かりー」というあだ名があるのですが、
会社のひとには誰にも言っておりません。
なのでみなさん「しばたさん」とサーネーム呼びです。



ジェイホッパーズ京都で働きはじめて
3週間が経とうとしています。
1ヶ月前はネパールにいて、
2ヶ月前は横浜にいました。
1ヶ月後は高山へ行く予定でした。


しかし、予定は未定に変わり、最近では不明になりました。


そんなこんなで、
しばらくは京都にいることになりそうです。
スタッフの方には
「うれしいです」を500万回ほど連発したんですが、
実は京都に疎いです。

「烏丸(からすま)通り」をつい最近まで
「鳥丸(とりまる)通り」やと思っていましたし、
「大文字焼き」はお菓子の種類やと思っていましたし
(「大判焼き」の仲間やと思っていました)、
「おばんざい」は未だになんのことやらわかっていません。

しかしふとした時に、たとえば、
仕事に向かう途中横目で通り過ぎる西本願寺とか
ふらりと散歩でいく夜の二条城とか
気づいたら食べている抹茶系スイーツとか、
日常のなかに「京都やなぁ」と強烈に感じることがたくさんあります。


ゲストハウスで働いていると、
毎日が旅のようであり、また旅が日常の中を流れていきます。
京都での日々も、
居住者と旅びとのちょうど中間のような位置づけのようです。


夏を迎える前の少し緩んだ空気の京都を
これからたくさん楽しんでいきたいです。
みなさんどうぞ
よろしくおねがいします。

おしまい















2009年5月20日

東福寺 波心庭

またも新緑の季節がやってきました。

五月はお祭りも多く気候もとても良い、最高の季節です。

もちろんあちこちで花も咲き乱れています。

雨が降れば苔は喜び、木々の葉は濃さを増します。

露へおりる光は宝石のようです。

ジェイホッパーズ京都は東福寺から徒歩15分と、すぐ近くにあります。

秋以外に訪れる人はそれほど多くはありませんが、

橋から見る新緑の紅葉は秋に負けないほど美しく、

また有名な作庭家、重森三玲の庭を訪れることができます。       


東福寺にはいくつもの塔頭があり、お庭を公開している塔頭も多数あるのですが、

(一華院さんには当宿も大変お世話になっています。)

どこの禅庭も負けぬ程、それぞれにおもしろさや美を感じさせてくれます。

今回はそのお寺のひとつ、光明院をご紹介します。

(何故かタクシーガイドさんたちお勧めのお庭だそうです。)


永遠のモダンを追求した重森三玲の庭は京都にいくつもあります。

その中でも光明院のお庭は私のお気にいりの一つとなっています。

志納金はまさに“こころざし”、竹筒の中にいれるのですが、

横に立てかけてある札には“皆様方を信じて居ります”と静かに書かれている。

















中へ入ると鮮やかな緑のもみじ、つつじ、すっくと立つ石が、

縁取られた畳の間の向こうにまぶしく見えます。 

モダンな円相窓、襖の隙からこもれ出る西日。

本堂に腰掛けると、自然に石と対話ができるのです。

生前 三玲は“石がどこに置かれたいのか教えてくれる”と言っていましたが、

まさにその感覚が、とてもよくわかる気がするのです。





















鶴、亀、、ではなく浄土を表したというこの庭、

勢いよく葉を伸ばすさつきは浄土の雲、白砂は大海、苔は山、岩は仏たち

水の音、木の葉のざわめきだけがこの空間に色として在る音で、

その中に無数の色を持たない音が存在している。

 三玲の設計原図を見て、空間に潜む美や力をとらえることのできたこの人の

偉大さを再度思い知らされました。






















雨が降ると白砂の海には水があふれるそうです。


お寺は観光をする場所ではなく、やはり心を整えてくれる場所だと、
その庭という限りあるかに見える空間に、限りない宇宙を感じながら今日も思うのです。

2009年5月15日

ジェイホッパーズのプロモーションビデオ

ジェイホッパーズのプロモーションビデオ第一弾が出来上がった。
まずはジェイホッパーズ発祥の地、京都のビデオから。
アジア各地にアジトを持つ謎の団体、ジャアク商会の映像部門、暗黒シネマスタジオのプロデュースである。
ナレーションは高山店のYuya君、また途中の設備案内あたりから挿入されている音楽も彼の作曲演奏である。
これを皮切りに、全店ビデオを制作していく予定なので、乞うご期待!