2012年8月29日

カミングアウト♪

実は私、、、、、、、何を隠そう、、、、、、、



消臭力のミゲル君顔負けの、本気(ガチ)のコーラス部員 だったんです!





京都店の”ラテン系”(たまにタイ人)と呼ばれているタムタムが、ついにカミングアウトしてしまいました。



もう20年も前の話です。
小学4年生からの3年間、朝練、放課後練習、夏休み、あの大地震の後だって、毎日毎日コーラスの練習に明け暮れていました。

6年生に混ざって、4年生で唯一、私だけが前列で歌っていたんですよ。
日本一の生徒数の多い小学校に通っていたので(当時の全校生徒は1781人。”花金データランド”が取材に来たほどです。)、オーディションで4年生が前列獲得ってのは、つまり、それだけの実力が、えぇ、ありましたとも!
その結果、NHK全国合唱コンクールで全国3位を獲得しました。
 

、、、、、と、武勇伝を綴ってみたものの、今となっては、あの時の美声はどこへやら。
それどころか、あの時みたいに何かにピュアに情熱を注ぐことすら難しい。
そんな状況を、僅かでも打破すべく、タムタム決めました。


今年、「サントリー 1万人の第九」 に出演します!
♪晴ーれーたーるーあーおーぞらー でおなじみのベートーベンのかの曲をドイツ語で練習中。
12月2日、佐渡裕さん指揮の下、1万人の参加者とともに大阪城ホールを響かせます。


ジェイホッパーズ合唱部、入部希望者は京都店の門を叩いてください!
(※22時以降は要ピンコード。)
ちなみに私のパートはもっぱらアルトです。


6 コメント:

どうりでときどき発する高音に伸びがあるわけだ! 納得。

第九の合唱はうちの奥さんも憧れのやつです。ぜひ一度みんなの前で独唱お願いします。


アルトなので独唱不可。
これは歌うのを断るいい言い訳になります。

小学生でコーラスに熱中するとは!!アスレチック鬼ごっこ(通称:アスレ鬼ご)に朝から晩まではまりまくっていた私とえらい違いじゃわ~~!

1万人の大合唱だなんてぜったい鳥肌ものじゃね~。素敵♪

アスレ鬼ご!
それは神戸には存在しなかったなぁ。
「ミッキーバリア」は広島に存在した?
鬼ごっこの時に自分をバリアできる魔法の言葉。

アスレ鬼ごは私の小学校の私のグループ内だけでの流行りだったからね。笑

普通のバリアじゃなくて、ミッキーついちゃうの!?ミッキーバリア!!
それ使ったら無敵じゃね。w

ミゲルくんは昨日から、お父さんと一緒に大阪に来てますよ。