2010年6月13日

岐阜→高山→富山 縦断ツアー

先週末、友達の結婚式で岐阜市に行き、せっかくそこまで行くならJ-Hoppers高山にも行かないかんやろ!  ってことで、2泊3日の岐阜県満喫ツアーへ出発。

土曜日に岐阜市内の結婚式を夜遅くまで楽しんだ後、翌日日曜日はホテルで自転車を借りてお昼頃まで岐阜城近くの長良川周辺を散策。人生初の長良川河川散策は大変のんびりできました。もちろんういろうも堪能。しかしなんといっても岐阜市民の皆様のフレンドリーさ、おもしろさに感動。岐阜の人たちがこんなにアツくておもしろい人が多いとは今まで全く知りませんでした(すみません・・)が、この一日ですっかり大好きになってしまいましたっ。

とりあえず長良川記念に。


その後JH高山名物ガイドの黒さんに岐阜付近で拾ってもらい、そのまま高速を使って白川郷へ直行。これまた人生初、うわさの白川郷についに足を踏み入れました。

黒さんガイドはまず、白川郷の道の駅に立ち寄り、その中にある合掌ミュージアムで合掌造りの説明を。その後、観光バスなどが止まってにぎわう中心地から一番遠い村はずれで車から降ろしてくれ、そこから中心地に向かって散策開始。このポイントが絶妙。そこから歩き始めると観光客がまずいないので、白川郷のまだまだ素朴雰囲気とのんびりした景色をゆっくり楽しむことができました。

せっかくなので中を見学できる合掌造りの一つ、「神田屋」さんの中へ。

「個」としても「村」としても、合掌造りの家に活かされている
昔からの人々の知恵や工夫に感心しっぱなし。


のんびりまったり歩いても、小さな集落なので十分時間があるのも嬉しいところ。
歩いて小腹がすいてきたので、おみやげ屋さん兼中華そばメインのレストランを営んでいらっしゃる「白楽」さんで「どぶろくセット」を頂くことに。
http://www.shirakawa-go.gr.jp/details/?i=54
セットには、どぶろくがお銚子一本と”石豆腐”が青唐辛子みそつきでついていましたが、この豆腐とお味噌がまたおいしい!!これに白ご飯があればもう十分です。

ちなみにこちらの白楽さんは、数年前に相方のKさんが韓国人のお友達と白川郷を訪れたときにたまたま頼まれて韓国語のメニューを作ってあげたとかで、まだ使ってくれてるのかなー と思って覘きに行ったんですが、きれいにラミネートしてちゃんと使ってくれていました!!しかも当時2人がノートに残したコメントも大事に保管していらっしゃって、私もこういう仕事をしているだけにお客様が戻ってきてくれたときの嬉しさとか、逆に自分がお客様の立場で同じところに戻ったときに当時のことをちゃんと残して覚えてくれてたりする嬉しさとかを改めて感じて、一人一人との出逢いの大切さやお客様を受け入れる立場としてのあり方を再認識したのでした。
あ~、やっぱり時々旅に出て、この感覚を忘れないようにしないとですねっ。
(ちなみに、ちゃっかり私もJ-Hoppers高山&全店の宣伝を兼ねてコメント残してきました。)

白川郷の〆は、村を一望できる展望台へ。


その後、夜富山でお祭りがあるというのでそのまま富山へ突入し、温泉でまったりした後にその「観光祭」へ。
http://www.city.tonami.toyama.jp/kanko/event/kankosai/kankosai.html

ほぼなんの予備知識もなく連れて行かれたその先で見たものは・・
静かな夜の田んぼの風景の中に突如現れた、巨大で華やかな行燈とそれを担ぐ男たちの掛け声!!


行燈自体がそれぞれとてもきれいで、前日にどこが一番かを競うコンクールがあったそうなんですが、その夜観たのはそんなきれいな行燈同士を男たちがぶつけ合って(綱引きの逆のような戦い)勝ち負けを競う「合わせ」に圧倒!!
そして何より驚いたのは、その勝負に負けたチームの代表者が前に出て、日本酒一升瓶を真上に掲げて一気飲み!!! 周りのみんなも煽る煽る!!!
ずっと観てたら、続けて3回負けて飲み続けてたチームの坊主のおにーさん。。 ほんっと無茶しすぎですよ。。
番外編:祭りの帰り、道中のコンビニで見つけた冒涜されきったドラえもんの姿に
思わず追い討ちをかけた黒さん(笑)



そんなこんなで想像以上にアツい夜は幕を閉じ。。 最高に寝心地の良かったJ-Hoppers高山の和室ツインルームで朝はのんびりと。。 と思ってたところに朝市があると聞きつけ、それならゆっくり寝ていられるわけがなく。6時頃起きて7時前には朝市へ。宮川朝市と陣屋前朝市の2つがあるということですが、もちろん2つ行くでしょっ。

↑ここで仕入れた山菜を使って、翌日KさんがJ-Hoppers大阪で山菜てんぷらなど作ってくれました。
そのレシピ等はまた別にUPします。


その後は、JH高山から車で30分程度のところにある四十八滝へ連れて行ってもらいました。

一番上の上平滝まで880m、距離は長くないもののけっこう急な上り坂でしたが、48個滝があるわけではないものの名前のとおりたくさんの滝がある小川に沿ってずっと歩いていくので、新緑のさわやかさも合わさってかなり癒されました。岐阜に入ったときからずっと感じてましたが、ホント空気が違います。
http://www.48taki.com/

上まで上りきった後、休憩を兼ねて大阪から仕込んでいたコーヒーセットで「滝見コーヒー」を堪能。

コーヒー沸かすのに一生懸命で、ちゃんとした写真撮り忘れました・・ アシカラズ。。


ちなみに高山では食べたいものがたくさんありすぎてこの短い日程では全部こなせないと思い、朝ごはんに有名なほう葉みそ定食を組み込み、昼にMくんオススメの中華そばをいただき、世間一般では「みたらしだんご」として名のとおっている、高山の「しょうゆだんご」をおやつにいただき。。 大阪の食い倒れに負けてないくらい、高山は私にとって魅惑の食スポットでした。

〆はこちらで頂いたフローズンカクテル。


そんなこんなで遊びまくったため、心残りはJH高山でゆっくりする時間がほとんどなかったことと、飛騨牛を食べ損ねたので(コロッケだけは食べました)、また必ずや、次はぜひ雪のシーズンにお邪魔したいと思います。黒さんはじめ高山の皆様、今回はどうもお世話になりました&また次回どうぞよろしくお願いします!
ホンッとに楽しかったです!!







ジェイホップツアー飛騨高山 - 高山から世界遺産の白川郷(合掌造り集落)への格安バスツアーに参加しませんか? 外国人と国際交流を楽しみながら歴史探訪!白川郷へのツアーを提供するジェイホップ飛騨高山のウェブサイト

4 コメント:

楽しそう!!!!

前々から行きたいとは思っていましたがその願望がかなり熱くなりました!緑がきれいで季節的にも初夏の高山は良さそうですね~。読んでいる私まで楽しくなりました!:)

この間はどもです、のりさん。お久しぶりに会えて良かったです(夜中にすんません)。超ハードなスケジュールおつかれさまでした

わぁ~かなりエンジョイされたみたいですね、ごあいさつしかできず、その節は失礼いたしました★

それと、チョコレート、ごちそうさまでした、みんなでおいしくいただきました:)

>masa さん
私のつたない文章で願望を熱く盛り上げていただけたなら光栄です!!行ったかいも更にあるっていうもんです。
ホント、緑がめちゃくちゃきれいで空気がおいしすぎます。ぜひ蒸し暑い平地から抜け出して行ってみてください!

>matsuくん
どうもどうも、わざわざ来てくれてありがとうね!!私も久々で嬉しかったよー。今度はもちょっとゆっくり話しできるように行きますっ。
そうそう、中華ソバ屋さん、おっちゃんたちおもしろすぎたで(笑)

>mocoさん
いえいえ、こちらこそあんな短い時間ですみません。。mocoさんとは初めてだったからもっとゆっくり話したかったんですけど、残念。また次回はゆっくり行きますのでぜひ高山案内してくださいね。