2014年2月20日

柄にもなく、、、

 ジムに通っています。
汗をかいたり、走ったり、点を取るスポーツをしたりすることから、世界一遠い、このタムタムが、です。

 ジムというのは(銭湯に慣れていない私の世代の目から見ると)不思議な場所で、自己紹介より前にハダカのお付き合いが始まります。
「ひやっ、私、38で子ども産んだからさぁー、、、」とか、「あんた、きれいなピンクのほぉ紅やねぇ。」とか、「ちゃうちゃう、あの奥さん、離婚しはったらしいで。」とか、そんなオバハンの会話が、セイウチかと見間違うような裸体だらけのロッカールームで飛び交っています。

 さて、ジェイホッパーズ京都で最年長の私ですが、ジムで行われるエアロビクスやヨガのクラスではだいたい最年少。中でもお気に入りはZUMBA(ラテンの曲でエクササイズをする発汗量の高いノリノリのクラス)。とあるその日は最前列右側で、シャキーラかタムーラかと言われるほど腰をクネクネしておりました。
 クラスが終わり、休憩をしてからロッカールームへ行ったところ、セイウチ、もとい、オバハンの会話が聞こえてきました。
 「一番前の右側で踊ってた若い子、、、、、」
それは間違いなく私のこと。その言葉の後に何が続くのだろうと、耳をすませていました。
 「ガイジンやな。」



 そんなわけで、ニホン女子っぽくなろうと思って最近前髪を作ったものの、ガイジン枠続行中です。





                    ↑これがZUMBAだ。





0 コメント: