2014年5月1日

はじめてずくし

こんばんわ。もしくは、おはようございます。または、こんにちわ。
 J−STAYのシゲです。

桜の季節も終わり、あっという間に5月。もうすぐ一年の半分も迫ってくるという、日が経つ早さに驚きを隠せません。
それだけ日々の内容が充実してるという事でしょうか。。

今年で30歳になるんですが、この歳になっても初めてという事も多々あります。
今日はここで、最近あった初めての事を紹介したいと思います。

・桜の名所「平野神社」
よく東南アジア顔とか沖縄顔といわれますが、京都生まれ京都育ちの私ですが、平野神社に生まれて初めて行って参りました。
ただ、一言。
桜凄いです!!
行った時期は満開よりちょっと過ぎたぐらいでしたが、まだまだ桜を満喫できる状態でした。空を覆う桜の花びら、日本人と外国人が神社に集う変な感覚。
そして何より、昼から酒を飲める喜び。。。
最高でした。





・太陽の塔
芸術は爆発でした。その存在はもちろん、写真などで見た事はありましたが、実際に目にするのは初めてでした。
岡本太郎さん、やはり、芸術は爆発ですね。何かスケールが凄かったです。単純に考えれば、適当に作ったんじゃないのか?と思われるフォルム。しかし、見れば見るほど興味をそそる、その存在。
見ていて面白かったです。
あと、後ろにも顔がある事を初めて知りました。




・くずし割烹「枝魯枝魯」
「ギロギロ」と読みます。J−STAYの物件、高瀬川ハウスの 前にある料理屋さん。前々から興味はありましたが、なかなか行けていなかったお店です。
店長はフランス語がペラペラで、パリに支店を持ち、基本はそちらにいるとのこと。
料理は間違いなく美味しかったです。
メニューなどは無く、料理は月に一回づつ 変わるコースのみ。
料理、酒ともに大満足で本当に美味しかったです。
閉店時間も特に決まっていなく、お客さんが帰るまでという、粋なお店。
フランス人の板前さんがいた事も驚きました。





・幻のブルートレイン
仕事帰りにホームへ行くと、鉄ちゃん(鉄道マニアの方々)が大量にシャッターを切る姿に、何が起こっているんだと思い、その人ごみの方へ行くと、ブルートレインが停まっていました。
一応電車好きなんで、思わず写真を撮ってしまいました。




というように、この歳になっても初めての物に対する感動や驚きは、昔と変わらないと改めて感じました。
歳を取ってきているからこそ、感じる部分もあるんでしょうかね。
なんで、これからも、自分の初めての物を探して行きたいです。
それで、またこの場で紹介できたらと思います。


0 コメント: