2014年10月14日

最近ラジオを聞いています

台風一過とともに、めっきり急に寒くなりましたね。 秋の訪れを感じる風が吹いている、京都です。 今月は私事ですが、最近のお気に入りについてお話します。 それはラジオです。 今時はテレビのみならずパソコンもスマホも普及して、小中学生でも携帯電話を持っている時代ですし、 ゲームも昔に比べて大幅に質が上がって、 ファミコンのマリオブラザーズⅢしかできない私にとっては、全くもって流れに付いていけていません。 そんな時代の最中で、我が家にはテレビもパソコンも、新聞さえもございません。 一年前まではスマホもなかったという無い無いづくし。 しかも先日、数少ない娯楽機器の一つ、CDプレーヤーまでも壊れてしまいました。 何という静かな空間。。 テレビも音楽もなし。 風の音さえも聞こえそうなほどの静寂。。 こうなってはさすがに寂しくなってしまい、ついにテレビを買おうかパソコンを買おうか、 店に見には行ったものの、安くはないのでためらって。 どうしようかと考えた末、急にラジオの存在を思い出しました。 学生の頃毎日のように聞いていたラジオ。 壊れてしまったCDプレーヤーも、ラジオ機能だけは無事でした〜。 ラジオを通して聞く人の声の、なんだか安心する感じ。 テレビとは違って映像がないことが、心地いい。 耳だけで楽しむもの。 音楽がかかることがあれば、DJの方の最近あった出来事や、ニュース、物語を読む時間も。 リスナーのメッセージも、日常の何てことない日記のような話から、 ちょっと悩み相談まで。 声だけで表現する媒体というのは、「視覚」が伴わないだけでテレビとは全く違う存在になりますね。 想像する力がわーっと広がる感じも、耳に気持ちが集中する感じも、懐かしい。 今では、朝起きたらまずラジオをつけるのが日課となりました。 情報があふれている世の中ですが、便利なものの、疲れてしまう時も。 パソコンやスマホがあれば、すぐに何でも調べることができますが、全てを知っていることや・多くを知っていることだけが良いとは思えない。 ラジオから流れる物語を、想像しながら聞いてみる。 歌声だけで、顔のわからないミュージシャンの歌を、音だけで楽しんでみる。 そういったことがちょっと楽しい今日この頃です。

0 コメント: