2010年4月29日

海遊館開館20周年記念 サメハク2010

大阪の世界最大級の水族館「海遊館」は、今年で開館20周年目。

それを記念して同館では「鮫博覧会サメハク2010」を開催中です。


海遊館といえば、ジンベイザメが見れることで有名ですね。
ジェイホッパーズ大阪に来られるお客さんのほどんども、
「ホエール・シャーク」を見れる!と喜んで見に行き、
「クール!!」と声をそろえて興奮とともに帰ってこられます。


さてこのサメハクは、同館を代表するジンベイザメをはじめとする
サメの仲間に大きくスポットをあてた特別企画展。


16種類の生体展示のほか、
“さかなクン”の3D映像が見れる「ふしぎなサメの生態ゾーン」、
顔出しフォトフレームで記念撮影ができる「サメエピソードゾーン」、
サメ・エイに関する調査研究を学べる「海遊館からのメッセージゾーン」、
ジンベイザメの頭部レプリカが迎えてくれる「ウェルカムゾーン」、
実際にサメやエイに触れることができる「ふれあいゾーン」、
この5つのゾーンで、地球上で4億年以上の歴史を持つ
サメの不思議な世界を紹介してくれます。


中でも私の一押しが、泳いでいるサメやエイを直接触ることができる
「ふれあいゾーン」。

サメの皮膚はなんだかザラザラしていて、
「あぁこれがホントのサメ肌ってやつね」と納得。
たいしてエイは、つるっと滑らかで、やわらかくて、
ずっと触っていたいくらい気持ちよいのです。



会期は来年(2011年)1月10日まで。

皆さん、ぜひ自分の目で見て、手で触れて、
サメの神秘を心で感じてきてください。

2 コメント:

何を隠そうぼくは20年前の開館初日に行ってるんですよね~ほんまに光陰矢の如しです。
でも最近は行ってないので、近いうちに子供連れて行ってみます。

えぇー!!!!!それはすごい。そうですね、20周年の記念に再訪されるのもいいですね。ぜひみんなで触れてきてください。