2015年7月1日

衝撃の作品

みなさん、お久しぶりです。
Jstayの谷です。
 
京都は7月に入り、祇園祭の季節になりました。
7月1日から祇園祭は始まっていて、丸一月かけて祭を行い、
街全体が一カ月祭りムードに包まれます。
僕はこの祇園祭の雰囲気が好きで、なんとも言えない感じになります。
 
さて、僕ですが最近、ある話題の映画を見てきました。
 
『MAD MAX Fury Road』邦題はMAD MAX 怒りのデスロード。
 
和訳で「デス」が入る所からすでにイカれてる映画です。
 
内容は衝撃の連続で、最高に楽しかったです。
 
一言で表すと、みんな狂ってます。
 
ストーリーは単純明快で、走れメロスの様に、
車をぶっ飛ばして行って来いの物語。
でもその中にしっかりとした起承転結やキャラクターの個性が
しっかりと描かれていて、2時間あっという間でした。
あと、何と言っても映像とCGをあまり使っていないというアクション、
車のデザインと、火を噴くギターなどなど、挙げだしたらキリがありません。
 
是非オススメです。
 
30年も前の映画のリメイクということですが、
監督も全く同じというのにビックリです。
かなり歳を取ってるのに、こんな映像の発想が出来るのも驚きです。
あと、この監督、30年も前にオリジナルMAD MAXシリーズを作った後に、
ベイブ•ハッピーフィートなどハートフルな映画を作ってます。

 
その後にこの狂気の映画を作るクレイジーさ。
 
 
興味を持った人は、是非とも見てみてください。
 
 

0 コメント: