ミュシャの展覧会 in 京都

京都文化博物館では10月からミュシャの展覧会が催されています。

19世紀のアールヌーボー期のヨーロッパで活躍したイラストレーター・グラフィックデザイナーです。

Image result for alphonse mucha


名前は知らない人でも作品をみたら「あっ!」ってなる人も多いはず。

自然物や女性がモチーフとして多く登場し装飾的で優雅なイメージがありますが、そのレイアウトの構成は非常に幾何学的な手法を用いています。

すごくこまかーい所まで描きこんでいる印象。
Image result for alphonse mucha
この人の作品が後の60年代のアメリカ文化、現在に至るまでの日本のアニメ文化にいかに影響を及ぼしているか、それがこの展覧会の肝です。

実際にミュシャの作品を観終わったあとには、アニメやアメリカのグラフィックデザインなども登場します。


全体的にすごく見ごたえがあり、一日では足りないほどでした。

入館料は1500円。

駐輪場もあるので便利です。

会期は1月13日迄です。

コメント

人気の投稿