2011年6月12日

アメリカ ・イタリア留学

さてさて、ぼくも留学体験期書いていきます。
アメリカ留学とイタリア留学について。


【アメリカ留学】


関西外大に入学したものの、英語の授業では全く英語を喋らず、日本語ばっかし。
むしろ喋れるわけないと思ってたから、全く喋る気もなし。
中学、高校でも人生で1回も英会話学校に行ったりしたことなかったので、英語喋るのがめちゃ恥ずかしかったのを覚えています。

あーあの頃は、フランス語の授業をとってたので、英語よりフランス語の方に気合入れてなー。

でも残念ながら難し過ぎたため、断念。んーなんかダメ人間ですね。懐かしい。



でも、もともと英語(文法、読み書き、語彙力)はかなり得意だったので、半年も留学すればぺらぺらになれるやろうと思って、みんなより1年早く(大学2年のとき)、アメリカのサンディエゴ州立大学に留学。



それまで、海外に行ったこと、飛行機に乗ったことすらありませんでした。
初飛行機・初海外が留学っ!! たぶん初めてちゃんと英語を喋ったのもこのとき!(19歳のとき)

しかし、アメリカのサンフランシスコの空港に着いて、そっこートラブル。

留学生に必要なI-20(書類)を日本に忘れてしまった・・・。

日本に取りに帰れまで言われ、別室に連れていかれ、質問攻めに。3対1だったし、ぺらぺら喋るし、何言うてるかもよくわからず。。

アメリカに入れば、自動的に英語しゃべれるやろうと、わけわからん自信が
あったけど、やっぱし気のせいやったわ。

語学はスポーツみたいに上手くはいかんのやー!と残念な気持ちに。

まーとりあえず、でもなぜか、I-20の1部をコピーして持っていたため、なんとか大学にも連絡し確認が取れたため、アメリカに入国成功!! 余裕余裕っ。



大学の授業はもちろん全部英語。課題も多いし、なかなか大変でした。
でもジムのメンバーに入っていたので、放課後は毎日ボウリング(大学内にボウリング場があるって凄くないですか?)、サッカーしてました。
つまり遊びほうけてました。まじダメ学生!


でも、サッカーしてるのは、みんなヨーロッパ人かアメリカ人。
結果的に放課後もずっと英語を喋る環境にいました。

とりあえず、
1)毎日アメリカのTVを見てた
2)毎日サッカーしてて、ヨーロッパ人と会話
3)ブリトーの店で店員と会話
4)アメリカのTVショー、映画を半端ない数をみた

このおかげで、1ヶ月、2ヶ月ほどで、あっという間にある程度は喋れるようになっていました。


同じようなことを8ヶ月間続け、なんとかかなりの英語力を身につけました。
自分の中では、英語を身につけるのに、たいした努力をした覚えは全くなし。
ただ毎日可能な限り友達と遊ぶ、パーティーしただけです。

1回、未成年やのに飲酒してるのバレて、大学でvisa剥奪かどうかの面接受けたけど、
それからも気にせず、飲み続けたぜいーーーー



まー、だから、英語はほんまに楽しんで身につけた言語なので、英語は今でも1番好きな言語です。


でも、こんな短期間で英語を喋れるようになったのは、
高校時代に受験勉強をかなりしたからやと思います。
誰よりも単語、熟語、文法知識を覚えた自信あります。
英語だけなら早稲田にでも入れました。多分。


もし、今から留学、ワーホリに行かれる方は、絶対に基礎だけは身につけてから行くべきやと思います。基礎どころか、言いたいことは、何でも最低書けるようにしておくべきです!
言いたいことを書くことさえ出来たら、あとは頭の中で考えて、喋るだけ。

最初は時間かかるけど、2、3ヶ月いれば絶対英語になれます。

どんだけ喋れるようになるかは、留学、ワーホリ行く前にすでに決まっておりますよー。


あーしかし、カリフォルニア生活8ヶ月間は、ほんま楽しかったーー




【イタリア留学】

大学4年生のときに、イタリア語スペイン語、どっちを勉強するか悩み・・・セリエA好き、アメリカ留学時代、イタリア人友達が多かったという理由でイタリア語を勉強することに。

1セッションだけ日本で授業を(3ヶ月)。
週に2回、1時間しかなかったのに、
豚インフルエンザのせいで、約1ヶ月間授業がなくなることに。
授業のペースも遅いから、ほとんど独学。


イタリア留学をしたのは、10月末!
その前に世界旅行。
ヨーロッパ中、アメリカ中を1人旅(今のとこ21カ国旅しました)


もちろん、イタリアも旅行。ローマ、フィレンツェ、ピサ、ヴェネチア。
カタコトでも、返ってくる言葉がわからんでも、ときどきイタリア語を使ってました。
イタリアは1週間だけの滞在やったけど、ちょっとはイタリア語しゃべる照れくささがなくなりました。

ほんで、10月末にもう1回留学としてイタリアへ!ミラノーーー。

最初はチェコ人と台湾人とイタリア家族の家にホームステイ(最初の2週間)。
イタリア人のおばちゃん、冷たい冷たい。
そんなペラペラ喋られてもわかる訳ないやん。
でもチェコ人が色々英語で説明してくれたおかげで何とかokk。


自分の授業が始まる2日前にイタリア着いたけど、ハウスメートのチェコ人に誘われて、学校に見学に。
その日にパーティーあるので、先生たちに誘われ参加!

パーティは、
おーーーヨーロッパ人だらけっ!でも誰もイタリア語使わず、みんな英語。笑。

おかげで、いっぱい友達できて、ドイツ人のかわいい子とも友達に。
めちゃかわいいやん!と思ってたら、次の日、同じクラスに。ラッキー!

とりあえず、学校は、月から金まで朝8時から12時00分まで。

放課後は毎日ケバッブ食べて ドゥオーモのほうに遊びに。


サッカー好きの仲いい友達(メキシコ人、アルバニア人)が出来て、毎日遊ぶ。
イタリア語そんなわからんのに、映画は毎週1回は映画館で観てたなー。

イタリアは基本全部吹替え。つまり全部イタリア語っ!!!まー勉強にはなったわ。グラッツぃエ

週末は、セリエAの試合を観にサンシーロへ(ミラノ、インテルのスタジアム)

あと、週3回は、Naviglioのバーで学校のみんなでaperitivo(食べ放題)



基本的にイタリア語も遊びながら?楽しみながら習得。


語学は、楽しみにながら勉強できるからええねー。
全然苦になったことないかも。最初の文法、動詞の活用を覚えるのに必死になったぐらい。



24歳なるまでには、スペイン語も今のイタリア語のレベルまで。
25歳では、もう1カ国なんかのヨーロッパの言語を習得するのが今の目標です。
フランス語?ルーマニア語?ポルトガル語?ドイツ語かなんか。


アメリカ留学する前と比べて、語学に堪能になったおかげで、
友達も増えて、自分の性格、考え方もすべてにおいてプラスになったと思います。


ほんまに、あんまり考えずに留学を決断しましたが、留学して良かったと心から思います。


国内でも海外留学に近い環境で生活できる『格安の国内留学』、安く英語を学べる『英会話合宿』をジェイホッパーズ または 花宿 で体験しませんか?

0 コメント: