2011年6月15日

ワーキングホリデー体験記~ニュージーランド・オーストラリア★Matsu編

こんにちは、ジェイホッパーズ飛騨高山スタッフのマツです。

私は学生時代に大学を休学し、オーストラリア、ニュージーランドへワーキングホリデーで2年滞在しました。

なぜ、ワーキングホリデーをしようと思ったきっかけは、家族旅行で15歳の時にオーストラリアへ行った時に僕達のツアーガイドをしてくれた方と出会ったからです。その当時お兄さんは19歳で日本人の方でしたが、「なんで若い日本人がこんなところで仕事してるんだろう?」と思ってました。そこで、お兄さんからワーキングホリデーについて教えてもらいました。なんてこんなすばらしいビザがあるんだろうって衝撃を覚えました。自分の好きなことをしながら、海外で働いて生活できるなんて。その時からいつかワーキングホリデーに行くと決めました。

最初の1年目はオーストラリアでした。
目的は英語を学ぶこと、そして海外で働きながら生活をしてみたかったからです。

最初2ヶ月間、パースの語学学校に通いました。その後、ダーウィンの近くにあるカナナラという果物の収穫で有名な街に行きました。そこで5ヶ月くらい、すいか、メロンなどの収穫していました。ずっとゲストハウスに住んで、世界中のバックパッカー達に出会い、話せない英語を必死に使って一生懸命英語を勉強しました。一緒に農場で働いて、夜はみんなでパーティーしたり、ホント楽しい思い出でした。この街は、本当に田舎で日本人の方には全く会いませんでした。そのおかげで英語をいっぱい勉強できました。やはり僕の個人的な感想ですが、英語を本当に勉強したいのなら、絶対に、誰も日本人の方がいないような環境に自分が入ってみることだと思います。そういう環境では、どうしても自分が話さないといけないし、必死になって覚えようとするからです。最初は大変だけど、その分すばらしい出会いや体験が待っていると思います。
そしてある程度、お金をためて、またオーストラリアを3ヶ月くらいかけて旅行しました。
やはり、初めての海外生活だったので、何もかもが新鮮でした。

そして2年目はニュージーランドでした。2年目は、やはり1年目とは違ったワーキングホリデーにしたかったので、自分の趣味であるサーフィンを思う存分に楽しみました。
実はニュージーランドの波はすごくいいですね。朝は、日本食レストランで働いて、昼からは、サーフィンを楽しみました。もちろん、ニュージーランドでもゲストハウスに住んでいました。結構長期で泊まると安くなるし、色んな人と出会えるので、オススメです。


自分の趣味がその国にでもできれば、より楽しい生活が送れると思います。やはり、スノボーが趣味なら、カナダだし、サーフィンならニュージーランド、オーストラリアみたいにですかね。ラグビーならニュージーランドだったり。趣味を通して、色んな出会いをするのも良いのかと思います。

ワーキングホリデーを考えている方の中には、最初から何か強い目的がある方、とりあえず海外で生活してみたいから、海外で生活して新たな目標が見つけてみたい方などさまざまな方がいると思います。どんな理由があるにせよ、海外での体験生活は、貴重な体験で、かけがえのないものになると思います。是非、機会があれば、行ってみてください!!

ジェイホッパーズのスタッフ、ハナのスタッフのみなさんも、ほとんどの方がワーキングホリデー体験者・留学体験者なので、なにか質問などあればお気軽にお尋ねくださいね、僕達も心からサポートしたいと思っています。

国内でも海外留学に近い環境で生活できる『格安の国内留学』、安く英語を学べる『英会話合宿』をジェイホッパーズ または 花宿 で体験しませんか?

0 コメント: