座禅体験@京都南禅寺

こんにちは~休兵衛とみーです。
 今回は座禅体験について書こうかと思います。

みなさんは座禅したことありますか?
座禅とは仏教の修行法の一つで、足を組んで座り精神統一を行います。
精神統一と一口に言っても宗派によってやり方は様々みたいですが、今回は南禅寺の龍淵閣で体験してきました!


日本の仏教は現在主に13の宗派にわかれており、坐禅を修行法とする禅系はその内、臨済宗(りんざいしゅう)、曹洞宗(そうとうしゅう)、黄檗宗(おうばくしゅう)の3宗です。
南禅寺はこのうち臨済宗を宗派とし、南禅寺派の大本山となっています!
臨済宗は、教典や教えに依存せず相手の心に直接働きかけ、その本質を悟らせます。
あらゆる生命と共存していることに感謝するため、色々な仏様や神様を祀り、すべてのものに仏性を見て礼拝するそうですよ。
1700余りの祖師の言葉を体得することが悟りの基本で、日常の中に真理を具体的なモノとしていくことが求められる宗派です。

現代社会において、じっと座って1時間自分自身と向き合う機会はそう多くないですよね。
 座禅体験では初心者でも分かりやすいように説明してくれますし、ちょっと息抜きに行くくらいのイメージで気軽に参加できるので、ぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか?
早朝の清々しい空気に、体の奥から浄化されていくような気持ちになれますよ!

コメント

人気の投稿